始めなき始めより・・至る

mem-papaのきままなつぶやき

翻訳

2017-03-21 19:54:44 | temporary (open)
試験勉強でグーグル機械翻訳にはとても
お世話になった。時々、教科書かと思う
くらいの訳もあった。FORM OF: を
作成元と訳してたときは感心した。
ただ、かなりの頻度で設問の1番、
問うているところを、どうしてこう
訳すかなとか、ちがう文節を主語的に
訳してて、中坊でもこんな下手な訳は
しないな…というのもかなりあった。
(目的や意図+メニューやパネル名と、
それ上のどこを+キーボード操作の、
ミックス。これらが前置詞や関係代名
詞(主格だったり目的格だったり)
で長々とつながる連文節なので
アプリわからないと難しいという
のもあり)

とはいえ、役に立つのは間違いない。
クーリエ記事など読んでるとグーグル
の開発者もAIが道具として結果的
に役にたつことの方を、強調している
気がする。


AIが翻訳の不可能性に気づく日

人類のどんな言語も普遍文法という
とこまでメタなレベルでは共通だけど
そのことイコール個別言語間での
1対1対応する意味や属性の一致を
保証するわけじゃないというあたり
云々と思います。

ノーム・チョムスキーの見解

今回、試験で痛感したのは英語力より
アプリをちゃんとわかってないことな
のだけど、なんだか英語の勉強してみ
ようかなとも思えた。

Duolingoとか早速やりはじめた(^人^)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 知と信を巡る対話 | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (THUNDER)
2017-03-26 07:42:09
まさにその通りですね。私は2年間通訳専門の部署にいましたけど、私を含めて全員グーグル翻訳フル活用してましたよ。自分では瞬時に思いつかないような「これだ!」的な単語も多々出てくるし、一定レベル以上の語学力であれば使えますね。

むしろ、これ以上よくなると、働き口がなくなる懸念があると元同僚と最近話したばかりです。(汗)
Unknown (To THUNDER)
2017-03-26 23:03:54
圧倒的な量を瞬時に訳すスピードは人を超えててほんと役にたちました。
でも、医療の診断では医師より判断の正解率が高い領域が出るとか聞く中で、こと、言葉については本能もないし、さらに人は生物的な本能の意味レベルに収まらない哲学的な文脈もあるしで…端的に、今回はその設問の訳し方だと、答えがどれも当てはまらないので、すぐ質的に日本語の意味レベルに落とせてないなとわかりました。こと言語については、相当、人が修正する必要あるから、THUNDERさん安泰っす^_^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL