言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「はじめに増員反対ありき」 の弁護士?

2009-10-03 | 日記
 弁護士増員論に対して、需要がない、という意見があります。そこで、気になって検索してみたところ、次のようなブログがありました。



Schulze BLOG」 の 「弁護士の需要増なし

県弁護士会、司法試験合格者削減で決議 弁護士の需要増ない/山形
http://mainichi.jp/area/yamagata/news/20090301ddlk06040143000c.html
『「合格者3000人は多すぎる。当面、1500人程度にとどめるべきだ」。県弁護士会は27日の定例総会で、司法試験の合格者削減を求める決議を国に提出することを決めた。国の司法制度改革推進計画では、地方の弁護士過疎問題の解消も目的の一つに、10年までに、合格者を年間約3000人に増やす計画だ。しかし、典型的な弁護士過疎地域の山形県の弁護士会が、合格者増に疑問を示した。(中略)現在、県内の弁護士は70人。合格者増を受け、6年前の52人から急増した。県弁護士会は02年10月、容疑者国選弁護への対応などを考慮し、県内の適正な弁護士数は約80人として、12年度で達成するという目標を示した。しかし、近年の増加率から12年度時点では80人を大幅に超える可能性が高いという。一方、同会は県内の弁護士需要を「将来は横ばいか、減る」と分析する。現在急増している消費者金融業者への過払い金返還請求は、07年ごろからグレーゾーン金利で貸し付ける業者が減った結果、今後数年で激減するとみられるからだ。』


結論:ないものはない\(^o^)/
需要なんて、あるわけがない。
地方も、すでに満杯。
この状況で、一体どこに大量増員の受け皿があるんでしょうか。


 「現在急増している消費者金融業者への過払い金返還請求は、07年ごろからグレーゾーン金利で貸し付ける業者が減った結果、今後数年で激減するとみられる」 ことを根拠に、山形県弁護士会では弁護士需要は 「将来は横ばいか、減る」 と分析している、と書かれています。



 この分析は、( 掲げてある根拠からみて ) 需要者たる市民・企業にアンケートをとったわけでもなく、現在の業務状況をもとに、今後の需要を予測しているにすぎないと思われます。したがって、予測そのものの信憑性が乏しいと考えられます。

 それなら他の予測を取り上げればよい。なぜ、この記事 ( 予測 ) を取り上げるのか、ということになるのですが、私がこの記事 ( 予測 ) を取り上げるのは、この記事が、あまりにも強烈だからです。この記事には、

   結論:ないものはない\(^o^)/

とあります。上記ブログは、書かれている内容からみて、今年、弁護士になられたかたのブログらしいのですが、「自分の職業 ( または自分の目指している職業 ) に需要がない」 ことを、\(^o^)/ と喜ぶ感覚が、わかりません。「需要がない、となれば、ガックリくるのが通常の感覚」 だと思われます。



 この、奇妙さ ( 需要がないことを喜ぶ ) の背景を推測すれば、おそらく、「はじめに増員反対の結論ありき」 なのではないかと思われます。「増員反対」 の結論が先にあるから、

   「需要がない」 → 「増員反対の根拠になる」 → 「\(^o^)/」

なのではないでしょうか。「はじめに増員反対の結論ありき」 でなければ、

   「需要がない」 → 「ガックリ」

となるのが通常だと思います。



 「はじめに増員反対の結論ありき」 が ( 平均的な ) 弁護士の感覚だとすれば、弁護士・弁護士会の主張する需要予測も、きわめて疑わしいものとなります。



 需要がないことを喜ぶ…。はじめに増員反対ありき。いったい、何を考えているのだろうか、と思わざるを得ません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「受け皿」 は問題にならない | トップ | 弁護士需要はある »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。