言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「日本国憲法の改正手続に関する法律」施行

2010-05-18 | 日記
総務省」 の 「国民投票制度

憲法改正国民投票法の施行

 日本国憲法第96条に定める日本国憲法の改正に関する手続を内容とする「日本国憲法の改正手続に関する法律(憲法改正国民投票法)」が、平成22年5月18日に施行されました。


 本日、「日本国憲法の改正手続に関する法律(憲法改正国民投票法)」が施行されたと告知されています。詳細はリンク先に飛んでください。



 私は憲法改正を望んでいます。9 条を改正し、日本が「普通の国」になることを望んでいます。



 昨年の衆院選で、民主党が衆議院において圧倒的多数を占めたことで、

 次の参院選の結果によっては ( 参院選までの政権運営によっては ) 、日本で「初の」憲法改正の日が訪れるかもしれないと、心中密かに期待していました。民主党の支持率は低減傾向にあり、その日は当分、来ないかもしれない雲行きになってきていますが、

   ひょっとすると、もしかすれば、その日が来るかもしれない

と期待しています。いきなり、9 条の改正は難しいかもしれません。しかし、

   憲法のどの条項であれ、憲法「改正」の実績が生じることで、
   9 条改正への道が開けるのではないか、

と期待しています。



 「護憲」を主張する人々が、たとえば基本的人権に関する規定の「改善」( 人権保障を強める方向への変更 ) にも反対するならば、「なんのための護憲なのか」ということにもなります。

 私としては、国民の生命・人権を守るためには、9 条改正は必須だと思いますが、国民の多数意志が 9 条維持なら、それはそれでひとつの決断だと思います。



 なにはともあれ、やっと

   「憲法上、制定されることが当然予定されている法律」
    =「存在していなければならない法律」

が施行されたことを、うれしく思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国における労働運動の背景 | トップ | 犯罪にあたる場合には »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。