言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「受け皿」 は問題にならない

2009-10-01 | 日記
la_causette」 の 「確かに道義的に言えば「詐欺」っぽいかも

 法曹養成制度改革が失敗に終わったことは一般メディアでも広く報じられるところとなりました。まあ,単年度合格率が2~3割程度に収斂していくこと,及び,その結果として必然的に相当数生ずることとなる受験資格喪失者の社会的な受け皿がないこと,需要を無視して水増しされた新規法曹資格取得者の相当数の社会的受け皿もないこと等は,最初からわかっていたことです。なのにどうしてこういう稚拙な制度改革が行われたのか,その過程で不当に利益を貪った者はいないか,民主党政権は十分に検証していただきたいところです。


 相当数生じる受験資格喪失者の社会的な受け皿がないこと、新規法曹資格取得者の相当数の社会的受け皿もないこと、をもって、稚拙な制度改革だった、と評価されています。



 要は、相当数の者は 「食えない」 ので、法曹養成制度改革が失敗だった、とされているのですが、この評価は早計だと思います。以下、場合を分けて記します。



(1) 新規法曹資格取得者の ( うちの ) 相当数につき、社会的受け皿がないことについて

 そもそも、

   資格があること = 確実に収入が得られること 「ではない」

と思います。資格があれば一定の収入が得られて当然、という考えかたは、一般的とはいえないと思います。

 もっとも、弁護士の場合、資格を取得すれば、一定の収入が 「事実上」 保障されたも 「同然」 、といった状況が長年続いてきましたので、弁護士にとっては、「資格があること = 確実に収入が得られること」 なのかもしれません。

 しかし、弁護士資格というのは、一定の収入を保証する ( される ) ことを内容とする資格ではなく、「当事者その他関係人の依頼又は官公署の委嘱によつて、訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件に関する行為その他一般の法律事務を行うこと」 ( 弁護士法第 3 条第 1 項 ) を認められる資格にすぎないのですから、確実に収入が得られるか否かは、本来、別個の問題のはずです。

 したがって、新規法曹資格取得者の相当数の社会的受け皿がないからといって、稚拙な制度改革だった、と評価してはならないと思います。そもそも、弁護士については、就職せず、ただちに独立することも可能であり、「受け皿」 に固執する必要もありません。



(2) 相当数生じる受験資格喪失者の社会的な受け皿がないことについて

 これは、たんにいま、不況であるために、仕事がみつからないのかもしれません。好況時の状況がわからず、「詐欺っぽい」 とまで評価しうるかどうか、現時点ではわからないと思います。

 また、そもそも、法律分野の仕事に就く ( 企業の法務部などで働く ) 必要もないと思います。専門的な法律知識をもった営業マンがいてもよいはずです。多様な分野に、法律の専門教育を受けた者が存在することは、社会的に好ましいことではないかと思います。

 したがって、この点についても、改革が失敗だったとは評価しえないと思います。



 今年は合格者数が減ったと報道されていますが、その原因が、たんに受験者の能力不足によるのではなく、「受け皿」 に配慮した結果であるなら、それこそが問題なのではないかと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 郵政改革肯定論 | トップ | 「はじめに増員反対ありき」 ... »

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (小倉秀夫)
2009-10-02 09:00:35
他人の経済的な破たんを見るのは面白いかもしれません。

ただ,学部卒業後数百万から千数百万のお金と3~4年の月日をかけて,成功しても年収数百万,半数近くはそこにまで到達しないと言うことだと,普通に計画性のある若者が法曹を目指してくれなくなります。

他の仕事をする能力はないが親御さんはお金持ち,っていう人だけが弁護士や裁判官になればいいのだ,ということであれば,それで構わないのかもしれませんが。
だったら増員すればよいのでは? (memo26)
2009-10-03 09:37:47
私は、面白いなんて書いていませんよ。

「成功」 が何を意味しているのか、定かではありませんが、おそらく、「成功 = 資格取得 ( 合格 )」 だと思います。年収数百万あれば、まったく問題ないと思います。また、これはあくまでも平均値の話です。資格取得者のなかには、もっと年収の多い人も現れるでしょう。( 資格取得後の ) 競争というのは、そういうものではないでしょうか。

普通に計画性のある若者が法曹を目指すことを望むなら、増員すればよい、とも考えられます。合格者を減らせば、計画性のある若者が法曹を目指さなくなるので、今年合格者が減ったのは大問題だ、なぜ減らしたのか、という主張も成り立ちます。合格者を減らせば、法曹を目指す若者が増える、という主張には、違和感があります。
生業の意味 (ヨッシー)
2009-10-03 20:01:08
こんばんは。法律に携わりたいという若者がその狭き門をくぐる前に目の前の岩を超えることは相当困難で、それを覚悟してチャレンジしているのか、それとも自分の力を過信してチャレンジしているのかわかりませんが、大人達が「社会的な受け皿」という表現を使うのは、逃げ道を作ってあげるのが大人だと言ってるようで、個人的には好きではありません。どんな仕事であれ第一希望で働ける人が少数で、挫折を味わいながら生業を見つけよ、と叱咤する大人の方が思いやりがあるように思います。それが
この不況下だとしても。
同感です (memo26)
2009-10-04 22:56:32
> 大人達が「社会的な受け皿」という表現を使うのは、逃げ道を作ってあげるのが大人だと言ってるようで、個人的には好きではありません。
> 叱咤する大人の方が思いやりがあるように思います。

同感です。大学院を出た人間は、当然、大人ですし、社会の側も、大人として扱うべきです。子供でもあるまいし、「受け皿」 なんか用意されなくとも、自分で道を切り拓くだろうと思いますし、また、そうでなければならないと思います。
Unknown (小倉秀夫)
2009-10-05 14:19:58
新自由主義的な、「自分がシンパシーを持っている相手以外の他人は、経済的に合理的な行動をとらないはずだ」という考え方って、上から目線で他人に苦難の道を歩むことを命じてみせることができるという意味でストレスの発散には繋がると思うのですが、実際にはうまくいきませんね。

とりあえず、資格を取得しても、学部卒業時にサラリーマンとなった同級生よりも低い所得しか得られないようでは、サラリーマンになれる程度の賢さのある人はわざわざ高い授業料と数年間の機会損失を覚悟してまで法科大学院に進学しなくなるでしょうし、金融機関も、風俗産業等で借金を返せる女子学生はともかく、男子学生には奨学金を融資することも難しくなりそうです(返済可能性が低いので。)。

資格取得コストは高いが初期収入も高いアメリカ型、初期収入はそうでもないが資格取得コストが低い大陸型、のいずれかであれば、システムが回っていく可能性はあると思うのですが、日本の法曹養成制度改革が基本に置いているのは、資格取得コストが非常に高く、その反面初期収入が同年代大卒サラリーマンよりも低い、「ハイリスク、ローリターン」モデルです。

 非現実的な「べき論」にはもう飽きたというのが司法制度改革に対する多くの法律実務家の感想でしょう。
整理すると (memo26)
2009-10-06 13:22:37
 たしかに、私は疲れていますが、私は、他人に苦難の道を歩むことを「命じて」はいませんよ。

 「上から目線」 とおっしゃいますが、私の表現内容が 「上から目線」 であるとするなら、国民が国政について意見を述べることは、( 自己の利益保護を求める要望を除き ) すべて、「上から目線」 になってしまうのではないでしょうか。国民が国政について意見を述べることは憲法上認められた権利であり、道義上も問題はないことは、弁護士さんなら、当然、ご存知ですよね。

 今回の法曹増員への動きは、その出発点においては、「合格者を増やせば法曹志望者が増える」 ことも、根拠になっていたと思います。したがって、合格者を増やせば優秀な人材が法曹を志望する、という考えかたそのものには、弁護士・弁護士会も同意していたはずです。合格者を 「減らせば」 志望者が増える、という主張には、やはり、違和感を禁じえません。

 上記理解のもと、私なりに、小倉先生のご意見を整理すると、「問題の核心は、合格者数ではなく、資格取得コストである」 ということになるかと思いますが、この理解でよろしいでしょうか? そうであれば、「増員継続、しかし、費用は国庫負担」 と考えることになり、小倉先生は増員そのものには賛成、ということになるかと思います。
新自由主義と… (田ノ神)
2009-10-06 22:14:22
指摘なさっている方の文章に見られる考え方こそが「新自由主義」型ではないでしょうかね?

奨学制度って金融期間が行う≒金融活動なんですか?

学びを進めるのはお金を稼ぐためですか?

私は「研究」をしたくて文系の大学院に進んだモノなので、そういった感覚は余りありませんので、大変勉強させていただきました。

memo26さんへ

記事にある特定の方のかかれた内容を取り上げたところに、memo26さんの「意志」を感じますし…唐突な感はうけました。
ただ、上から目線…というのは今回は(前回も似たようなやりとりがあったと記憶しています。。が)感じません。

ただ、コメントのやりとりは、その先にどういう「言語空間」の形成を目指しているかが、イマイチ読み取れないところです。

もうしばらく、拝見させていただきますが…。

途中で割り込んでしまい、失礼しました。
Unknown (memo26)
2009-10-07 05:09:27
> 唐突な感はうけました。

私は、小倉弁護士のブログは定期的に読んでいます。私の関心はさまざまな分野に及んでいますが、法曹増員問題はそのひとつです。郵政改革についての言及が一区切りついたところで、トラックバックを打ちました。

私には、「コメントのやりとり」に目的はありませんよ。コメントをいただいた際には、ご返事を書いています。わざわざコメントしてくださったのですし、うれしいですよね。主張したいことがあれば、記事として書けば足りますし、私には、( 自分のブログの ) コメント欄で主張する必要性がありません。

> もうしばらく、拝見させていただきますが…。

ブログの方向性が ( ご希望と ) ちがう、関心が異なる、と思われるのであれば、やむを得ないですね。なお、コメント欄のやりとりには関心がない、ということであれば、コメント欄はお読みにならなければよいのではないかと思います。

> 途中で割り込んでしまい、失礼しました。

途中で割り込んでくださってもかまいませんよ。複数の話が、同時に進行してもかまわないと思いますし、( たとえば ) 小倉先生のコメントに対して、なにかコメントしていただければ、( 異なった意見がわかるので ) 小倉先生にも、私にも、好ましいことではないかと思います。
Unknown (プリ)
2010-12-07 23:48:19
小倉氏とmemo26氏の論争、小倉氏に軍配があがりそうですね
Unknown (memo26)
2010-12-08 00:29:10
 そうですか?

 私はそうは思いませんが、あなたがそのように思われるのなら、それはあなたの自由です。
弁護士は金儲け第一が命と見つけたり (井上信三)
2010-12-14 14:46:50
小倉秀夫弁護士先生

>資格を取得しても、学部卒業時にサラリーマンとなった同級生よりも低い所得しか得られないようでは、サラリーマンになれる程度の賢さのある人はわざわざ高い授業料と数年間の機会損失を覚悟してまで法科大学院に進学しなくなるでしょう

 そりゃあ小倉弁護士先生のような、ある程度の賢さはあるが、志の低いお方なら「学部卒業時に」将来の収入の違いを十二分に考察して、経済的に得する進路を選択するでしょうなあ。

>金融機関も、風俗産業等で借金を返せる女子学生はともかく、男子学生には奨学金を融資することも難しくなりそうです(返済可能性が低いので。)。<

 司法修習生は「風俗産業で奨学金を返せる女子学生ではありませんが」、最高裁お墨付きのせいか、世上有名な金融機関である「オリコ」が殆ど審査なしの極めて簡単な手続きで奨学金全額を貸してくれる事になっていたではありませんか。

>資格取得コストは高いが初期収入も高いアメリカ型、初期収入はそうでもないが資格取得コストが低い大陸型、のいずれかであれば、システムが回っていく可能性はあると思うのですが、日本の法曹養成制度改革が基本に置いているのは、資格取得コストが非常に高く、その反面初期収入が同年代大卒サラリーマンよりも低い、「ハイリスク、ローリターン」モデルです。<

 小倉センセーの事務所紹介ブログを除いてみましたら、取り扱っている業務は全て民事事件のみ。まあ、頼まれて刑事事件も扱う事があるかもしれないが。

 われわれ普通の人間から考えれば、刑事事件は手間ばかりかかって儲からない、どころか難事件(冤罪が絡む例が多い)ではほとんど持ち出しだそうで、経済的には全く報われないそうだ。しかし、それこそ「給付制廃止」に反対した侠気ある弁護士センセー方が主張していた弁護士の社会的意義のある仕事だとなるが、

小倉センセーにとってはそんな事はどうでもよいことらしい、少なくともこのコメントに書かれていることから伺われる事は。

 何でもかんでも経済的に報われるかどうかが弁護士になる決定をする際の唯一の契機らしいから。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。