言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本の食糧自給率

2009-09-11 | 日記
森谷正規 『戦略の失敗学』 ( p.276 )

 農業では、農業従事者の年齢に関する深刻な問題がある。二〇〇五年の農林業センサスによれば、農業従事者五五六万人のうち、六五歳以上が三七・八%を占めている。これは兼業農家が入った数字であり、農業を主とする者の三三五万人に限ると、六五歳以上は五八・二%にもなる。七五歳以上が四人に一人の八二万人もいて、この人々は一〇年後には九〇歳にもなるので、ほとんど亡くなるかリタイアしている。
 では、新たな若年、壮年の従事者が農業に入ってくるのかどうか、テレビでしばしば話題として取り上げられるが、現状では数としては微々たるものだろう。このままでは、一〇年後には、農業従事者は三割ほど減少するに違いない。これでは、日本の農業はとても支え切れない。農業生産は大幅に減少していくのは避けられない。いま重大な問題にされてきている食糧自給率四〇%は、さらに大きく下がっていく。
 したがって、いまよりもはるかに多く、食糧を輸入せざるをえない。だが、世界中での奪い合いの状況の中で、十分に確保できるのかどうか、ともかく価格は相当に高騰するだろう。


 農業従事者が高齢化している。農業を担う者が減れば、農業生産は減少する。したがって自給率はさらに低下する。自給率が現在 40 % の日本では、食糧確保に不安がある。すくなくとも価格は高騰するだろう、と書かれています。



 農業に従事する人が減っているのは、端的に言って、「儲からない」 のが原因だと思います。したがって農産物価格が高騰すれば、農業従事者は増えるはずであり、農業の担い手が減っている、という問題は、消えてなくなります。農業の担い手が高齢化している、というのは、問題にならないと思います。



 次に、食糧自給率の問題ですが、40 %という数字は、たしかに低いと思います。

 しかし、日本の場合、食物があふれているのが現状であり、質素に、「わずかな量を」 食べているのではありません。ダイエットに励む人もいるほど、食物があふれています。したがって、ひとりひとりが食べる量を減らすことが可能であり、その余地は大きい、といえます。

 いま、ひとりひとりが、食べる量を半分に減らしたとすれば、食糧自給率は 80 %に跳ね上がります。食べる量を半分に減らす、というのは過酷すぎると受け取られかねないと思いますが、食糧の輸入が止まる状況下では、それほど過酷だともいえないと思います。まして、飽食ともいえる日本です。半分にしても問題ないのではないかと思います。すくなくとも、自給率が 60 %になる程度には、食べる量を減らせるのではないかと思います。

 あとは、のこり 20 ~ 40 % ( 自給率が 60 ~ 80 %として計算 ) を、いかにして供給するか、です。この程度の数字であれば、( 政策によって ) 対処可能ではないかと思います。



 最後に、食糧価格の上昇は、すくなくとも主食のコメについては、日本ではそれほど問題にはならないと思います。すでに、国内価格は ( 大幅な ) 割高になっています。

 また、世界的に価格が上昇すれば、もともと価格が高かった日本米にも、輸出の可能性がでてきます。国内での農業生産も増えると予想されます。政府も、コメの増産政策をとると思います。( 「農産物価格と供給量」 参照 ) 。

 農産物価格の上昇は、( コメに限って考えれば ) 日本にとって問題になるどころか、かえって有利になるかもしれない、とも思います。



 食糧自給率が 40 %というのは、たしかに異常な状況だとは思いますが、実際には、意外と安全なレベルなのかもしれません ( もちろん、対策を打っておくことが好ましいことには変わりありません ) 。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 魚の品質競争 | トップ | 農業への参入促進策 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
食事量 (ponpon)
2009-09-11 23:54:38
日本人の食事量はどんどん減っていくと思います。なぜなら、国民の平均年齢がどんどん上昇しているからです。年を取ると食欲は落ち、食事量も減っていきます。
たしかに (memo26)
2009-09-12 17:40:26
そうですね。とすると、自給率は上昇するかもしれないですね。逆に、上昇しなければ、自給率の 「のりしろ」 が減ってくるので、さらに問題が大きくなるのかもしれません。
これは酷い (四葉のクローバー)
2011-05-27 14:10:44

国連食料農業機関(FAO)のデーターによれば、2004年の数字で、

       食料自給率  摂取カロリー

日本      30.03% 2,756

北朝鮮    71.71% 2,202

コンゴ   93.30% 1,561

ここで、より公平に比較すつため、北朝鮮とコンゴの摂取カロリーが日本と同じ、と仮定すると、

日本   30.03%

北朝鮮  57.29%

コンゴ  52.85%

となります。

ちょっと酷いと思いませんか?

日本は他国のことを心配するどころではありませんよ。
Unknown (memo26)
2011-05-27 18:57:20
> ちょっと酷いと思いませんか?
> 日本は他国のことを心配するどころではありませんよ。

 日本の食糧自給率については、私は記事本文で述べたとおり、「問題ない」と考えています。

 したがって、べつに「酷い」とは思いません。

 しかし、重要な問題ではあるので、時期をみて、さらに考えたいと思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。