言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

合法であれば正しい、とはいえない

2009-07-05 | 日記
加藤紘一 『劇場政治の誤算』 ( p.101 )

 〇九年一月、スイスのダボスで毎年行われる世界経済フォーラム(WEF)の年次総会が開催されました。世に言う「ダボス会議」です。

(中略)

 ダボス会議が今年のテーマに選んだのは「危機後の世界をどう形づくるか」。
 会議の開幕、WEFのクラウス・シュワブ会長は、こう語っています。
「バランスを失した世界のリスクを認識していなかったという点で、われわれ全員何らかの責任がある」
 また、討議の中で英大手金融HSBCのグリーン会長が述べた言葉はこうです。
「いつの頃からか、そこに市場があり違法でなければ、正しいか、適切かを全く考えないようになっていた。大切なものを失っていた……」
 世界の経済を牽引してきたキーパーソンたちが、本気で過ちを認めています。新自由主義の推進には、確実にブレーキがかかるでしょう。


 世界経済の要人が過ちを認めているから、新自由主義の推進にはブレーキがかかるだろう、と書かれています。



 たしかに、ブレーキはかかるだろうとは思います。しかし、「自由」 を重視する流れが変わるかどうかは、わかりません。「規制か自由か、の二者択一」 ではなく、「必要であれば規制するが、必要がなければ規制しない」 と考える ( すなわち必要に応じて、部分的に規制する ) のが、自然だと思われるからです。


 また、この文章からは、要人たちの誠実さが感じられます。とくに、「違法でなければ、正しいか、適切かを全く考えないようになっていた」 には、「合法であれば正しい、とはいえない」 という内容が含まれています。合法であること、のうえに、さらに必要とされるものは何か、といえば、倫理的であること、だと思います。この部分は重要だと思います。

 なお、倫理的かどうか、を考える際には、「倫理性の判断規準」 が参考になると思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 政治の目的 | トップ | 小泉・竹中路線が間違いだっ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。