MELANCOLICO∠メランコリコ!

ゆめと心理と占いのはなし
Por donde, amor, he de ir?
 Rosalia de Castro

チリ

2010-10-17 16:33:46 | El mundo de futbol
チリの炭鉱夫救出のオペレーションは実に感動的だった。地下約700メートルに閉じ込められ、食料もなく、酸素が薄くなっていくのを実感しながら過ごした最初の日々はいったいどんな心境だったのだろう。救助されたある炭鉱夫は「初めの72時間は絶望しかなかった」と語った。

今回のチリの救出劇のニュースでよく耳にした「orden」「disciplina」(秩序、規律)という言葉は、よくサッカー選手たちからも聞かれる。どんな困難に挑む時も、人間に必要なことはその戦術と状況を理解し、それぞれの役割を最善を尽くして果たすことだ。

現場では大きな重機が活躍してたけど、実際に「救出」を支えたのは仲間の炭鉱夫であり、技術者たちのそれぞれの使命に対するひたむきな思いだったのではないか。降下、上昇を繰り返したカプセルは、途中何度も手作業で修理され、最後には塗料もすっかり剥げ落ちていた。最初に救出された炭鉱夫の姿を見たときもグッとこみ上げるものがあったけど、救出作業のために降下した6人の作業員の最後の一人が笑顔で地上に現れたときが印象的だった。

救出の背後ではいろいろな駆け引き、取引があったんだと思う。救出費用は30億円になり、鉱山会社はすでに倒産している。救出された炭鉱夫の多くは「また炭鉱に戻る」と言っているが、ハリウッドが映画化を企画していて、ヨーロッパのメディアは50万円の謝礼で単独インタビューをそれぞれに申し込んでいるという。治療したコピアポの院長は33人全員にPTSDの症状があると語った。大変なのはこれからなのかもしれない。

ちなみに33人のリーダー格だったルイス・ウルスア氏のUrsua(or Urzua)という苗字はスペインのバスク地方やカナリアス諸島に多いという。人間の運命は一寸先は闇だけど、希望という翼を失わなければ闇からの生還もありうる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FCバルセロナ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

El mundo de futbol」カテゴリの最新記事