言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あまりに執拗な対中謝罪は「おかしい」

2011-01-26 | 日記
櫻井よしこ 『異形の大国 中国』 ( p.121 )

『マオ 誰も知らなかった毛沢東』を読めば、中国共産党と中国のおぞましさが一段と明確に見えてくる。
 著者のユン・チアン氏は15年前『ワイルド・スワン』で文化大革命の背後にあった毛沢東、周恩来らの冷酷な権力闘争を丁寧に描いた。日本の中国専門家や『朝日新聞』を初めとする大手メディアが賛美した文革が、実は血塗られた内戦にすぎなかったことを彼女は実証した。
『マオ』が歴史の一コマである文革の検証にとどまらず、毛沢東について詳述した。彼の生い立ちに始まり、貧者や農民への無関心振り、中国共産党の設立にかかわることなく、実は遅れて入党していた可能性、にもかかわらず、毛はなぜ力をつけたのか、彼は如何にして国民党、日本、ソ連を利用し操ったかをこれでもかこれでもかというふうに事実を重ね、描いてみせた。
 毛は7000万人以上を死に追いやったとされるが、このおぞましい人物は農民らの「大量死に実用的な利点まで見出し」「死はけっこうなことだ。土地が肥える」(1958年12月9日の発言)と語った。その結果「農民は死人を埋葬した上に作物を植えるよう命じられた。これは農民に大きな精神的苦痛をもたらした」(下巻191ページ)というのだ。

(中略)

 同書のなかで日本は必ずしも好意的に扱われているわけではない。にもかかわらず、同書は日本と日本人にとって、一方的に日本を加害者と断じた戦後歴史観を根底から変える貴重な一冊ともなる。その場合、注目すべき論点は二つあると考えてよいだろう。
 第一点は1928年6月の張作霖爆殺事件である。日本軍の犯行とされてきた同事件は、実はロシアが日本軍の犯行に見せかけて行った謀略作戦だというのだ。第二点は1937年7月の盧溝橋事件以後の動きである。中国側がおこした盧溝橋事件が日本政府の「事件不拡大」方針及び蔣介石国民党政権の慎重姿勢にもかかわらず、短期間に日中全面戦争に拡大した背景に、中国共産党のスパイの暗躍があったというのである。
 こうした点は、或いは、俄かには信じ難いだろう。しかし、一連の指摘が正しいとすれば、日中戦争の歴史は書き直さなければならない。またこの驚くべき指摘が、日本に必ずしも好意的ではないチアン氏によってなされたことにも、注目せざるを得ない。
『マオ』の中で氏は、日本を悪者とするステレオタイプの視点から脱けきれていない。たとえば南京事件について、「30万人虐殺」説が検証済みの事実であるかのような前提で書いている。その冷たい視点で日本を見る著者が、十余年間の調査と取材の果てに得た結論であるからこそ、張作霖爆殺はロシアの仕業であり、日中全面戦争は日本軍の暴走よりも中国共産党の策略だったとの指摘は、より重要な意味を持つのである。
 詳細は『マオ』を読んで下さればいいと思うが、同書上巻19章は特に圧巻である。日中を全面戦争に誘い込み、追い込むための中国共産党のスパイ、張治中の動きが時系列で具体的に描かれている。

(中略)

 張こそが盧溝橋事件を利用して上海事変をおこし、日中対立を激化させ、全面戦争に追いやった。チアン氏は彼を「史上最も重要な働きをしたスパイ」「事実上たった一人で歴史の方向を変えた可能性が大きい」と形容する。
 一方、毛は日本軍進撃を大歓迎した。「抗日戦争は日本の力を利用して蔣介石を滅ぼすチャンスだった」からだ。この点についてチアン氏は、訪中し過去を謝罪した日本の政治家らへの毛のこんな言葉を引用している。
「いや、日本軍閥にむしろ感謝したいくらいですよ」「(日本軍が中国を広く占領してくれなかったら、国民党に勝てないために)われわれは現在もまだ山の中にいたでしょう」


 『マオ 誰も知らなかった毛沢東』には、毛沢東について、詳しく書かれている。同書の著者(ユン・チアン)は日本に批判的であるが、その著者が「張作霖爆殺はロシアの仕業であり、日中全面戦争は日本軍の暴走よりも中国共産党の策略だった」と結論している。「日本と日本人にとって、一方的に日本を加害者と断じた戦後歴史観を根底から変える貴重な一冊である」、と書かれています。



 (戦後に形成された)歴史観を根底から変える貴重な一冊である、と著者(櫻井よしこ)は書いています。私はまだ、この本を読んではいないものの (機会をみて読み、引用する予定です) 、たしかに貴重かつ重要な一冊ではないかと思います。

 しかし、著者(櫻井よしこ)が「注目すべき論点」が
「張作霖爆殺はロシアの仕業であり、日中全面戦争は日本軍の暴走よりも中国共産党の策略だった」という二点である
と述べている部分は、ややちがうのではないかと思います。



 これらもたしかに重要ではあるものの、もっと重要なのは、次の部分ではないでしょうか。
 一方、毛は日本軍進撃を大歓迎した。「抗日戦争は日本の力を利用して蔣介石を滅ぼすチャンスだった」からだ。この点についてチアン氏は、訪中し過去を謝罪した日本の政治家らへの毛のこんな言葉を引用している。
「いや、日本軍閥にむしろ感謝したいくらいですよ」「(日本軍が中国を広く占領してくれなかったら、国民党に勝てないために)われわれは現在もまだ山の中にいたでしょう」
この記述は、(当時の)日本側に非があろうがなかろうが、どちらであろうと、
日本は一方的に (中国共産党に) 謝罪を要求されるいわれはない
ことを示していると考えられます。

 毛沢東の人間性については疑問が指摘されているものの、すくなくとも戦後、中国政府の最高指導者が「いや、日本軍閥にむしろ感謝したいくらいですよ」と述べている以上、(以後になされた) あまりにも執拗な日本側の謝罪 (または左翼的日本人による日本は謝罪すべきであるとの言論) は、「おかしい」とみるべきではないかと思います。

   日本側が謝罪を続けることは、
    かえって中国政府の意志に反することになるばかりか、
    中国共産党最高指導者の意志を無視(軽視)することになる

と思います。「(相手の気持ちを無視して) 執拗に謝罪する」というのは、「ヘン」だと思います。



■関連記事
 「村山談話の評価
 「村山談話は、破棄してはならない
 「支那事変 ( 日中戦争 ) と大東亜戦争 ( 太平洋戦争 ) の評価
 「中国人は民主化を望んでいない?
 「中国の遷都先
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 那覇市長の主張はおかしい (... | トップ | 日銀がゼロ金利解除を急ぐ理由 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。