言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

構造改革否定論についてのまとめ

2009-10-20 | 日記
 構造改革否定論について、否定論者の言い分を聞きつつ ( 読みつつ ) 、私なりに検討してきましたが、やはり私としては、構造改革は必要、と考えています。

 否定論は、


しているのではないかと思われ、あまり説得的とは思われません。

 もちろん、改革は失敗する可能性もあります。そこで、必要に応じて、元に戻す余地を残しておくべきだと考えます。とくに、郵政民営化については、元に戻せるように、政府は株式の過半数を保有しなければならないと思います ( 「郵政改革 ( 小泉改革 )」 ) 。



 「構造改革否定論の概要」 に書いた、( 構造改革を行わなかった ) 他の先進国が、なぜ、高い成長率を維持したのか、それが気になりますが、

 とりあえず、否定論の検討はこれでおしまいにしたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弱者にも法的救済が必要 | トップ | 弁護士増員の 「受け皿」 は... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。