言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

李克強の政治姿勢とその政治手腕

2011-12-10 | 日記
茅沢勤 『習近平の正体』 ( p.168 )

 秀才でエリート路線をまっしぐらに駆け上ってきた李克強だが、その政治姿勢などについて、李をよく知る人物の評価は辛辣だ。前出の王軍濤氏と同じく、かつて北京大時代の同級生で親友でもあった方覚氏も、やはり李への評価は厳しい。方氏も王氏と同様、天安門事件後に米国に亡命し、海外から中国の民主化を訴える運動を続けている。「李克強は野心のかたまりで、私が知る限り、自身の政治的な野心のために、北京大で民主化運動を5回もつぶした」と方氏は批判する。
 方氏によれば、その最初は80年末に北京大学で起こった学内民主化運動であり、2番目は83年秋の精神汚染反対運動、3つ目は85年秋の反腐敗運動、4つ目が胡耀邦・総書記を失脚させた86年末の民主化要求運動、最後が89年の天安門事件につながる学生の民主化要求運動だという。方氏は、そのいずれにおいても、李は共青団の北京大支部の幹部として、党中央の指示を金科玉条として絶対服従の立場をとり、民主化運動を弾圧する役割を果たしたのだという。
 李克強について、香港メディアなどは「中国のゴルバチョフ」と呼んで、停滞している政治改革を推進する改革主導グループのリーダーと位置付ける向きもあるのだが、「民主化つぶし」の "実績" が事実ならば、彼こそガリガリの保守派なのかもしれない。あるいは、方氏の指摘するように、自らの政治的野心のためにはすべてを犠牲にする「権力亡者」と呼んだほうが適切かもしれない。
 李は99年には43歳で全国最年少の省長として河南省長に就任した。しかしその時点では、82年に北京大を卒業してから17年間、共青団以外の活動をほとんど経験したことがないという、いわば "純粋培養" の幹部だった。そのような経歴で、いきなり省長に就任するケースは初めてだった。また、李は94年に北京大学大学院で経済学博士号を取得しており、河南省長就任時には「最も若い、最初の博士号を持った省長」として、「中国の明日の星」ともてはやされたが、そうした学位、学歴にも疑問符が付くことはすでに述べた通りである。
 もちろん、李が与えられたチャンスを活かして実績を残したことも事実だ。李が赴いた当初、河南省は人口9300万人の農業地帯で、1人当たりの省内総生産は約5000元と低かった。李は河南省の「工業化、都市化、農業現代化」の目標を掲げ、「中原都市グループの経済興隆ベルト構想」を打ち出すなどして、04年末に同省を離れる頃までには、それを約7600元と1・5倍に増加させた。
 李は04年に河南省から遼寧省に移り、遼寧省党委書記として、国家プロジェクトである「東北振興」推進の地方のトップを務めた。李の遼寧省トップ就任は温家宝・首相が指名し、党最高指導部が同意したもので、この頃から李は胡錦濤・主席の直系幹部として、香港メディアなどで「次期最高指導者に最も近い若手リーダー」と喧伝されるようになった。
 経済振興で一定の評価を得る一方、行政経験がない李は失態も演じている。河南省では拡大したエイズ感染問題に直面し、さらに148人もの死者を出した炭坑事故でも苦境に立たされた。遼寧省でも党委書記に就任して2か月後の05年2月に炭坑事故で214人が死亡するなどして、それらの処理をめぐって、「対応がまずく、ツキにも見放され、地方での実績は乏しい」と、李の統治能力を酷評する論評も出た。
 前書きでも触れたが、遼寧省では李を「大災害の星」と呼ぶ「ざれ歌」がつくられ、これは後々まで汚点としてキャリアに残った。
 前出の方覚氏は、「通常の場合、地方であれほどの死亡事故が起きれば、トップは責任を問われて更迭されるが、李克強は何の責任も取らないまま政治局常務委員に昇格した。これは胡錦濤・主席の庇護なしには考えられないことだ。李は、胡主席のバックアップがなければ、いずれつぶれてしまうだろう」と予測する。


 李克強は北京大で民主化運動を何回も弾圧している。しかし李は、河南省の「工業化、都市化、農業現代化」の目標を掲げ、「中原都市グループの経済興隆ベルト構想」を打ち出すなどして04年末に同省を離れる頃までには、それを約7600元と1・5倍に増加させた、と書かれています。



 習近平と同様、李克強も経済振興の面では実績を残しているようです。経済面では、習近平も李克強も能力は証明されている、ということですね。



 しかし、李克強は災害対策の面で失態を演じている。河南省でのエイズ感染問題と、河南省・遼寧省での2度にわたる炭坑事故をめぐって、「対応がまずく、ツキにも見放され、地方での実績は乏しい」と、李の統治能力を酷評する論評も出た、というのですが、

 たしかに対応はまずかったのかもしれませんが、習近平は同様の経験をしていないのですから、習近平に比べて、李克強の能力が「劣る」ということにはなりません。逆に、対応はまずかったかもしれないが、そういう経験をしている分、習近平よりは李克強のほうが「まし」である、という考えかたも成り立ちます。

 たしかに李克強は習近平に比べ、「ツキに見放され」ているかもしれませんが、その「ツキに見放され」たかに見える部分が、逆に、李の強みになるかもしれない、ということです。



 ところで、今回の引用部分で、もっとも注目に値するのは李克強の政治姿勢です。

 一般に、習近平は保守派、李克強は革新派(民主化推進派)といった捉えかたがなされていますが、今回の引用は、それが「誤り」であることを示しています。

 たしかに習近平は共産党幹部の子弟であり、したがって既得権を守ろうとするかもしれない。しかし勉強一本で幹部へと這い上がってきた李克強も、民主化運動を潰しており、かならずしも革新派(民主化推進派)だとはいえない。

 とすると、結局、どちらが次期中国国家主席になったところで、中国の民主化は進まないのではないか、という予測が成り立ちます。

 もっとも、これ(中国の民主化)は大きなテーマなので、今後、機会をみて本格的にとりあげます。



■関連記事
 「李克強の下放時代
 「中国人は民主化を望んでいない?
 「中国共産党幹部高学歴の秘密
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 李克強の下放時代 | トップ | 「ウイグル暴動」への対応に... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。