言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中国、空母着艦の試験成功を確認

2012-11-25 | 日記
 証拠となる映像をみつけたので、全面的に書き直しています。



47NEWS」の「中国、空母着艦の試験成功を確認 国営メディアが報道」( 2012/11/25 12:04 )

 【北京共同】中国国営通信新華社と国営中央テレビは25日、中国海軍初の空母「遼寧」で艦載機「殲15」が着艦試験に成功したと伝えた。着艦試験成功は香港のメディアなどが既に報じているが、国営メディアが確認した。

 新華社電によると、海軍は「空母と艦載機の性能は良好で、設計上の要求を全て満たした」とコメント。中央テレビは殲15が空母から発着する映像を伝えた。

 殲15はロシア製戦闘機「スホイ33」のコピーとの指摘もあるが、新華社電は「わが国が自ら設計、開発した」と主張。殲15の戦闘能力は「スホイ33や米軍のF18戦闘機に匹敵すると専門家はみている」とアピールした。




 「艦載機のない空母」として有名だった中国の空母「遼寧」ですが、上記報道によれば、着艦試験に成功したことになります。

 発艦に比べ、着艦のほうが難しい、と言われているので、「艦載機のある空母」まであと一歩になったことになりますが。。。



 記事はこれです (↓) 。「顺利进行了歼—15飞机起降飞行训练」と書いてあります。

新华网」の「我航空母舰顺利进行歼—15飞机起降飞行训练」( 2012年11月25日 00:02:16 )



 映像はこれです (↓) 。「着艦」「発艦」の模様が収められています。

新华网」の「我航空母舰顺利进行舰载机起降训练」( 2012年11月25日 10:07:01 )
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国「領有権旅券」に対抗、... | トップ | 中国空母の艦載機開発責任者... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。