MELANCOLICO∠メランコリコ!

ゆめと心理と占いのはなし
Por donde, amor, he de ir?
 Rosalia de Castro

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夢が続くときの夢の意味

2013-02-13 05:21:15 | 日記
同じようなテーマの夢を続けてみるときはあるメッセージが込められていると思って間違いない。自分の状況を端的に物語る内容がそこにあるはずだ。ぼくは人生の転機に必ずそうした夢を見続けてきた。夢分析はとても面白い。自分で分析しているから本来の夢分析のプロセスとは違うけど、たとえば、夢を頻繁にパソコンや紙に書いて残していくと、夢の背後に何か共通するテーマが存在しているのに気づくことがある。夢の中身はいつも奇妙な言葉や具象に満ちているけど、その具象の意味合いを自分なりに考えていくと往々にして警告やアドバイスに出会う。

解釈していくときの基本は、自分の「影」の存在を強く意識することだ。「影」は抑圧されたものごとや出来事であって、生きられなかった自分である。つまり自分の生き方から排除してきたものであり、表に出てきてもらっては危険なものであったりする。しかし、そうしたものは決して消えていくわけではなく、それぞれの「影」として無意識世界に閉じ込められているのだ。そして意識世界での自分が極端になったり、出口を見失ったり、煮詰まってしまったりしたとき、優れたカウンターウェートとなってくれる。

夢をそうした「影」の語ることと思えるようになれば、「影」は遠来の友のように、疲れたこころのリカバリに力を貸してくれる。最近も、集中力が切れて漂流しかけているなかで、夢があるメッセージをくれている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | あの日の自分に出会えるとし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事