言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中国における文民統制の弱体化傾向

2011-12-28 | 日記
リチャード・L・アーミテージ ジョセフ・S・ナイJr 春原剛 『日米同盟 vs. 中国・北朝鮮』 ( p.96 )

春原 習近平氏ら中国の次世代、いわゆる第五世代の指導者は「太子党」と呼ばれ、かつての党有力者たちの子弟になります。日本流に言えば、「政治の世襲」であり、「二世議員」となるわけで、これは日本でも今や大変な批判の目に晒されています。中国でも人民解放軍の長老たちはこうした「太子党」に対して十分に敬意を持たず、それだけに軍へのシビリアン・コントロール(文民統制)に不安材料が出てくるという分析もあります。

ナイ 私が勤めるハーバード・ケネディ・スクールで数年前、人民解放軍の大佐クラスを数人招いて、セミナーを開催したことがあります。第一に軍部には軍部独自の利害があり、それはどの国の軍組織にも言えることです。そして彼らは常に最悪のケースについて分析を重ねています。中国人民解放軍もその例外ではなく、彼らもその方向に進んでいるのでしょう。
 一方でハーバードにやってきた大佐たちと話をしてみて大変驚いたことを覚えています。彼らの考えは皆、バラバラで意見も異なっていたからです。そのうちの一人は私に近付いてきて、こう言いました。「自分の子供たちには民主主義体制下での生活をさせてあげたい」と。あの時は本当に驚きました。

アーミテージ 確かに二〇一二年には権力移行があり、胡錦濤、温家宝といった現在の指導者は第一線から退きます。ただ、胡錦濤氏についてはその後も党中央軍事委員会のトップに留まるのではないかと思っています。小平氏と同じパターンですね。そうすることで影響力を保持するわけです。しかし、その場合でも胡錦濤氏は人民解放軍の指導部との関係をさらに発展させなければなりません。そのためには胡錦濤氏は軍人、特に将軍たちがしようとすることを止めたりはしません。そして、それはつまり将軍たちの影響力が増すということです。

春原 その種の将来予測に対して、米国内に懸念はないのですか?

アーミテージ もちろん、あります。私は懸念しています。心配(Worry)ではなく、懸念(Concern)です。我々の(マレン)統合参謀本部議長もかつて、中国に「関心」を持っていましたが、今は「懸念」に変わっています。というのも誰も、恐らく中国人も含めて、彼らが十年後、十五年後にどうなっているのかわからないからです。
 少し前、米国の空母キティ・ホークが嵐を回避するため香港への寄港を求めましたがこれは拒否されました。その前には中国は人工衛星の撃墜実験を強行しました。あの時、人民解放軍は北京の文民指導部にきちんと相談し、許可を取っていなかったのではないか、という見方がありました。それに対して、私の答えは「いや、そんなことはない」でした。もちろん、軍部は文民指導部に報告していました。ただ、十分にというか完全には報告していなかった。たとえば、キティ・ホークの件ですが、彼らは北京に対して「香港への寄港は認めない」と言ったのでしょう。ただ、ひどい嵐の場合は敵であろうと味方であろうと港への立ち寄りを認めるという慣行があることまでは説明しなかった。これは海の男たちの間で過去数百年も守られている慣行であるにもかかわらず、です。
 人工衛星撃墜で言えば、胡錦濤主席に「米国が行ったように我々も衛星撃墜実験を行います」とは言ったでしょう。もちろんですとも! しかし、その実験によって四万個もの破片が宇宙空間にデブリ(宇宙ゴミ)として浮遊するとまでは言わなかった。

ナイ 中国の文民は今も軍部をコントロール下に置いていると思いますが、人民解放軍はとても強い圧力団体でもあります。加えて、中国のシステムというのはとても透明性が低い。だから往々にして、文民側が知らないことも軍部がやってしまうのです。たとえば、人工衛星の撃墜実験について軍部は中国外務省には事前通達はしていなかったと言われています。実験後、外務省は世界に説明するため、全容把握に躍起にならざるを得なかった。このケースでは人民解放軍が文民の統制下にはなかったと言えるでしょう。胡錦濤国家主席が撃墜実験を知っていたかどうかまではわかりませんが、明らかに外務省は知らなかったということです。


 中国人民解放軍の長老たちは太子党に対して十分に敬意を持っていない。そこで、軍へのシビリアン・コントロール(文民統制)に不安があるという分析がある。おそらく胡錦濤は影響力を保持するために、党中央軍事委員会のトップに留まる。そして彼は軍人、特に将軍たちがしようとすることを止めたりはしないはずである。したがって今後、軍部の影響力が増すと予想される、と書かれています。



 今回は、米国の専門家の見かたを「示す」目的で引用しています。「引用する」ことそのものに意義があると思います。

 ですが一応、私の意見を書きます。



 まず、「中国人民解放軍の長老たちは太子党に対して十分に敬意を持っていない」という点についてですが、

 「太子党の絆の強さの秘密」でみたように、太子党の人々も「苦労」してきており、たんなる「二世」とは異なります。

 しかし、「もっと苦労してきている」軍の長老たちからみれば、太子党の人々の「苦労」などは苦労のうちに入らず、十分な敬意を持ちにくい、というのはわかる気がします。

 とすれば、「軍へのシビリアン・コントロール(文民統制)に不安がある」という分析には、十分な根拠があると思います。



 次に、現状について、たとえばキティ・ホークの寄港の件や、衛星撃墜実験などの際に、北京の最高指導部が軍の動きを「完全には」掌握していなかった、という点については、

 私には(情報を持っていないので)わかりません。

 しかし、「まったく知らなかった」のでもなく、「意思疎通が完全にとれていた」のでもない、という米国側の分析は「正しい」のではないかと思います。いかにもありそうな話だと思います。



 次に、「おそらく胡錦濤は影響力を保持するために、党中央軍事委員会のトップに留まる」という点についてですが、

 私も同意見です。これについては、「胡錦濤の幹部人事」などに詳しい記述があります。



 最後に、「胡錦濤は軍人、特に将軍たちがしようとすることを止めたりはしないはずである。したがって今後、軍部の影響力が増すと予想される」という点についてですが、

 これは鋭い分析だと思います。

 私はこれには気がつきませんでしたが、おそらくアーミテージ氏の意見の通りになるでしょう。



■関連記事
 「中国人民解放軍における軍内党組織 (政治委員)
 「林彪事件と人民解放軍人事
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 丹羽宇一郎駐中国大使は更迭... | トップ | 中国は分裂しない »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。