言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

米国および文科省の放射性物質拡散情報

2011-04-07 | 日記
産経ニュース」の「【放射能漏れ】福島原発80キロ圏内の高放射地域が大幅に減少 米エネルギー省」( 2011.4.7 10:08 )

 米エネルギー省は6日までに、福島第1原発から80キロ圏を中心とする地上の放射線量を3月30日から4月3日にかけて観測した最新の結果を公表、3月17~19日の観測結果に比べると線量の高い地域は大幅に減少した。

 同省は、19日以降まとまった放射性物質の蓄積は起きていないとしている。

 今回は、地上の測定機器や航空機を使って観測、原発のすぐそばで毎時125マイクロシーベルトと高い線量が観測された。原発から北西方向に向かって毎時21マイクロシーベルトを超える地域が30~40キロにわたって帯状に延びており、この帯から離れるにつれて線量は下がっていた。

 3月17~19日と比べると125マイクロシーベルトの地域はごくわずかになった。

 一方、東京周辺の線量は毎時0・32マイクロシーベルト未満で、健康に悪影響を及ぼす量ではなかった。(共同)


 米エネルギー省は「福島第1原発から80キロ圏を中心とする地上の放射線量を3月30日から4月3日にかけて観測した最新の結果を公表」した。「線量の高い地域は大幅に減少し」「19日以降まとまった放射性物質の蓄積は起きていないとしている」と報じられています。



 これは「米国が独自に観測した」データに基づいているのか、「米国が日本政府から入手した」データに基づいているのか、その部分が不明確ですが、

   米国政府の公式発表である

と考えられることから、独自観測データであれ、日本政府経由データであれ、米国政府が信頼しているデータであるといってよいと思います。

 米国には、原発の被害を「過小に評価したり、隠す理由がない」と考えられます。したがって、米国政府の発表は (日本政府の発表に比べれば) 信頼しやすい (されやすい) はずです。

 つまり、安全になりつつある、と考えてよいのではないかと思います。



 なお、日本政府にも、あらたなデータを公表する動きがみられます。



YOMIURI ONLINE」の「原発周辺の汚染マップ、文科省が作成・公表へ」( 2011年4月6日20時01分 )

 福島第一原発事故の影響を調査している文部科学省は6日、同原発周辺の放射性物質汚染マップを作成、公表することを明らかにした。

 同日始まった米エネルギー省と合同の、航空機による放射性物質汚染調査の結果を基に作成する。完成すれば、実測に基づく放射能汚染の分布が「面」で把握できることになる。

 文科省によると、日米合同調査は1週間ほど実施される予定。米軍所属の小型機や文科省が使用するヘリコプターなどが、同原発から80キロ圏内を飛行し、放射線を測定することで、地表面に沈着した放射性物質の汚染状況を調べる。

 同原発周辺の放射性物質の拡散状況の把握では、原子力安全技術センターの予測システム「SPEEDI(スピーディ)」が、計器故障などで前提となる放射性物質の放出量が分からず、使用できないでいた。文科省では同原発から20~60キロ圏内で、車両などによる観測を継続してきた。


 文部科学省が「原発周辺の放射性物質汚染マップを作成、公表することを明らかにした」と報じられています。



 ところで、「気象庁の放射性物質拡散予測情報」について、気象庁は (国内の拡散予測用には) SPEEDIがある (…ので公表しなかった) 、といったことをそのホームページに書いていますが、
原子力安全技術センターの予測システム「SPEEDI(スピーディ)」が、計器故障などで前提となる放射性物質の放出量が分からず、使用できないでいた。
となると、

   (国内の拡散予測用には) SPEEDIがある

という主張はいかがなものか、という気がしないでもありません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「風評被害」の定義 | トップ | ネット検閲があるらしい »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。