言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

消費税が上がると気分がよくなる?

2009-05-29 | 日記
野田毅 『消費税が日本を救う』 (p.78)

 サラリーマンの給与明細書を見ればわかります。直接税と社会保険料が天引きになっており、それを引いた数字が、手取り額として残るのです。消費も投資も貯蓄も、その源泉は可処分所得です。大切なことはやはり、自分の稼いだものに対して、どこまで自由に裁量できるかという点にあると思います。


 「自分で稼いだものに対して、自由に裁量」する。

 これは、消費税であれば、納税額を調節しうる、と言っているのだと思います。消費の量を減らせば、当然、消費税納税額は減りますから。


 所得が多ければ、「自由に裁量」 する余地は大きいかもしれませんが、大多数の人々にとっては、「自由に裁量」 する余地はほとんどない気がします。生活必需品は買う (買わざるをえない) けれども、貯蓄をする余裕はない、という人にとっては、裁量の余地など、事実上ありません。

 したがって、経済的には、説得力がない気がしますが、(大多数の人は多少は裁量の余地がありますから) 気分的には、いいかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 政治が世代間負担を論じるとき | トップ | 減税規模の表現 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。