ルンルンのブログ-2

四季折々の花や身近な生活を写真を通して記録したいと思います。

千葉県香取市の旧跡を歩く-2・・・側高神社と前方後円墳 2017.7.8

2017年07月17日 | 神社・仏閣・奉納
藪蚊に刺されたお山にあったのが円墳と前方後円墳らしいけど、よくわからなかった森に溶け込んでしまっかな。
その先にあったのが側高神社です。
小さなお社ですが、本殿には灯りが灯され、神社の周りもきれいにお掃除がされていて気持ちがよい空間でした。
天麻那舞の友人MIYUKIさんとTOMOKOさんにばったり会うとは!おふたりとも寄り道してよかったと喜んでいました。
私もMIYUKIさんに聞いていなかったら素通りでした。



ヤマユリに顔をつっこむアゲハチョウがいました。正体は花粉まみれで不明です(笑)




歴史を物語るような狛犬ですが、反対側にはいなかった!




本殿の灯りと夕日が差し込む賽銭箱




ぐるりと回ってみました。この時間は自然の最後の輝きを見せる瞬間で私の好きな時間です。
お社が天然の灯りに満たされているようです。




お社の後ろにはたくさんの祠が祀ってあります。そちらへ向かう祈りの路も光があふれました。




大きなご神木の間から太陽の残照が強烈なシャワーを浴びせていました。うまく撮れませんが・・・





次に行きたかったのは行きの車の時から気になっていた場所です。
高い場所にある一本の木が誘っていました。この丘は前方後円墳であることがよくわかりました。
一本の木のある場所は丸い方です。今もお墓になっていました。先に伸びている方がひし形でした。
地元の豪族もこんなお墓が建てられたのかしら?遺跡も出土していたということです。




古墳の真下にはネムの花が咲いていました。




すぐそばの農家の庭で咲いていたカンナの花です。





千葉県の香取市の古代のロマンを感じながら、茨城県の実家に戻ります。
今夜も月夜です。一日の終わりに感謝をささげましょう!




『千葉県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 千葉県香取市の旧跡を歩く-1... | トップ | 夕陽と遊ぶ・・・実家の庭か... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (noharatugumi)
2017-07-17 20:14:25
こちらにも埼玉古墳群というのが行田にあります。
古墳を見るとなんだか不思議なパワーを感じますね。
夕陽の木漏れ日…いい感じです。
Unknown (しょうちゃん)
2017-07-17 20:58:53
ルンルンさん、こんばんわ。

この猛暑に負けずアクティブに活動されていますね。私は夏バテ気味でブログ更新も滞っています。

ブログ、gooに替えられたのですね。メールを開くのもさぼっていて、今日メール拝見しましたが、その後問題なくアップできているようですね。何かあったらメールで連絡ください。

電話番号、変えてないはずですが??
Unknown (ルンルン)
2017-07-17 22:30:54
noharatugumi様、こんばんは。

行田の古墳群は有名ですね。古代ハスもきれいでしょうね。
両方ともまだ行っていないので、早く実行したいと思っています。
こんなところに古墳が残っている不思議さに、とても引き寄せられました。
Unknown (ルンルン)
2017-07-17 22:35:27
しょうちゃん、こんばんは。

本日はお電話でいろいろ教えていただいてありがとうございました。
(電話番号は私が間違って登録していたようです、すみませんでした)
ココログよりスムーズに更新できそうです。
まだまだ一歩のスタートですが、よろしくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。