言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

裏の安楽死

2009-09-07 | 日記
森谷正規 『戦略の失敗学』 ( p.268 )

 先の本で久坂部は、「裏の安楽死」という重大な問題提起をしている。安楽死はもちろん日本では法律で禁止されているが、裏というのは、大量の鎮静剤の投与、強心剤の中止、透析や血漿交換や人工呼吸の見送り、栄養の漸減などによって、穏やかな死に導くものである。多くの実例を挙げて、そうした治療をなすべきかどうか、家族とともに医師として真剣に悩んだ実情を率直に示している。
 生かす医療から穏やかに死なせる医療へ、どこかでハンドルを切らねばならないとの深刻な問題提起であり、深く受け止めるべきだ。


 日本では安楽死が法律で禁止されているので、「裏の安楽死」 を行うべきかどうか、患者の家族・医療の現場は、真剣に悩んでいる、と書かれています。



 ここで、「裏の安楽死」 とされているのは、「痛みもなく楽に死なせる行為を行う安楽死 ( 積極的安楽死 ) 」 ではなく、「延命に必要な医療行為をあえて行わない安楽死 ( 消極的安楽死 ) 」 です。

 消極的な安楽死、と言えばよいものを、わざわざ、「裏の安楽死」 という書きかたをされているところからみて、おそらく、引用部分には 「多くの実例を挙げて、そうした治療をなすべきかどうか、家族とともに医師として真剣に悩んだ実情を率直に示している」 としか書かれていないものの、実際には、行われているのではないか、と推測されます。



 これはおそらく、法の欠陥ではないかと思います。( 高裁レベルですが ) 判例も条件つきで認める姿勢を示しています。状況を限定したうえで、安楽死を認めれば ( 合法であると法に明記すれば ) よい、と思います。



 関連するサイトを記します。

 「哲学する諸現場」 の 「安楽死と尊厳ある死」 ( 相当古いバージョンと書かれていますが、参考になると思います )

 「Wikipedia」 の 「安楽死

 「安楽死・尊厳死法制化を阻止する会
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 延命治療を緩和ケアに | トップ | 在宅医療・訪問診療の推進 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。