日暮しの種 

経済やら芸能やらスポーツやら
話題はてんこ盛り

ビートルズ 名盤50周年 作品は時代を超えて

2017-06-20 06:15:00 | 報道/ニュース

5月27日 おはよう日本


20世紀を代表するバンド
ビートルズ。
その作品の中でもとりわけ完成度が高いと言われるのが
アルバム「サージェント・ぺパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」である。
このアルバムが発表されてから50年。
当時は革命的とされた作品は
今も時代の象徴として人々を魅了し続けている。

ポピュラー音楽史上 屈指の名盤と言われる Sgt,Pepper"s Lonly Hearts Club Band。
1967年にリリースされたこの作品は
アルバム全体で1つの作品と位置付けられる
“トータルアルバム”という概念を確立したとされている。
5月26日
50周年の記念盤が世界中で同時に発売された。
最先端のデジタル技術で臨場感あふれる音を実現したというこのアルバム。
大量に仕入れたレコード店では
(客)
「聴くのが待ち遠しいよ。」
「手に入らないかもしれないから
 初日に買いに来たよ。」
アメリカ ロサンゼルスのビートルズの専門チャンネル。
「きょうは2017年5月26日。
 50周年記念盤が発売される日だ。」
(ラジオDJ クリス・カーターさん)
「50年も経って誰が聴くのだろうと思うかもしれないけど
 実際には音が新鮮になってみんな聴くんだよ。」
このアルバムは
マルクスやボブ・ディランなど
時代を象徴する人たちを配置した印象的なジャケットでも知られている。
デザインを担当したアーティストのジャン・ハワーズさん。
どんな人物を登場させるのかさまざまな意見が飛び出し
ジョン・レノンは当初
キリストとヒトラーを置きたがったという。
(アーティスト ジャン・ハワーズさん)
「ちょっとやりすぎだった。
 彼も若くて浅はかなところがあったんです。」 
実はビートルズの選んだリストには女性はおらず
12人の女性はハワーズさんたちのアイデアで後から加えられた。
ハワーズさんは
「色鮮やかなジャケットはビートルズが体現していた時代の雰囲気を上手くとらえていた」と振り返る。
(アーティスト ジャン・ハワーズさん)
「幸福感・成長・完全雇用
 そんな雰囲気の時代で
 ビートルズはその象徴だった。」
当時の若い想像力やエネルギーがつまった作品は
50年が経った今でも特別な存在であり続けている。



ジャンル:
芸能
コメント   この記事についてブログを書く
« 博覧会も盛況!中国のペット... | トップ |  “家電に商機あり” 新興メ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。