不登校に負けない

中2長男と小学5年生次男の成長日記ブログ始めました。

不登校の一日は長い

2017-06-17 07:57:13 | 日記
学校に行けなくなってから、
テレビを見てるか、DSやパソコンゲーム
の日々でした。
トランプやオセロ、将棋、ウノ、人生ゲームなど色々誘いましたが、のりが悪い。
二人でやっても、盛り上がらず、すぐに
もうやめよう。と終了。
勉強も出来ても、長くて一時間。
でもほとんど数分で終わり。
運動もすぐ終了。
お手伝いも、戸を閉める、うさぎの
餌をあげる。事はしてました。
それでも、一日は終わらない。
後は、ひたすら、ゲームかテレビ。
皆が学校に行ってる時に、ゲームを
するのはやめてと、無理やりやめさせた
事もあります。そうすると、昼間、やることがないと、寝てしまう。
夜に寝れなくなってしまう。
ゲームをやめさせれば、学校に行くかもしれない、と必死でした。
それでも、学校に行けない。
どうすればいいのかわからなかった。
小学校の先生には、家でも、授業の
ように時間を決めて規則正しくした
ほうがいい。と言われた時もあり、
あの頃は本当に辛かった。
家は学校ではないし、そんな事出来ない。
辛くて、電話口で泣きながら、先生に
伝えた事もあります。
不登校の本を色々読みまくり
不登校のブログを読んだり、家事も
出来なくなってしまい、
長男にも、黙って見守ってみたり、
動けないと、焦り、色々、将来の事や
社会の事など沢山伝えた。
でもそれは逆に不安にさせてしまって
動けなかったのかもしれない。
先回りや提案しては行けない。と
聞けば、その通りにしてみた。
でも上手くいかず焦る。
きっと、学校に行かせたい。という
気持ちが出てしまい駄目だったんだと
思う。色々な情報で頭が混乱して、
100%信じて長男に対応する事が
出来なかった。
私が信じる事が出来なかったから、
その不安が長男に伝わってたと思います。
私にも甘えがあります、情報に頼りすぎて
自分がなかった。
心配しても、学校には行かない。
よく主人が言ってた言葉です。
俺は心配はしてない。といいます。
とう時は、何で心配にならないの?
とギクシャクしてました。
相談しても、そのうち行くだろう。で
終わりです。
今は、主人の気持ちがわかるように
なってきました。
長男は大丈夫だと。信じてるようです。
私も長男を信じて、色々な情報は頭に入れづつ、流されないように、柔軟性を持って
頑張ります。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長男の得意な事、苦手な事 | トップ | 別室登校しました »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。