MELANCOLICO∠メランコリコ!

ゆめと心理と占いのはなし
Por donde, amor, he de ir?
 Rosalia de Castro

本土の日本人がオスプレイ訓練受け入れを語るときにぼくが感じる違和感

2013-06-30 00:31:05 | 日記
橋下徹さんが関西広域連合でオスプレイの訓練受け入れを関西地区で検討すべきだと発言したことで、twitter上で批判がものすごい。ぼくは八尾空港での訓練受け入れの意義はよくわからないけど、反対の人のコメントを見ると、日本が隣国と抱える問題や沖縄に偏在する在日米軍の問題が完全に頭にない。 八尾は住宅密集地だからオスプレイなんてもってのほかという人は、普天間基地の実情に関心を持ったことがあるのだろうか . . . 本文を読む
コメント

あきらめないかぎり・・・

2013-06-29 23:46:05 | On your mark!
この15年で右足は捻挫3回、痛風3回と、いわば満身創痍だ。捻挫で伸ばしたアキレス腱の痛みは完全に消えることはないし、痛風の炎症で一部壊れた小指第一関節は、ときに変な方向転換するとピッピッと忌まわしい記憶を呼びだしてくれる。 ケガや発作が起こっているときは、いつも「もうダメッ」って思う。できたことができなくなって周囲の視線を少し冷たく感じたり、足を下におろせないので仕事もできずに絶望感が押し寄せて . . . 本文を読む
コメント

ある集合写真を捨てようとした女性

2013-06-23 02:34:27 | PSYCHOLOGY2
ある飲み会で撮った集合写真を自分のプリンターで紙焼きしてくれた人がいた。ぼくはそこに写っていた数人の人と一緒に居合わせたときにもらったんだけど、その中の一人の女性が「わぁ、これ捨てたい。みんな捨てましょうよ」って言いだした。みんなは彼女が冗談を言っているんだと思って相手にしなかったけど、ぼくの目には、彼女がかなり真剣だと映った。 十数人の集合写真だから、1人や2人は目をつぶっていたり、顔が変に写 . . . 本文を読む
コメント

panenka

2013-06-22 01:49:52 | El mundo de futbol
「勇気と約束があれば…」ということば唐十郎の『少女都市』の中のセリフの一節だ。何が起こるかわからない世界に旅立つとき、その向こうにある目的に到達できるかどうか全く視界ゼロであるとき、第一歩を踏み出す力は、自分の勇気と自分への約束。  スポーツの試合を観ていると、ときどきこの言葉を思い出す。5月のチャンピオンズリーグ準決勝で優勝候補の筆頭に挙げられていたレアル・マドリードとバルセロナを倒したドイツ . . . 本文を読む
コメント

ことばは翼、気持ちはちから

2013-06-18 15:22:51 | 日記
不思議な気持ちのころがりがあって、わけのわからないことがたくさん起きて、小さな決意ができたみたいだ。小さな決意にこれだけプロセスが必要で、これだけのエナジーが使われないとならないって、こっちら疲れているからか、そんなものなのか…。 ある人のfacebookに入らせてもらって、彼女の1年半くらいの時間を逆走させてもらった。そのにあったのは彼女の背中。卵から孵ったばかりの雛が巣の中で小さな翼を広げよ . . . 本文を読む
コメント