TERRY

Field Of Dreams

10月の憂い

2016-10-17 18:38:12 | 日記




  

   私は退屈な人間だと思う。コミュニケーションも面倒。
   
    でも楽しいことが好き。

   でも浮いてる。

   参加するのもいや。

   今日は私を恋人のように扱う人とご飯を食べに行って、
  
   (世間でいえば立派な恋人だけど)

   その人が久々、そしてまたもや、

   イメージで人のことを評価した。

   その瞬間、この人はだめだ、と思う。


    また。

    おっさんて若くてきれいな子が好き。

    それすらあまりに下らないというのに、

    それによる偏見。

    私もその女の人のことは、きっちり仕事をするさっぱりした人で

    とても好感を持ってる。

    はじめ、お客さんの愛人と聞いたときは、

     店には奥さんも来るのになんて無神経な、と嫌な気持ちだったけど、

    会ってみるといい人で、どうでもいいか、と今は思っている。

    
     でも、週2日、適当な時間に出勤してくる、ホステス気分なところもある。

     それを職場の仲間、と思うのはいつも違和感。

    ラインで遅刻の知らせを社長にしている。


     その社長が、私の恋人なんだけど。

     公私混同も甚だしいのは私も同じだから人のこと言えないのかもしれない、

     けど仕事は別。


    ほかの人がお客さんにしてあげたことを、

    「評判がいい」と言って別の人の応対だと思い込むなんて。


    もうびっくり。


     ろくに見てないのに勝手に評価するところ、

     最初からすごく嫌悪感を感じた。



     こんなことで、私はもう心の中で隣の国くらいの距離を取る。


     だから、いつまでも恋人は他人。

     向こうにとってはそうじゃないのだろうけど、私はそう。


      なんだこの人軽率なうえに軽いな。そう思う。


     そういう部分があること、それを時々は、やめようとしてること。

    
      それで長々続いてる。


     だけど今日も思った。

      この人ともかかわりたくない、私の代わりはいくらでもいる、その程度。

      仕事もそう、一緒にやっていこうという気持ちじゃない。

     人のことコマだとしか思ってない。

 
       仕事もやめて、別のことがしたい。

      
      本当にそう思う。

      私は、一緒に何かやっていこうと思ってるけど、

      まるで相手は、ただの愛人みたいに軽く考えてるのか、

      と思うとそもそもそんな人好きでも嫌いに決まってる。

     もう何度も考えてきたこと。


      単に自分が自立できないからできないだけ。

      かといって私は、自分が自立したから相手を捨てるとかそんなことは思ってない。


      今年、来年はどうしよう。

      心の自由が私にささやく。



      アネモネの丘を自由に走りたいって。


      自分を好きにしてくれる、「何か」を持つこと。

      それは自分次第。そして憂鬱。













     
     



     

  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ |   

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。