言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

事実上、終身雇用は 「終身」 雇用だった

2009-07-15 | 日記
久野治 『春闘の終焉』 ( p.45 )

 戦前そして戦後も、ある時期までの労働者の寿命は短かった、と思います。私が会社に入社した昭和十二年(一九三七)ころの男子の平均寿命は概ね四十七歳でありました。そこで会社の定年は五十歳であり、定年まで勤めることが出来ると、「満年退職」といい、おめだたいこと (引用者註: 原文ママ) としておりました。まさに、これを「終身雇用」と呼ぶのであります。定年は人生の満月で、そこまで働くことができれば人間の完全燃焼と言われました。(現在の平均寿命は男性が七十九歳、女性は八十六歳で、往時を思いますと隔世の感があります)


 昔は、会社の定年よりも、平均寿命のほうが短かった、と書かれています。



 「終身雇用」 は本来、( 男子の ) 平均寿命よりも長い雇用を意味していたことがわかります。

 当時は日本も ( 当事者として ) 戦争に参加していましたから、兵隊にとられ、若くして亡くなられるかたも多かったと思われます。したがって、統計上、平均寿命は短か目に計算されますから、労働者のほとんどすべてが、定年前に亡くなった、というわけではないと思います。定年後の生計をどうするのか、考えなければならない労働者も、かなりの数にのぼったと思われます。

 したがって、文字どおりの 「終身」 雇用だった、とはいえないのですが、

   事実上、終身雇用は 「終身」 雇用だった、

といってよいのではないかと思います。



 現在、労働者の保護をめぐって、終身雇用について論じられていると思いますが、なんらかの参考になるのではないかと思います。



 なお、現在、『資本主義は嫌いですか』 について書いている途中ですが、( 引用すべき部分が多く ) 時間がかかりそうです。そこで、( 見出しの順序は乱れますが ) 併行して他の本についても書き、「次々に話を進めたい」 と思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワルラスの法則 | トップ | 景気対策としての金融政策 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。