言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中国人民解放軍総参謀長の発言(台湾問題)

2011-06-09 | 日記
中国語翻訳者のつぶやき」の「陳炳徳総参謀長の訪米の波紋

米軍のマレン統合参謀本部議長の招きに応じ、中国の陳炳徳解放軍総参謀長が5月15日から22日にかけて、米国を公式訪問しました。中国人民解放軍総参謀長が訪米するのは7年振りであり、中国政府も今回の訪米をかなり重要と位置づけていたようです。

訪問日程は15日から18日までの要人との会見、19日から21日までの米国国内の軍事施設の視察に分かれたのですが、その会見の最終日である18日にマレン議長と行った共同記者会見がかなりの波紋を呼んでいます。

聨合早報の報道によると、陳炳徳総参謀長は会見の席上、「米国が定めている『台湾関係法』は実際のところ中国の内政干渉となる法律であり、米国の国内法で第三国の内政を管理しようとする法律である。これは・・耳障りの悪い言葉で言えば、『太霸气(専横すぎる)』だ」と憤りを隠さずに主張し、「台湾は中国の領土である。これは世界中どこでも非常に明確である。」「中国の領土であるのならば、なぜ中国人が自分の安全を保障できないのか。なぜ米国に武器を彼らに売ってもらう必要があるのか」と述べました。

台湾への武器売却に対して中国政府はこれまでさまざまな反応を示してきました。しかし、外交部が不満を表明したり、「中米の関係を損ねないよう望む」と述べるに留めたりするなど、比較的ソフトな反応だったのです。これは中米関係について配慮していた結果と言えるでしょう。

しかし、この「太霸气」という言葉はこれまでにないほどかなり強い口調であり、台湾への武器売却について一歩踏み込んで米国側に主張したことになります。

(中略)

またF-16戦闘機を台湾に売却することを米国の議会議員が提起したことについて、「本当ならば中米の両軍・両国関係に影響を及ぼすか」と米国の記者が質問したのに対し、陳炳徳総参謀長は「私の答えは『間違いなく影響がある』だ。どれくらいの影響があるかは、米国の台湾への武器売却の程度で決まるだろう」と警告しました。

(中略)

その一方で台湾側が懸念を示している大陸沿岸におけるミサイル配備について、陳炳徳総参謀長は「台湾に近接する大陸沿岸地域における解放軍の軍事配備について言うならば、『驻防部署(防衛目的の配備)』にすぎず、『作战部署(軍事作戦目的の配備)』は行っておらず、『导弹部署(台湾に対するミサイル配備)』などなおさら行っていない」と述べました。

このような「言葉」に台湾の朝野各界は騒然となりました。台湾の国家安全局長は19日、陳炳徳総参謀長の発言に「大陸は台湾の脅威になっていないなどと、どこの国がこのような指摘に賛同するのか」と疑問を呈しました。台湾の高華柱国防部長は「解放軍は大陸沿岸で地対地ミサイルではなく、地対空ミサイルしか配備していない。しかしそれでも、沿海地域に対する軍事的定義づけをどのように行うべきか考える必要がある」と述べました。

台湾の民間も強く反発を示しています。ある民意代表は「台湾人民は証拠を見て初めて信用できる」と述べました。


 中国の陳炳徳解放軍総参謀長が訪米し、記者会見の席で発した言葉と、それに対する台湾の反応が書かれています。



 私がみるところ、要点は3つあります。箇条書き風にまとめれば、
  1. 「米国が定めている『台湾関係法』は実際のところ中国の内政干渉となる法律であり、米国の国内法で第三国の内政を管理しようとする法律である。これは・・耳障りの悪い言葉で言えば、『太霸气(専横すぎる)』だ」と憤りを隠さずに主張した。
  2. 「台湾は中国の領土である。これは世界中どこでも非常に明確である。」と述べた。
  3. 「台湾に近接する大陸沿岸地域における解放軍の軍事配備について言うならば、『驻防部署(防衛目的の配備)』にすぎず、『作战部署(軍事作戦目的の配備)』は行っておらず、『导弹部署(台湾に対するミサイル配備)』などなおさら行っていない」と述べた。
です。

 上記のうち、最初の2つは「中国の立場で考えれば」当然の事柄であると思われます。もちろん、「台湾の立場で考えれば」話は異なってくるのですが、(中台の主張のうち、どちらが正しいかを論じることが目的ではないので) ここでは問題にしないことにします。



 さて、今日、私が上記記事を引用したのは、3番目の部分が「きわめて重要」だと思ったからです。

 上記引用によれば、台湾側の反応は
  • 台湾の国家安全局長は「大陸は台湾の脅威になっていないなどと、どこの国がこのような指摘に賛同するのか」と疑問を呈し、
  • 台湾の高華柱国防部長は「解放軍は大陸沿岸で地対地ミサイルではなく、地対空ミサイルしか配備していない。しかしそれでも、沿海地域に対する軍事的定義づけをどのように行うべきか考える必要がある」と述べ、
  • 台湾の民間は「台湾人民は証拠を見て初めて信用できる」と述べ、強く反発を示している
ということになります。



 台湾では、「信用しない」人も多いようですが、私は中国側の主張を「信用してよい」のではないかと思います。

 私が「信用してよいのではないか」と思った理由は単純で、
  1. 台湾の高華柱国防部長が「解放軍は大陸沿岸で地対地ミサイルではなく、地対空ミサイルしか配備していない」と言っているということのほか、
  2. 中国の陳炳徳解放軍総参謀長が「責任をもって」発言したと(上記記事が引用している報道で)報じられているから
です。総参謀長の言葉には誠実さが感じられると(私は)思います。



 以下に、上記記事が引用している報道(の一部)を、原文(中国語)で引用しておきます。



第一金融网」の「陈炳访美实为向美国警告曰:“勿谓言之不预也!”」( 2011-5-23 15:19:03 )

(前略)

  近日,观察到中国人民解放军总参谋长陈炳率团访美,谈及美国对台军售时,18日在与美军参谋长联席会议主席马伦举行联合记者招待会时,说:“美国制定的‘与台湾关系法’实际上是干涉中国内政的一个法律,用美国的一个国内法管其它国家的内政事务……说得难听一点,就是太霸气了。”;说:“台湾是中国的领土,这个世界上都是非常明确的”;“既然是中国的领土,为什么中国人不能保证自己的安全,需要美国来卖武器装备给他们?”。

  有美国记者问及美国国会有议员提出要向台湾出售F16战斗机,若真如此,会不会影响中美两军和两国关系。陈炳说,“我的回答是肯定的,会影响的。至于影响到什么程度,那要看美国对台军售的程度而定。”

  陈炳透露,这两天他也和美国议员进行了接触,有不少议员也感到“与台湾关系法”该到了重新审视的时候。

  据报道,18日早些时候,陈炳在美国国防大学发表演讲时也指出,台湾问题事关中国主权和领土完整,是中国核心利益所在,坦率地说,也是引发中美关系紧张的主要根源。中方在台湾问题上的立场是一贯的、明确的、也是坚定不移的。对于有人提出大陆应把对台部署、特别是导弹部署撤除的问题,陈炳说:“我负责任地告诉各位记者,在台湾附近沿海地区,我们只有驻防部署,没有作战部署,更没有导弹部署。”“但中国对台湾的分裂行为‘在军事上是有准备的’”。

  在美国国防大学约45分钟的演讲中,陈炳说:“老实说,经过此次访问我感到很难过,切实感受到我们的设备是多么落后,我们是多么不发达”、“中国海军至少和发达国家相差20年”。

(後略)




■関連記事
 「台湾人のアイデンティティー
 「台湾人か中国人か
 「台湾問題についての台湾人の考えかた
 「台湾の五大都市市長選結果
 「李登輝の馬英九分析
 「台湾問題についての米中台の姿勢
 「WHOによる台湾の呼称、「中華台北」と「中国台湾省」
 「中国は「2012年の台湾統一」を目指している
 「「中国を特別扱いするな、台湾を特別扱いしろ」という「偏った」主張
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インドと中国の領土紛争 | トップ | 人々はインセンティブに反応する »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
言葉より行動 (四葉のクローバー)
2011-06-10 10:58:26
今回は、私の意見というより、感想に重点を置きます。

まず、陳炳徳総参謀長の発言について、
①「米国が定めている『台湾関係法』は実際のところ中国の内政干渉となる法律であり、米国の国内法で第三国の内政を管理しようとする法律である

②「台湾は中国の領土である。これは世界中どこでも非常に明確である。」

③「私の答えは『間違いなく影響がある』だ。どれくらいの影響があるかは、米国の台湾への武器売却の程度で決まるだろう」と警告しました。

①と②については、今までに何度も、関連のコメントをしていますので、今回は省略します。

③「武器売却の“程度で”決まるだろう」と警告しました、は微妙な表現ですね。

中国は、全ての武器が駄目だ、とは言っていないのです。

中国が特に問題視しているのが、F-16戦闘機の改良型ですが、これは、米国・中国・韓国・台湾・北朝鮮、の全てに関係があるのです。
先日、金正日が中国を訪問した際、胡錦涛に、最新鋭戦闘機(30機)の売却を要求しましたが、拒否されました。

仮に中国が、韓国が自国領土と見做す北朝鮮に戦闘機を売れば、米国が、中国が自国領土と主張する台湾にF-16改良型を売っても文句は言えません。
但し、北朝鮮は、中国があくまで拒否した場合、ロシアから購入する、という選択肢があるので、最終的には、中国は北朝鮮に戦闘機を売却するでしょう。

中国にしても、第五世代(ステルス機能付き)の戦闘機を開発しているくらいですから、F-16改良型くらいでは、たいした脅威ではありません。

台湾にしてみれば、F-16改良型の購入は、馬英九政権発足時からの公約ですので、このままだと、4年間の任期中に何も成果が無かった、ことになり、来年1月の総統選挙にも悪影響を及ぼしますので、強く要求するはずです。

次に、台湾の高華柱国防部長について
④「解放軍は大陸沿岸で地対地ミサイルではなく、地対空ミサイルしか配備していない。しかしそれでも、沿海地域に対する軍事的定義づけをどのように行うべきか考える必要がある」と述べました。

これには、いささか驚きました。
中国軍が「何処に、どんなミサイルを、何基配備しているか」なんて、実際に、中国軍基地にスパイを送り込まないと確認出来ないはずです。
台湾軍の情報収集能力は、驚愕ものです。
自衛隊も勉強に行った方が良いですね。

次に、memo26さんの意見
⑤総参謀長の言葉には誠実さが感じられると(私は)思います。

政治家(軍人含む)の言葉が、誠実かどうか、は確認のしようがありません。
「誠実度測定器」のようなものが有れば、良いのですけどね。
有れば、真っ先に、菅首相に使ってみたいです。
内閣不信任案採決前の民主党代議士会での菅首相の発言には、私は、“一定の”誠実さを感じましたが、同じ日の夜10時の記者会見では、失望と憤りに変わりました。

最後に、私の感想、
中国に限ったことではありませんが、100の「言葉」より、「実際の行動」で判断する方が、間違いありません。
昨日(9日)も南シナ海で、中国の監視船が、ベトナムの探査船に体当たりして、活動を妨害しました。こういう行為を止めないかぎり、中国を信用しない方が良いと思います。
Unknown (memo26)
2011-06-10 13:34:57
 私が誠実さを感じたと言っているのは、「総参謀長の(今回の)発言に嘘はない」と感じたという趣旨です。「嘘はない」と読み替えてくださってかまいません。中国語での引用の最後の部分、

  在美国国防大学约45分钟的演讲中,陈炳说:“老实说,经过此次访问我感到很难过,切实感受到我们的设备是多么落后,我们是多么不发达”、“中国海军至少和发达国家相差20年”。

が決定打になりました。講演のなかで総参謀長は「我々の軍備は先進国(アメリカ)に比べ、20年も遅れている。とても悲しかった」と述べています。
Unknown (memo26)
2011-06-10 13:35:39
 なお、台湾は中国にスパイを送っていますよ。

 しかし、台湾の情報収集能力が本当に高いのかは、私にはわかりません。以前、台湾のスパイが中国側に寝返って逆スパイ(二重スパイ)になっていた、という報道がありました。^^;



 今日の最新ニュースには、こんなのがありますね。

--- 以下は引用 ---

http://sankei.jp.msn.com/world/news/110609/chn11060920060002-n1.htm

台湾軍元将官の「同じ中国軍」発言に馬総統が「困惑」と声明
2011.6.9 20:05
 【台北=吉村剛史】台湾軍の退役将官らが中国で開かれた中台の軍人交流行事で、中国軍の現役将官らに「(われわれは)ともに同じ中国の軍隊」「(中台)統一は歴史的任務。頑張ろう」と発言したと台湾メディアが大きく報じ、台湾の馬英九総統は9日、「困惑し、心を痛めている」との声明を発表した。

 声明で馬総統は、再発防止のため、退役軍人に対し、政府の三不(統一せず、独立せず、武力行使せず)政策などを徹底することや、中国を訪問する際の一定の発言規制、訪問日程の明確化などの規範づくりを模索する姿勢を示した。

 退役将官の“失言”は、台湾の有力紙で、与党・国民党寄りとされる「聯合報」が8日、現地報道などをもとに報じ、主要メディアも一斉に取り上げて台湾社会に波紋を広げた。

 6月初めに訪中したのは許歴農・元総政治作戦部主任ら台湾軍の退役将官約20人で、中国政府幹部ら約300人が出席して6日午後に北京で開催された中台軍人交流座談会に参加。その席上、台湾軍の複数の元将官が「国軍(台湾軍)共軍(中国軍)ともに同じ中国軍」「歴史的な任務と使命の(中台)統一に向けてともに頑張ろう」と発言。閉会後に中国軍の羅援少将が明らかにした。

 台湾の退役軍人は、一定年数がたてば中台間を自由に往来でき、機密事項を除いて発言を制限する法律もない。

 台湾の市民からは「(今回の発言問題だけでなく)退役軍人は台湾の手厚い年金を受け取りつつ、中国側の招待などで対台湾統一工作の協力者として取り込まれている」との批判が噴出していたが、国防部(防衛省に相当)は「退役将校たちの行動や言動は関知しないが、一部の言論が社会の誤解を招いていることは遺憾」との声明を出すにとどまっている。
暴露合戦 (四葉のクローバー)
2011-06-10 13:45:04
>台湾軍元将官の「同じ中国軍」発言に馬総統が「困惑」と声明

来年1月の総統選挙までは、台湾の与野党、マスコミ、米中の思惑、などが入り乱れて、この類の「暴露合戦」は更にエスカレートして行くと予想されます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。