言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

待望される大東亜戦争の再検討

2010-12-17 | 日記
 大東亜戦争の総括について、ですが、

 ユダヤ教におけるバビロン捕囚の総括と類似しているのではないかと思います。

 バビロン捕囚について、資料を引用します。



Wikipedia」の「バビロン捕囚

バビロン捕囚(バビロンほしゅう)は、新バビロニアの王ネブカドネザル2世により、ユダ王国のユダヤ人たちがバビロンを初めとしたバビロニア地方へ捕虜として連行され移住させられた事件を指す。バビロン幽囚、バビロンの幽囚ともいう。

(中略)

★概要

紀元前597年、ネブカドネザル王はエルサレム市街に入城し、住民のうちもっとも有力な若い者をユダヤ人の王エホヤキムとともに殺害し、約3,000人(『エレミヤ書』によると3,023人)の有力者を捕虜としてバビロンに拉致した。

エホヤキムの息子のエホヤキンが王国を嗣いだが、ネブカドネザル王は謀反を恐れ、エホヤキンや王族をはじめとしてエルサレム市内の若者や職人たちのすべてをバビロンに連行させた。その数は10,832人に達したという。エホヤキン王の叔父ゼデキヤが王位を継承したが、紀元前586年エルサレムは破壊され、ゼデキヤ王以下ユダヤ人たちはバビロンへ連行された。




 要は (古代の) ユダヤ人たちは、国 (ユダ王国) が滅ぼされた後、外国 (バビロン) に連行され強制移住させられたわけです。

 バビロン捕囚は、ユダヤ教を形成する重要な要素になっています。ユダヤ人たちは、「自分たちは神の律法(おきて)を守らなかったから滅ぼされたのだ」と総括しました。つまり、「正しくなかったから」戦争に負けたのだ、と考えたわけです。ここからユダヤ教では、「二度と神の律法を破ってはならない。どんなことがあっても、神の律法に従わなければならない」という確信・信念が生まれてくるのですが、

 日本の大東亜戦争についての総括も、これと同種ではないか、と考えられます。

 戦前の日本では、日本は神の国であり、いざとなれば神風が吹く、などと言われていましたが、この点でも、(敗戦=バビロン捕囚前の) ユダヤ教の教え (=全能の神が敵を滅ぼしてくださる) と重なります。



 西部邁は、日本の大東亜戦争についての総括を、一面的であり、やや問題がある、と考えておられるようです (「アメリカによる自由・民主の魅力」参照 ) 。

 たしかに「日本のみが悪い」と考えるのは一面的であり、問題があるとは思います。

 しかし私は、この総括のしかたを、悪いとは思いません。「圧倒的な戦力差でもって、なすすべもなく戦争に負けた」場合、ほかに総括のしようがないからです。自分達に非があった、と考える以外に、どう総括しろというのでしょうか。



 しかしこの総括のしかたは、ユダヤ教の例をみるまでもなく、多分に宗教的・精神論的であるといえます。

 戦略的に考えれば、「負けた原因を研究し、次は負けないように戦えばよい」ともいえますし、歴史的な事実考証によれば、「日本にばかり非があった」ともいえないでしょう。



 いまのイスラエルをみればあきらかですが、ユダヤ教では、「二度と戦争はしない、戦争はいやだ」とは考えません。

 日本も、終戦直後の総括であればともかく、いまとなっては、もっとちがった角度からの総括があってよいのではないか。これまでの総括は、多分に終戦直後という時代背景の影響を受けたものであり、(正しくないとまでは言えないまでも) 客観性に疑問があります。

 私はなにも、大東亜戦争を肯定・賛美しろ、と言っているのではありません。しかし、過去の戦争を否定し、過去の日本を否定することこそが、あたかも「知識人の証」「インテリの証」であるかのような風潮は、そろそろ改めてもよいのではないかと思います。



 本当の知識人とは、「是々非々」の態度をとる人のことではないでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカによる自由・民主の魅力 | トップ | 60年安保闘争の実態 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。