女々しい子育て

毎日グダグダです。

最近の諸々

2017-07-08 01:03:16 | 息子の日々
親子遠足やバザー、地域のお祭り出演、PTAの活動、夕涼み会にSSTにOT。行事目白押しのまま気づけば7月😵夏休みの後は運動会にバザー、発表会、就学時健診もあるし、支援級の見学も行かにゃならん🙄🙄🙄年長ってこんなに大変なのー?!あ、ランドセルも早々購入しました。息子はもう目を輝かせて、しばらく一緒に寝たりして、一年生になる日を待ちわびています。

先日、スリランカに住む友達が一時帰国して、家族で遊びに来てくれました(^^) お互い母になったのね…としみじみ😢そして、初対面の人現るで制御不能になった息子と1日を共にして、「いや、ほんと〇〇(←わたしのこと)大変だね、よく頑張ってるよ」なんて褒めてるのか慰めてるのかわからない言葉を残して東京に帰っていきました(笑)

やっぱり第三者的に見て、息子の子育てって大変なのね😓当事者からすればこれが日常なわけで、すっかり感覚麻痺してた。確かに、友達の娘はまだ3歳に満たない幼子ですが、1日一緒にいても奇跡的に扱いやすかった〜!なんていうのかなぁ、全ての行動が大人の想定の範囲を逸脱しないというか、逸脱しない安心感があるというか…息子なぞ、もうすぐ6歳になるというのに、未だに何しでかすかわからない不安感しかありません😱まぁそれが息子が息子たる所以なんですが。

でも、そんな息子も最近少し変化が見られるようで(?)、幼稚園の先生とも「なんだか最近ちょっと雰囲気違うよね…?」と期待をもって見ているところです。

6月の初旬はほんっとーに酷くて、園での息子はカオスと化してました。療育先からも巡回指導に来ていただき、園と連携して息子の困り事にどう対処していくか話し合ってもらったりしましたが、ほとんど活動に参加せず、友達とトラブルばかり起こす息子に正直みんな手を焼いていました。

スイミングに行っても、まったく先生の指示に従わず、1人離れて勝手にバシャバシャしていたり、先生の手本も知らん顔で隣のレーンに侵入していたり😓毎回何度も怒られ、小脇に抱えられ暴れている息子。いつ退会を命じられるかヒヤヒヤもんだったのが、6月の終わり頃、ふと先生の手本をプールの縁に座ってじっと見ている息子に気がつきました。息子が先生の手本を見て、理解しようとしている!初めての出来事すぎてビビったのと、その後確かに手本通りにやってみせた息子に驚愕しました。

その頃から、園の先生も、息子がちゃんと話を聞いてる感じがする!と今までと違う雰囲気を感じたそうで、もちろん自閉度の高さはそのままなので、友達とのコミュニケーションは無茶苦茶ですが、時々「お?」と思うような変化が見られるようです。

しかしせっかく良い感じになってきたとこで、夏休みに突入しちゃうんだなー🙄自閉君は、アップダウンありなので、上がる時あれば必ず下がる時が来ると経験上わかってます。出来るだけアップが持続してほしい〜〜
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 息子の好きなこと | トップ | 世の中そんなうまくいかねー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。