日暮しの種 

経済やら芸能やらスポーツやら
話題はてんこ盛り

神様の手帳には何連勝と書かれてある?

2017-07-01 06:00:00 | 編集手帳

6月28日 編集手帳

 

 阪神タイガースの往年のエース、
背番号「28」江夏豊投手を評して言う。
〈江夏は完全数を背負った選手だった〉。
小川洋子さんの小説『博士の愛した数式』である。

「完全数」とは、
自分自身を除き、
割り切れる数をすべて足し合わせると自分自身に等しくなる、
そういう数字のことをいう。
いちばん小さい完全数は6(=1+2+3)で、
次が28(=1+2+4+7+14)である。

「完全数の“28”には愛着があります」。
30年間にわたって28連勝の記録を守りつづけた将棋の神谷広志八段(56)がいつぞや、
スポーツ報知で語っていた。

神谷八段ならずとも、
少し前まで、
28連勝は誰の目にも難攻不落、
天下無敵の完全数と思えただろう。
それを中学3年生の最年少棋士、
藤井聡太四段(14)があれよあれよという間に打ち破り、
無傷の29連勝を成し遂げてしまった。
“あれよ”疲れの日々の、
何と胸ときめくことよ。

数字の秘密を問われて、
小説の登場人物は語る。
答えは、
〈神様の手帳だけに書いてある〉と。
その手帳には、
さて何連勝と書かれているのだろう。
28の次の完全数は496だという。
まさか、
ね。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 欧米からの旅行者 ②地方に呼... | トップ | 一体、 いつの時代の出来事だ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。