言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「安全宣言」は時期尚早

2011-04-03 | 日記
 「放射性物質の流出阻止は数カ月後が1つの目標」である以上、現段階での「安全宣言」は時期尚早(じきしょうそう)だと考えなければなりません。



毎日jp」の「東日本大震災:「鹿島灘の魚は安全」 組合会長宣言、風評被害を危惧 /茨城」( 2011年4月3日 )

 「鹿島灘の魚は安全です」。鹿島灘の魚から食品衛生法上の暫定規制値を超える放射性物質が出なかったという検査結果を受けて、「鹿島灘漁業権共有組合連合会」(鹿嶋市)の小野勲会長が2日会見し、「安全宣言」をした。ただ、加工品の風評被害が出始めており、漁業再生への道のりは険しい。

 連合会には大洗町、鹿島灘、はさきの3漁協が所属している。県環境放射線監視センターの分析では、それぞれ1キロあたり▽イカナゴ(大洗町沖)66ベクレル▽カタクチイワシ(同)30ベクレル▽ハマグリ(鹿嶋市沖)19ベクレル▽サヨリ(同)11ベクレル▽マコガレイ(神栖市沖)3ベクレル▽ヒラメ(同)検出されず--となった。いずれも、1キロあたり500ベクレルの暫定規制値を大幅に下回る。放射性ヨウ素については規制がないため調べていないという。

 鹿島灘漁協組合長も務める小野会長は、福島第1原発から流れる汚染水について「不安はあるけど、こちらまで来ないと思う。明日から胸を張って出船できる」と胸をなでおろす。先週から、一部の漁船は千葉県銚子沖で漁を再開。だが、茨城沖での操業は安全性が未確認なうえ、魚の買い手もつかないため見送っていた。出漁のタイミングについて、小野会長は「業者が魚を買ってくれなければ漁には出られない」として、仲買人や千葉県の市場などと協議する考えだ。

 県水産加工業協同組合連合会によると、加盟する加工業者が震災後に客から「原料が今取れたものではないという証明書がほしい」「放射性物質が含まれていない証明書がほしい」などと注文をつけられるケースが出ているという。同会は「茨城沖ではまだ出漁していないから、震災前に水揚げされた原料であるのは明らかだ。風評被害は増えるかもしれない」と危惧する。

 小野会長は「震災だけなら船や港が直れば出船できるが、原発のダメージが大きい。茨城の魚は警戒されている」と表情は険しい。県内の漁港は高さ3~7メートルの津波に襲われ、船が転覆し、市場など漁港設備が壊れた。小野会長は「漁師は余裕がない。みんな原発に怒っている」とまくしたてた。【原田啓之】


 鹿島灘の魚から食品衛生法上の暫定規制値を超える放射性物質が出なかったという検査結果を受けて、「鹿島灘漁業権共有組合連合会」(鹿嶋市)の小野勲会長が2日会見し、「安全宣言」をした、と報じられています。



 「安全宣言」の根拠は、「県環境放射線監視センターの分析」では「食品衛生法上の暫定規制値を超える放射性物質が出なかった」という結果が出たこと、ですが、それは「現段階では」安全だというにすぎず、

   今後、汚染の拡大とともに危険になる可能性がある

以上、「安全宣言」をするには早すぎると言わざるを得ないと思います。



 また、「(漁業者の)風評被害を危惧」する気持ちはわかりますが、「(消費者の)健康被害を危惧」する気持ちがあるなら、この時期に「安全宣言」など出すべきではないでしょう。



毎日jp」の「放射性物質:風評被害作物も「補償の対象に」…鹿野農相」( 2011年3月25日11時10分 - 最終更新 3月25日11時29分 )

 鹿野道彦農相は25日の閣議後会見で、東京電力福島第1原子力発電所の事故による農産物の放射能汚染について「事故との間に相当の因果関係が認められれば補償の対象になる」と述べ、政府が指示した出荷制限などによる直接的な損害に加え、対象品目外の農産物が風評被害のため販売できなくなった場合なども、東電や政府による補償の対象になりうるとの考えを明らかにした。

 原子力災害の風評被害をめぐっては、99年に茨城県で起きた核燃料加工会社「ジェー・シー・オー(JCO)」東海事業所の臨界事故で補償が行われた前例がある。【行友弥】




 国は、「風評被害」の場合であっても補償の対象になりうる、と言っているのであり、そもそも、「(自分達漁業者の利益のために)風評被害を危惧」するなど、論外ではないでしょうか。

 「(消費者の)健康被害を危惧」する気持ちにはなれないのでしょうか?



 消費者に「冷静な対応」を呼び掛ける声は目立ちますが、どちらかといえば、業者に「冷静な対応」を呼び掛けるべきではないかと思われます。



■関連記事
 「放射性物質の検査は偏っていないか
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 放射性物質の流出阻止は数カ... | トップ | 東京電力の福島第一原発7~... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。