言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

民主、自民、維新の政策比較

2012-12-02 | 日記
 次に記す各党の政策は、11月28日付の日本経済新聞に掲載されていたものです。(お住まいの地域によって、日付が異なる場合もありえます)



★経済政策

民主党
共同文書に基づき、デフレ脱却へ政府・日銀が一体で最大限努力

自民党
2%の物価目標で政府・日銀が協定。日銀法改正も視野

維新
政府と日銀が物価安定目標で協定(維新とみんなの政策合意)


 経済政策については、民主党は現行の政策を継続、自民党はもっと大胆に金融緩和を行う、というものになっています。民主党の現行政策継続方針は、与党なので当然だとは思いますが、いまのままでは「まずい」という実感があれば、「もっと大胆に」金融緩和を行う、という発想になるはずだと思います。

 もちろん金融緩和には「効果がない」という主張があることは承知していますが、「効果がある」という主張もあるわけで、学者や専門家の間でも、意見が分かれているのが現実です。

 そしてまた、金融緩和をすればハイパーインフレになるという主張にみられるように、「副作用がある」という批判もありますが、ハイパーインフレは起きない、と主張しておられる学者・専門家も多いです。

 とするならば、要は「リスクはあるが、やってみろ」と考えるか、「リスクがあるから、やめておけ」と考えるかが、私達有権者に問われているのだと思います。もちろん私は、「リスクはあるが、やってみろ」という発想の人間ですから、自民党を支持します。

 なお、維新の「政府と日銀が物価安定目標で協定」という主張は、結局のところ、民主党と同じ(現行政策の継続)です。



★TPP

民主党
日中韓FTAなどと同時並行的に進め、政府が判断

自民党
「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り交渉参加に反対

維新
TPP交渉に参加するが、国益に沿わなければ反対(維新と太陽の合流時の合意文書)


 TPPについては、表現は異なれど、言っている内容は大差ないと思います。つまり、どこが選挙で勝っても、結果は大差ないということです。

 したがって、TPPは選挙の争点にはなりません。

 あえて言えば、「参加」とも「反対」だとも言っていない民主党が「最も曖昧」、「参加」する場合と「反対」する場合を分けて書いている維新が「最も明快」、「反対」という言葉を用いるも「参加」という言葉をまったく用いていない自民党が「最も表現上手」という違いだと思います。



★原発

民主党
2030年代に原発稼働ゼロを可能に。新増設は行わず

自民党
全原発の再稼働の可否を3年以内に結論。遅くとも10年以内に最適な電源構成を確立

維新
安全基準、使用済み核燃料などについてのルール構築(同)


 原発については、民主党が最も明快です。自民党と維新は、「もっと話し合おう」と言っているにすぎないと思います。

 私は原発ゼロには反対ですから、自民党または維新の政策を支持することになります。



★政治改革

民主党
次期通常国会で衆院定数を75、参院を40程度削減

自民党
衆院定数の削減は来年の通常国会終了までに結論

維新
企業・団体献金を禁止するが経過措置として上限を設定(同)


 政治改革については、民主党が最も明快、自民党が最も曖昧なものになっています。



★外交・安保

民主党
専守防衛の原則で防衛力を整備。米軍再編の日米合意を着実に実施

自民党
集団的自衛権の行使を容認。国防軍の創設を憲法に明記

維新
尖閣問題は中国に国際司法裁判所への提訴を促す(同)


 外交・安保について、維新の主張は「無意味」だと思います。中国に国際司法裁判所への提訴を促したところで、中国が行動を起こすとは思わないからです。なぜ、中国がいままで国際司法裁判所への提訴を行わないかといえば、中国が「裁判に負ける」からです。したがって中国に国際司法裁判所への提訴を促したところで、何も変わりません。もっとも、国際社会に、中国の態度の「不可解さ」を印象づけることにはなりますが、その程度の効果しか得られないでしょう。

 結局、尖閣を守るためには、日本が防衛力を強化する以外に、根本的解決はないわけで、自民党の政策が最も合理的で、最も効果的です。

 民主党の主張は「現状維持」だと思います。与党なので当然です。政治的には、最も不難な主張でしょう。しかし、中国が着々と軍事力を強化し続けるなか、このような「現状維持」では、日本にとってマイナスだと思います。



 以上をまとめると、私の個人的な意見は次のようになります。



経済政策
   民主党 ○  自民党 ◎  維新  △
TPP
   民主党 △  自民党 ○  維新  ◎
原発
   民主党 △  自民党 ○  維新  ○
政治改革
   民主党 ◎  自民党 △  維新  ○
外交・安保
   民主党 △  自民党 ◎  維新  ○



 総合的にみて、私は自民党が最もよいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米上院、全会一致で「尖閣に... | トップ | 対中関係を改善し得るのは自... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。