日暮しの種 

経済やら芸能やらスポーツやら
話題はてんこ盛り

「殺人狂」は加害者だ 肉親を理不尽に殺された遺族ではない

2016-10-16 07:45:00 | 編集手帳

10月12日 編集手帳

 

 菊池寛の句を思い出す。
〈故人老いず生者老いゆく恨(うらみ)かな〉。
青春を知らず、
恋を知らず、
遺影のなかで子供たちはいまもあどけない表情のままだろう。
大阪教育大付属池田小学校で8人の児童が凶刃の犠牲になった事件から15年がすぎた。

犯人の男に死刑判決が言い渡されたとき、
遺族は「“8人の天使たち”の親の想(おも)い」と題する共同談話を発表している。
一日も早い死刑執行を願う、
と。
その人にいわせれば、
これも“ばかども”の談話になるらしい。

「殺したがるばかどもと戦ってください」。
死刑制度に関するシンポジウムに瀬戸内寂聴さんがビデオメッセージを寄せ、
死刑廃止論者を激励したという。

殺したがるばかならば、
殺人狂だろう。
肉親を理不尽にも殺された遺族が加害者に命で償ってもらいたいと願ったとして、
どうして殺人狂呼ばわりされねばならないのか。
死刑廃止に傾ける熱情には敬意を表するが、
心ない発言といわざるを得ない。

「あなたのお父さんやお母さんは、
 ばかです。
 死刑でひとを殺したがるばかどもです」。
心が痛まぬのなら、
遺影の目をみつめて語りかけてほしいと思う。

『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 豪 ドッグレース廃止発表の波紋 | トップ | その答えは友よ 風に舞っている »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。