言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

魚の品質競争

2009-09-10 | 日記
森谷正規 『戦略の失敗学』 ( p.276 )

 そのうえで、価格競争ではなく、品質競争にして、消費者に新鮮な魚を購入してもらうのである。この二つを実現しないと、原油価格の高騰によって漁業は崩壊して、漁獲高は激減して、魚を満足には食べられなくなる。


 消費者に魚を供給するには、漁業を保護しなければならない。そのためには、価格競争ではなく、品質競争にしなければならない、と書かれています。



 引用部に、「この二つ」 とありますが、「この二つ」 とは、上記 「品質競争」 と 「魚の流通構造の改革」 です。



 ここには、「魚を満足には食べられなくなる」 と書かれていますが、これは 「ごまかし」 ではないかと思います。消費者の立場で考えれば、安くて新鮮な魚が輸入されるなら、国内漁業が崩壊してもかまわないはずです。本当に消費者の立場で、消費者保護を考えて書かれた文章 ( 戦略 ) であれば、「価格競争ではなく、品質競争に」 しろ、などとは書けないはずです。したがってこれは、「魚を満足には食べられなくなる」 ことを防ぐための消費者保護策ではなく、漁業者保護策だと思います。

 そこで、これが漁業者の戦略として適切なのか、を考えます。



 「価格競争ではなく、品質競争にして、消費者に新鮮な魚を購入してもらうのである」 とありますが、これは難しいのではないかと思います。業者が 「価格競争ではなく、品質競争に」 持ち込もうと試みる価値はあると思いますが、消費者が乗せられるとはかぎりません。品質と価格、どちらを重視するかは、消費者が判断します。

 たとえば、いま、5 万円程度のノートパソコンが売れているそうですが、日本のメーカーは、当初、「品質競争」 に持ち込むことを狙ったけれども、結局、「価格競争」 になり、日本メーカーも 5 万円クラスのノートパソコンを発売せざるを得なくなったのではないかと思います。

 魚も、「価格競争ではなく、品質競争に」 持ち込もうとしても、持ち込めないかもしれません。そもそも、いまの社会状況で 「価格競争ではなく、品質競争に」 持ち込む戦略が現実的なのか、疑問があります。



 また、「新鮮な魚」 とありますが、これにも疑問を感じます。たしかに日本近海 ( または国内の河川等 ) で獲れた魚は新鮮だとは思います。しかし、( 日本の漁船であっても ) 1 か月程度の漁に出る漁船もあるうえに、鮮度を落とさない技術が発達している今日 ( こんにち ) 、日本の漁船が獲った魚は新鮮で、輸入する魚が新鮮ではない、と考えることは、現実的ではないと思います。



 したがって、この戦略は、試みる価値はあるとは思いますが、失敗する可能性が高いと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 魚の流通構造の改革 | トップ | 日本の食糧自給率 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。