MELANCOLICO∠メランコリコ!

ゆめと心理と占いのはなし
Por donde, amor, he de ir?
 Rosalia de Castro

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

誰も懲戒免職にならない不思議。

2014-11-28 22:18:05 | 日記
吉田調書報道でねつ造があった新聞社で、社員の処分が決まったらしいけど、元報道部長に一カ月停職というのが最高で、実際に書いた記者2人は減給で済んだらしい。社長は辞任したけど、あれだけ影響力がある新聞社で、原発事故の当事者たちを非難する記事を捏造した人たちが誰も懲戒免職になんらないっていうの、かなり不思議な結末に思える。内部の派閥争いがこの問題の根っこにあったのだろうけど、社内ではことの重大性を今も認 . . . 本文を読む
コメント

うつっぽくなるとき

2014-11-22 18:49:36 | 日記
夜中の仕事が続くと欝っぽくなることがある。親しい人たちと疎遠になってしまう感覚があって、ルーティン仕事はやれても新しいことには取り組めなくなって孤立感に襲われる。知人で宅配の仕事をしている人が、夜の勤務は給料が上がるからとシフトを変えたら、長時間の蛍光灯の下での仕事に精神的に耐えられなくなったと言ってたけど、それを実感できるようになってきた。 依存症は否認の病気だけど、うつはあんがい本人の自覚を . . . 本文を読む
コメント

ある中華料理屋さんの厨房でのこと。

2014-11-22 18:03:19 | 日記
60歳くらいの年配の男性がカウンターの中の厨房でせかせかと動いていた。胸には「研修中」のバッヂ。昼はおばさま、夕方は高校生バイトがウエーターとして多く働いている24時間営業の店なんだけど、深夜は年齢がさまざまだ。数年前からだったろうか、この店のウエーターさんに高齢者男性の採用が始まった。初めてそれに気づいたときの思い出では、一人の男性があのハンドヘルドを使い切れなくて、かなり他の店員さんから煙たが . . . 本文を読む
コメント

拒絶の顔

2014-11-21 19:32:47 | PSYCHOLOGY2
ときどき出会う顔にコンクリートの壁のような顔がある。ボールをぶつけても絶対「イタっ!」て言わないような顔だ。アル中に「それ止めたら」って言ったときに、彼らが見せる顔や、政治の世界でも、凝り固まったイデオロギーの政党の人に、「それ違うでしょ」って言ったときに見せる顔だ。本当に一瞬にして顔が壁のようにコチコチとなる。 それって自分が思っていることが正しいという信念からくるのだろうか。疑問を察知される . . . 本文を読む
コメント

イイネ!が強化子になっちゃう。

2014-11-18 17:12:11 | PSYCHOLOGY2
facebookでは「食べ物が当たり障りないかな」ってことで、友だちの投稿の半分はそれだ。確かに楽しんでいる雰囲気や家庭の明るい様子が伝わってきてうれしいことはうれしいんだけど、ときどきそれにイイネ!を付けるのをためらってしまう時がある。 ビールやファミレスのギトギトのシチュー、アイスクリームや肉フェアをうれしそうにアップしてくる人。 でも、共通の友人たちの多くは、それにためらいもなくイイネ! . . . 本文を読む
コメント