言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

原発、英政府も楽観視

2011-04-08 | 日記
YOMIURI ONLINE」の「英の渡航自粛地域、東京を除外…危険減少を理由」( 2011年4月7日22時09分 )

 【ロンドン=鶴原徹也】英政府は6日、日本への渡航を巡る自国民への注意勧告を緩和し、渡航自粛の対象地域から東京を除外した。

 福島第一原発事故による危険が「徐々に減ってきている」ことを緩和の理由に挙げている。




 有名ブログのなかには、(本当の情報を知っているはずの) 外国政府関係者が次々に東京を離れつつある、外国政府は日本から脱出するよう自国人に勧めている、などの報道「ばかり」を「選んで」掲載し、

   日本政府は嘘をついている、
   本当は (東京も) 危険だ

と危機を煽る(あおる)内容のものもありますが、

 なぜか (その種のブログでは) 上記のような報道もあることは告知されません。



 その有名ブログの主張・論理によれば、(本当の情報を知っているはずの) 外国政府が、危険は「徐々に減ってきている」として渡航自粛対象地域から東京を除外したことは、

   日本政府は嘘をついていない、
   本当に (東京も) 安全だ、

と考える要素になるはずですが、(日本にとってブラスの要素は) まったく告知・言及されていません。



 偏った情報のみでは、偏った判断になってしまいます。過剰に「安全です」と主張するのもどうかとは思いますが、過剰に「危険だ」と主張するのもどうかと思います。

 当ブログは「客観・公平」を目指しています。今後ともよろしくお願いいたします。



 なお、私は「米国および文科省の放射性物質拡散情報」に書いたように、次第に「安全になりつつある」と考えています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネット検閲があるらしい | トップ | 放射性物質吸着材「天然ゼオ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。