日暮しの種 

経済やら芸能やらスポーツやら
話題はてんこ盛り

悩みは深かろうとも、未来への橋を渡れ

2017-05-13 08:45:00 | 編集手帳

5月9日 編集手帳

 

 運動会の華、
綱引きのかけ声では「オーエス」が知られている。
諸説ある語源のうち、
「旗を揚げよ」という意味のフランス語「オー・イス」(Oh hisse)が有力だという。

欧州の安定が損なわれるのを恐れていた国際世論は、
揚がった“旗”に安堵(あんど)の息をついている。
フランス大統領選の決選投票で、
親・欧州連合(EU)派のマクロン前経済相が当選した。

「自国第一」主義という内向きの世界的な潮流はひとまずくい止められたが、
EU離脱論者で極右・国民戦線のルペン氏が約34%もの票を集めた衝撃は小さくない。
雇用や生活をめぐる不満と怒りがもたらした亀裂は深刻である。

分断された国民のあいだに、
いかにして融和の“橋”を架けるか。
39歳の若さと、
恋愛伝説が物語る情熱と、
「財務のモーツァルト」とも称賛された頭脳と――そのすべてが試されよう。

詩人アポリネールは歌っている。
〈わたしは思い出す/悩みのあとには楽しみが来ると〉(『ミラボー橋』、堀口大学訳)。
悩みは深かろうとも、
未来の楽しみを信じて渡らねばならぬ橋である。
その人に「オーエス」の一語を贈る。

 

 

ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
« アメリカ人も夢中?究極のヘ... | トップ | “アウシュビッツ”どう伝える ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。