言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中国共産党秘密文書「日本解放第二期工作要綱」

2011-01-31 | 日記
櫻井よしこ 『異形の大国 中国』 ( p.197 )

 1972年の日中国交樹立時に、中央学院大学の西内雅教授(当時)が入手し、『國民新聞社』が世に問うたものに、中国共産党秘密文書「日本解放第二期工作要綱」がある。中国共産党が当時の工作員に与えたとされるこの指示書には、「我が党(中国共産党)の日本解放の当面の基本戦略は、日本が現在保有している国力の全てを、我が党の支配下に置き、我が党の世界解放戦に奉仕せしめることにある」、そのためにはまず「群衆掌握の心理戦」だと書かれている。文化事業などを通じて中国への「警戒心を無意識の内に捨て去らせること」が重要で、それは「日本解放工作成功の絶好の温床となると共に、一部の日本人反動極右分子」を孤立させるのに有効だと記されている。

★したたかな中国の戦略

 文化事業は「日本人大衆が中国大陸に対し、今なお持っている」「『日本文化の来源』『文を重んじ、平和を愛する民族の国』というイメージを掻き立て、更に高まらせる」効果があるとも書かれている。
 日本の大衆に中国語学習を普及させ、各大学に中国研究を進めさせて親中感情を各分野で醸成することの重要性を強調し、政治家、メディアへの積極的な働きかけも驚くほど詳細に指示されている。そうした活動のために2000人の工作員を、学界、マスコミ界、実業界など全分野に送り込むことも記されている。
 日中関係をふりかえれば、中国が展開してきた対日外交が右の基本戦略を反映しているのは明らかだ。中国の対日戦略においては、目標は不変だが、戦術は状況次第で、変化する。「A級戦犯」合祀が公になった靖国神社に首相が参拝し始めてから6年半の間、靖国問題に一言も触れず、逆にGNPの2%という具体的数字をあげて日本に軍事力の増強を求めたのも、その後、1985年9月に突然、非難し始めたのも、靖国問題が戦術上の道具にすぎないことを示している。
 
(中略)

 中国政府は日本との関係を常に外交の材料にしてきた。『江沢民文選』全3巻には98年8月に江主席が在外公館の全大使を呼び戻し、日本には永遠に歴史問題を突きつけていくと訓話したことが書かれている。江氏の対日強硬外交は72年の「日本解放第二期工作要綱」に示された文化交流などのソフト路線とは異なるが、日本の国力を中国の利益に資するという基本戦略は不変である。
 72年の日本解放第二期工作要綱が最終目標を日本の社会主義化と戦犯としての「天皇の処刑」に置いていることを、その実現性はともかく、日本側は忘れてはならないだろう。


 中国共産党秘密文書「日本解放第二期工作要綱」には、中国共産党が当時の工作員に与えた指示が書かれている。そこには、「我が党(中国共産党)の日本解放の当面の基本戦略は、日本が現在保有している国力の全てを、我が党の支配下に置き、我が党の世界解放戦に奉仕せしめることにある」、そのために文化事業などを通じて中国への「警戒心を無意識の内に捨て去らせること」が重要で、親中感情を各分野で醸成し、政治家、メディアへの積極的な働きかけを行う。そのために2000人の工作員を、学界・マスコミ界・実業界など全分野に送り込む、などと記されている、と書かれています。



 ということはあれですね。中国はチベットを「解放」すると称して「侵略」したように、日本を「解放」するために「侵略」しようと思っている(いた)、ということですね。

 ほとんどの日本人にしてみれば、「解放」という名の「侵略」はいらない、という心境ではないかと思います。沖縄を日本から「解放」する、といった主張も中国にはあるようですが、余計なお世話でしょう。



 「侵略」を「解放」と言い換える、などの詭弁が通るならば、どんなことも「正しい」ことになってしまいます。



 また、「日本人大衆が中国大陸に対し、今なお持っている」「『文を重んじ、平和を愛する民族の国』というイメージ」ですが、これは日本における学校教育に原因があるのではないかと思います。

 多くの日本人は、学校の授業、漢文の時間に『論語』などを読み、「中国人はこういう人達なのか! すばらしい人達だ!」というイメージをもってしまうのではないかと思います。

 本来、礼節を守る人々の集団に対して、『論語』のような本は必要ありません。当たり前のことだからです。わざわざ、『論語』のようなものが書かれているということは、礼節を説く必要があった、ということです。

 そのことをふまえて、中国(中国人)に対する「『文を重んじ、平和を愛する民族の国』というイメージ」を、再考すべきではないかと思います。



■追記
國民新聞(昭和47年8月)
中国共産党「日本解放第二期工作要綱」の全文(↓)です。
http://web.archive.org/web/20071213044215/www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/S47/4708/470801china.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 慰安婦問題についての日本政... | トップ | 米ニューヨーク・タイムズ、... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事