言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ネット検閲があるらしい

2011-04-07 | 日記
YOMIURI ONLINE」の「ネットの流言飛語、管理者の自主削除を要請」( 2011年4月6日22時36分 )

 総務省は6日、インターネットサービス事業者ら通信各社に対し、東日本大震災に関するネット上の流言飛語について、表現の自由に配慮しつつ、適切に対応するよう要請した。

 ネットのサイト管理者らに、法令や公序良俗に反する情報の自主的な削除などを求める。

 震災後、地震や原発事故についての不確かな情報がネット上で流れ、国民の不安をいたずらにあおり、被災地などでの混乱を助長しているとして、関係省庁で対応を協議していた。




 ここにいう「ネットのサイト管理者ら」とは、具体的には誰を指すのでしょうか? たとえばこのブログの場合、

   「サイト管理者」とは、
     ブログを開設している「私 (memo26)」でしょうか?

   それとも、ブログサービスを提供している
    「goo (エヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社)」でしょうか?



 「サイト管理者」である私に、「法令や公序良俗に反する情報の自主的な削除などを求める」ということであれば、私なりに判断したうえで削除するなり、「正確な内容に」書き換えるなりしますので、もちろん問題はありません。

 しかし、「サイト管理者」である goo に、「法令や公序良俗に反する情報の自主的な削除などを求める」ということであれば、

  「goo は」法令や公序良俗に反する情報であると判断したが、
    「じつは (=本当は)」法令や公序良俗に反していなかった

ということも起こりうるために、問題になります。



 ここで、次の引用をご覧ください。



つむじ風ねっと」の「東日本大震災、原発災害を記事にしたら、激震が来た!」( 2011年4月3日 )


『出生即、死出の旅路・・』と書いたら、
ブログが死んだ、殺された!!
生き返るかも知れないが、サーバー画像を
全滅させるという悪質な手法!?
言論弾圧以外の何物でもない!!


 東京の知人から、電話で一報があった。震災ではないが、ネット震災みたいなものだ。こう言う時は妙にアナログが早い。
 
 すぐに確認した。言われるとおり・・・・。
 
 別に驚きはしない。過去にも何度も出会った風景だ。ポータルサイトが生殺与奪の権があるのは、残念だが異論の余地はない。しかし、それに阿(おもね)る訳にはいかない。言論の自由と表現に自由がある。
 
 何が問題かは、今もって分からないでいる。
 
 一応、その通知の一部を公開して、他山の石として頂ければと思う。

【転載開始】平素はOCNサービスをご利用いただき、ありがとうございます。
OCNインターネットセキュリティ担当 佐藤(新)と申します。

お客さまには、弊社ブログ人サービスをご利用いただいておりますが、お客さまの「http://hyouhei03.blogzine.jp/」の内容について、そのページをご覧になった方より、不適切ではないかとの連絡をいただきました。

■該当ページ
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/03/unbelieveable-g.html

弊社にて確認いたしましたところ、該当のページはブログ人サービス約款における禁止事項に該当するものと判断いたしましたため、誠に遺憾ながら、本日2011年4月1日お客さまのブログの表示を停止させていただきました。【転載終了】


 訳がわからないが、戦術撤退を余儀なく、了承した。問題頁は、
http://tumuzikaze.net/index.php?2011%E5%B9%B43%E6%9C%88%E8%A8%98%E4%BA%8B#w1af5626
である。残念ながら、一部、画像が失われているが、これはブログサーバーに画像を駐在していたからである。その画像も含めて、遮断もしくは削除しているからリンクしなくなっている。修復は可能だ。元データはあるから出来るが、手間がかかる。これが唯一の盲点だった。

 ブログの更新が遅れたのは、状況の分析と被害調査であった。その間、多くの方からメールやらコメントで、ご心配やら激励を頂いた。こんな拙いブログでも、消えるとご心配頂けたことは、人間って嬉しいなあ!という感慨である。この場を借りて、感謝申し上げる。有り難うございました!
 
 中には、消されると言うことは『真実』の証明だ、という見解もあった。そこまでも自惚れるつもりはないが、ブログ表題は『純粋な理知をブログに注ぐ』理念には変わりはない。誤りは修正されなくてならないが、それは合理的な指摘を聞くまでは納得しない。
 
 納得しなければ、一千万人ともいえども、我逝かんである。
 
 消すなら消せ。又出没する。何故なら、飄=つむじ風と名付けたのも縁だ。どこにでも出没するのがつむじ風だ。


 「弊社にて確認いたしましたところ、該当のページはブログ人サービス約款における禁止事項に該当するものと判断いたしましたため、誠に遺憾ながら、本日2011年4月1日お客さまのブログの表示を停止させていただきました。」という通知がきた、と書かれていますので、



 「ネットのサイト管理者」とは、ブログを開設している「私 (memo26)」ではなく、ブログサービスを提供している「goo (エヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社)」であることがわかります。

 そしてまた、ブログ開設者(=個人) に、「反論の機会、意見を述べる機会がまったく与えられていない」こともわかります。



 私なりに情報を集めて、なにか意見を述べたい気持ちはありますが、

 とりあえず、私は googlebot ならぬ memo26bot (笑) をこのブログに走らせて、「すべての過去記事をバックアップ (=ダウンロードして保存)」しておこうと思います。

 もしものときには、「言語空間+備忘録」または「memo26」で検索してください。どこかでブログを再開しているはずです。



■関連記事
 「HTML 解析ソフトウェアを作っています

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米国および文科省の放射性物... | トップ | 原発、英政府も楽観視 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。