日暮しの種 

経済やら芸能やらスポーツやら
話題はてんこ盛り

防衛相の寝言・たわごと

2017-07-08 06:30:00 | 編集手帳

6月30日 編集手帳

 

 〈寝テ居ルモ奉公ナリ〉は江戸期の儒学者、
荻生(おぎゅう)徂(そ)徠(らい)の説である。
『太平楽』という文章に書いている(岩波書店『日本思想大系36』)。
ぐうたら寝てばかりの家臣でも、
何かの役には立っている、
と。

天下太平の世はそれでいいが、
核ミサイルだ、
領海侵入だ、
と天下不穏のご時世にはそう寛容でいられない。
ましてや国の安全保障を所管する人である。
へたに起きていて何かしゃべられるよりは、
〈寝テ居ルホウガマシ〉の大臣は困りものだろう。

「(自民党候補の当選を)防衛省、
 防衛相、
 自衛隊としてもお願いしたい」

稲田朋美防衛相が都議選の応援演説で発言した。
閣僚を含む公務員が地位を用いて選挙運動をすることは公職選挙法が禁じている。
あまつさえ、
政治的に中立の自衛隊を一族郎党のように扱うのは、
寝言、
たわごとに等しい。
「寝ていろ」と言うべきか、
「起きろ」と言うべきか、
安倍首相も指示に迷うだろう。

ひとつ訂正がある。
冒頭に引いた徂徠の著述を『太平楽』と書いたのは誤りで、
『太平策』が正しい。
緊張感の乏しい政府・自民党の“太平楽”に感染し、
間違えてしまった。



『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 人手不足 働き方を変える企業 | トップ | あの日の上田監督 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

編集手帳」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。