夕張メロン 「ビックモロー」日々快晴 

厳選した夕張メロンを夕張から産地直送。おいしいメロンを地元価格でお届けします。夕張メロンの特秀と秀販売にこだわってます。

柱の傷

2016年10月08日 | 店長のあれこれ

昨日

うちのにある”理容のこたけ”さんの建物がすべてされた。

この建物50年前”やすべえ”というラーメン屋さんで、

そこのカズヤ(現ナイトイン・セリナ マスター)だったこともあり

毎日のようにびにいった。

建物されるにもう一度中たく、

こたけさんのオバさんにってれてもらった。

二階て、はすごくじたものだったが

今見ればじられ、

”子供の頃に見るのと、大きくなってから見るのとでは

随分違うものなんだなあ~~~・・・”

と、月日れを実感して、

”この建物が壊されるのは寂しいものだなあ~~”と、

感傷ってしまった。

友人マルちゃん(芦別カナディアンワールドでアンティークショップ経営)と、

一緒色々見ていたらあるものがんできた。

 

それは・・・

 

一階中央えている年季入った柱だ。

 

そのには無数ったマジックいたがあり、

よくると、

その一本”たつや”と、いている。

 

ビックリした。

 

そう、それは名前で、50年前カズヤトモシンジ(カズヤの従弟)、

トッチ(カズヤのおじさん)とみんなで背比べをしたのものが

そのままされていたのだ。

ビックリした。

まさか、そんなものがだにされていようとはいもしなかった。

こたけさんのオバさんに、

「どうして、これが残されてるの?」

と、くと

「うん、私らがここに入った時から、これはあったんだけど

何だか消す気にはならなくてねえ~~。

たつやって、タッちゃんでしょ?この辺でたつやってタッちゃんしかいなかったから

そうだと思っていたよ~~。」

と、ニコニコ笑いながらえてくれた。

オバさんは

「この柱、記念にタッちゃん持っていきな。」

と、ってくれたが

解体業者にこのだけキレイってともえず、

そのまま、ユンボ粉々されてしまった。

でも、

にはいつまでもっているし、マルちゃんが写真ってくれたので

記念にもなった。

普通してきたらそうゆう綺麗ってしまうものだが、

こたけさんの、あるものはそのままにという配慮がありがたく

からしかった。

夕張歴史ある建物年々一つ、つと、っていく。

本当しい・・・。

でも、これもれだから仕方がないのだろう。

これからは世代歴史っていってほしい。

その私達世代協力できたらとう。

 

♪♪ 柱~~の~~ き~~ず~~~は~~~ 50年前の~~~ 

 

炭坑の~~~ 子~~ら~が~~ つけた~~もの~~~ ♪♪

 

炭坑の時代の遺物が

 

またひとつ

 

 

消えた・・・

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイボールとマイシューズ | トップ | 焼き芋・干し芋 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もったいない (アキ)
2016-10-08 17:40:21
タッチ!
寂しいね(._.)
だけど・・・もったいない!
そのぐらいの柱だったら・・・自分で鋸をひいて取れば
良かったのに・・・(^^)
アキへ ^^ (タッチ)
2016-10-09 12:53:20
そう、思ったけど 止めた。

過去は振り返らない。

想い出は心の中に・・・



(ただ、忙しそうに仕事している業者さんに言えなかっただけなんだけど・・・(笑))


アキ、先日はありがとうね
Unknown (富田恵美子)
2016-10-09 13:12:33
感動しますね〜ジーンと来ました
富田さんへ^^ (タッチ)
2016-10-10 13:24:32
気が付けば50年なんて”あっ”という間で、人の人生って意外に短いもんですね。

一番下の写真は”やすべえの婆”とみんなに慕われたカズやのばあちゃんで、ラーメンやカキ氷をしょっちゅう子供の頃食べにいきました。

私が生まれたばかりの時もこうしてやすべえの婆に抱っこされて写っているということは、この建物は私の人生と共にあったんだと思い、非常に感慨深いものがありました。

あの頃はよかった・・・

子供たちもたくさんいて、

大人も子供も、みんながひとつだったような気がする。


人に歴史あり。

建物にもそれぞれ歴史がありますね


いつもブログ見ていてくださり、ありがとうございます。

また、家族でお邪魔させてもらいますね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。