言語空間+備忘録

メモ (備忘録) をつけながら、私なりの言論を形成すること (言語空間) を目指しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

医療費増加対策

2009-10-18 | 日記
紺谷典子 『平成経済20年史』 ( p.353 )

 医療費の増加を補う財源はある。医療保険の保険料は、所得に比例するが、上限がある。この上限を無視し、完全比例にすれば、それだけで数兆円の保険料収入の増加になると、医師会が試算している。
 組合健保や政管健保など被用者保険の場合は、年収2000万円が上限だが、この上限を撤廃すれば、それだけで、2兆5000億円の増収になる(平成18年度)。
 国民健康保険の場合、保険料は世帯単位である。世帯所得が、約490万円で保険料の上限53万円に達し、いくら高額所得であっても、保険料はそれ以上増えない。だから、たとえば芸能人一家で、世帯の所得が巨額に上っても、保険料は一家で53万円ということになる。
 世帯所得が数千万円、あるいは億円以上であっても、保険料負担は490万円の一家と同じなのである。所得が500万円以上の世帯は5%強だそうだが、世帯収入が大きい世帯もあるはずだ。上限をはずせば、ここでも数兆円単位の増収が見込めよう。

(中略)

 なぜ、政府は、医療崩壊を招くような医療費削減を行う前に、保険料の上限を撤廃しなかったのであろう。低所得の人々により重い負担を強いる消費税増税より先に、保険料の完全比例を実施すべきであろう。そうでなければ、ただでさえ所得格差が拡大する中で、生活格差はますます大きくなるばかりだ。


 医療費の増加を補う財源はある。所得比例の上限を撤廃し、完全な所得比例にすればよい、と書かれています。



 「医療費の増加を補う財源はある」 と書かれているので、著者も、医療費が増加することは認めているのではないかと思います。

 著者は、「医師会の調査によれば、医療保険は黒字」 であり、国は嘘をついている、と主張しているのですが、( 著者も ) 今後、医療費が 「増加する」 ことは、認めていると考えられます。

 実際、日本では高齢化が進行しており、医療費が増加することは、まず間違いないと思います。お年寄りは若者に比べ、具合が悪くなりがちです。慢性の疾患にかかる場合も多いと思います。社会の高齢化とともに、医療費は増加すると考えるのが自然です。

 したがって、かりに国が嘘をついており、いま、医療保険が黒字であるとしても、医療費の増加に対処しなければならないことには、変わりありません。



 それでは、いかに対処すべきか。方法は 2 通りあります。保険料を上げるか、医療費を削るかです。

 著者は、医療費は削るな、増額しろ、しかし、庶民の保険料は上げるな、所得の多い者の保険料を上げればよい、と説いています。

 しかし、この方法は、公平とはいえないと思います。いかに所得が多かろうと、病気になったとき、治療費が高くなるわけではありません。年収 5000 万円の人が病気になったとき、年収 500 万円の人の 10 倍、治療費が必要になるわけではありません。また、年収 5000 万円の人は、年収 500 万円の人に比べ、病気にかかる確率が 10 倍、高いわけでもありません。

 したがって、保険料の上限を撤廃し、完全な所得比例にすれば、かえって不公平になります。

 医療費が増加する、その分は、所得の多い者から取ればよい、という考えかたは、大多数の者には負担増とならず、利益のみがもたらされるので、支持を得やすいかもしれません。しかし、この方法は不公平だと思います。所得の多い者から 「高額」 の保険料を徴収する理論的根拠が示されなければ、この方法は認められません。



 医療費が増加するなら、まず、医療費の増加を抑えるのが、先だと思います。

 もちろん、医療費を抑制すると同時に、医療の質も保たなけばなりません。医療の質を保ちつつ、医療費を抑制する。すなわち、医療の効率化が必要です。

 国は、後発薬の推奨、政管健保を 「全国健康保険協会 ( 協会けんぽ )」 に変える、など、医療の効率化に取り組んでいます。国の政策は、適切だと思います。

 そして、医療を効率化し、医療費の増加を抑えようとしてもなお、保険料を上げる必要があれば、そのときに、保険料を上げるのが筋だと思います。すくなくとも、医療費の増加を抑えつつ、保険料を上げるべきだと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全国健康保険協会 ( 協会けん... | トップ | 郵政改革 ( 小泉改革 ) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。