言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

陰謀で考える必要はない

2011-06-03 | 日記
田中宇 『日本が「対米従属」を脱する日』 ( p.66 )

 米国の「自滅主義」は、多極主義者がホワイトハウスを握っているにもかかわらず、世論操作(マスコミのプロパガンダ)などの面で米英中心主義者(冷戦派)にかなわないので、米英中心主義者の戦略に乗らざるを得ないところに起因している。相手の戦略に乗らざるを得ないが、乗った上でやりすぎによって自滅して相手の戦略を壊すという、複雑な戦略がとられている。

(中略)

 やりすぎによる自滅戦略の結果、米国はひどい経済難に陥り、ドル崩壊が予測される事態になっている。多極化が進むと、ドルは崩壊し、世界の各地域ごとに基軸通貨が複数生まれ、国際通貨体制は多極化する。ドルが崩壊すると、米国は政治社会的にも混乱が増し、米連邦が崩壊するかもしれない。米議員のロン・ポールは最近、ドル崩壊による米連邦崩壊の懸念を指摘している。多極主義者の資本家は、自国を破綻させ、ドルという自国の富の源泉を潰してもかまわないと思っているというのだ。
 ニューヨークの大資本家は、表向きは「愛国心」を強調し、節目ごとに自社ビルに星条旗を掲げたりしている。しかし彼らの本質は、16~17世紀にアムステルダムからロンドンに本拠を移転し、19世紀にロンドンからニューヨークに移り、移動のたびに覇権国も移転するという「覇権転がし」によって儲けを維持しているユダヤ的な「世界ネットワーク」である。100年単位で戦略を考える彼らは、自分たちが米国民になって100年過ぎたからといって、米国に忠誠を尽くすようになるとは考えにくい。
 ユダヤ的ネットワークという点では、資本家だけでなく諜報機関やマスコミも同様だ。フランス革命以来の国民国家革命や社会主義革命など、人々に「国民」や「人民」の幻想を植え付けて愛国心を涵養し、国家の財政力を増大させるプロパガンダのシステムを作ったのは、まだ欧州にいた時代の彼らの祖先である。
 つまり、多極主義者と米英中心主義者は、どちらもユダヤ的ネットワークに巣くう人々であり、ユダヤ人どうしの対立である。「ユダヤの敵はユダヤ(他の勢力は、敵視が必要なほど脅威ではない)」というのは、よく言われることだ。ネットワークを、資本の回転のために使いたい人々と、帝国の維持のために使いたい人々がいて、延々と暗闘・談合しているともいえる。ユダヤ人が一枚岩だと勘違いしている分析者は談合の方ばかりに目がいくが、もし彼らが談合だけで暗闘していないのなら、世界はもっと安定する。金融危機や大きな戦争が何度も起きたりしない。
 90年代末からのイスラム敵視策を皮切りとする4回目の暗闘は、多極主義者の優勢になりつつも、まだ続いている。今は見えていないが、米英中心主義者の意外な反攻が、まだあるかもしれない。逆に反攻がなければ、このまま英国やイスラエルは破綻を強めていく。スコットランドは独立して連合王国(UK)は崩壊する。イスラエルは、中東大戦争で核兵器を使ってハルマゲドン的に破滅するかもしれない。それを防ごうと、ネタニヤフ(イスラエル首相)はもがいている。ネタニヤフは、本当は和平をやりたいのだが、国内外の右派勢力(入植者、ネオコン)に邪魔されている。
 米英中心主義者による延命策や逆流策がうまくいかなければ、ドルは崩壊し、米英中心の世界体制は崩れ、米国は通貨と財政の破綻と、もしかすると米連邦の解体まで起きる。しかし米国が破綻するのは、英国など覇権を維持したい勢力に牛耳られてきた状態をふりほどくためであり、米国は恒久的に崩壊状態になるのではなく、システムが「再起動」されるだけである。

(中略)

 最終的に米国は、西半球の国、米州大陸重視の国是で再生し、カナダ、メキシコ、中南米諸国と協調するようになる。太平洋は、米中2国で共同管理になっていくだろう。だから中国は海軍力を拡大して空母を作り、米政界は「米中G2」を構想するとともに、中国の空母建造を助けると表明したりした。


 米国では、米英中心主義者と多極主義者との暗闘・談合が続いている。どちらの勢力もユダヤ人に支配されており、ユダヤ人どうしの暗闘・談合である。最終的に米国は「北米・中南米地域の地域覇権国」になり、「アジア地域の地域覇権国」となる中国との間で、太平洋は共同管理されるようになっていくだろう、と書かれています。



 米国(または米政界)がユダヤ人に支配されている、と著者は主張していますが、それを裏づける証拠がまったく示されておらず、この部分は説得力がありません。「ユダヤの陰謀」といった話は(たまに)聞きますが、裏づけとなる根拠が示されなければ、信用するわけにはいかないと思います。



 また、著者は
 ニューヨークの大資本家は、表向きは「愛国心」を強調し、節目ごとに自社ビルに星条旗を掲げたりしている。しかし彼らの本質は、16~17世紀にアムステルダムからロンドンに本拠を移転し、19世紀にロンドンからニューヨークに移り、移動のたびに覇権国も移転するという「覇権転がし」によって儲けを維持しているユダヤ的な「世界ネットワーク」である。100年単位で戦略を考える彼らは、自分たちが米国民になって100年過ぎたからといって、米国に忠誠を尽くすようになるとは考えにくい。
と述べ、資本家による「覇権転がし」を主張しています。

 私も、資本の移動とともに、覇権も移動してきた歴史があることは認めますが、

 それは資本家の「覇権転がし」などではなく、たんに「先進国からの投資によって産業が発展し、興隆してきた新興国には、資本が蓄積される」というにすぎないのではないでしょうか? つまり、著者は「事実として観察される現象」を、「資本家の意図的な覇権転がし」と誤解しているのではないか、ということです。資本家による「覇権転がし」があったならば、ほとんどの資本家はアメリカに移住したはずですが、ヨーロッパにはいまなお、資本家がいます。



 著者は「ユダヤ」であるとか、「覇権転がし」など、やたらと「陰謀論的」ですが、そのように考える必要はないと思います。



 次に、アメリカが南北アメリカ大陸の地域覇権国になり、アジアの地域覇権国となる中国との間で、太平洋が共同管理されるようになっていくだろう、という予測についてですが、

 アメリカの力は以前に比べれば衰えたとはいえ、まだまだ圧倒的です。新聞などの報道は「変化」を報じるので、アメリカの「衰退」が強調されがちですが、アメリカの政治・経済・軍事力は、いまだ圧倒的ですし、中国などは比べ物になりません。したがって、アメリカと中国とで「太平洋は共同管理されるようになっていく」ことなどは、あり得ないとみてよいと思います。

 そもそもアメリカが中国と「太平洋の共同管理」を望んでいるなら、アメリカが米軍沖縄基地に固執するはずがありません (「宜野湾市長の主張もおかしい (普天間基地移設問題)」など参照 ) 。

 米中2国の「共同管理」がなされるとしても、それはすくなくとも、中国が民主化された後の話ではないかと思います (「ヒラリー・クリントン国務長官の外交問題評議会での講演」・「民主化が前提の「政治面での多極化・核兵器のない世界」」参照 ) 。



■関連記事
 「英米間の「覇権国と新興国の戦い」
 「資本の論理によるアメリカの自滅戦略?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英米間の「覇権国と新興国の... | トップ | 米議員、中国の「一人っ子政... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ロシアやインドも忘れずに (四葉のクローバー)
2011-06-03 13:48:23
田中宇氏の意見をバイブルにする必要はありません。

ロシア海軍だって、太平洋の一員です。
インド海軍だって、近い将来、ベトナムやフィリピンに海軍基地を確保し、太平洋に進出するかもしれません。

とりわけ、インドとベトナムは「反中の歴史」を共有してますので、すでに水面下で、協力が進んでいるはずです。

例えば、インドからベトナムに至る東西横断道路も、中国を睨んだ戦略的なものです。

日本も、日本なりに、海軍力を向上すれば良いのです。

日本は、中国と異なり、強大な陸軍と海軍を同時に保有する必要無い分、海軍力の強化に人的・物的資源を振り向けられます。
Unknown (memo26)
2011-06-03 16:40:20
 私は田中宇氏の意見をバイブルにはしていませんよ。

 たんに、いま読んでいるのが田中宇氏の本なので、それをもとに意見を書いているにすぎません。

 私はこれまで、イスラエル・中東問題については言及していなかったので、この本はその方面に言及する「足がかり」にしようと思っています。

> 日本は、中国と異なり、強大な陸軍と海軍を同時に保有する必要無い分、海軍力の強化に人的・物的資源を振り向けられます。

 日本は「専守防衛」を旨としているので、自衛力の中心は陸上自衛隊にあると聞いたことがあります。敵の軍隊(たとえば中国軍)が日本に上陸したあとで、「日本の本土で」戦闘を行うことを計画しているわけで、これはまずいんじゃないかと思います。
これはまずい (四葉のクローバー)
2011-06-03 16:42:43
>日本は「専守防衛」を旨としているので、自衛力の中心は陸上自衛隊にあると聞いたことがあります。

これは非常にまずい。
本当ですか?
初めて知りました。
Unknown (memo26)
2011-06-03 17:02:36
> 本当ですか?

 正確なところは、ご自分で調べてください。私にも正確なことはわかりません。

 なお、「自衛隊」をテーマとした本を読みたい(記事を書きたい)とも思っていますので、そのうち(おそらく半年以内に)その種の記事を集中的にアップします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。