日暮しの種 

経済やら芸能やらスポーツやら
話題はてんこ盛り

その答えは友よ 風に舞っている

2016-10-16 08:15:00 | 編集手帳

10月15日 編集手帳

 

 ある出版社が文学全集の刊行を企画した。
松本清張作品の扱いが議題にのぼったとき、
編集委員の一人である三島由紀夫は言ったという。
「清張作品を入れるなら、
 私は編集委員を降りるし、
 わが作品の収録も断る」と。

純文学と大衆文学の壁をめぐる昭和30年代の文壇こぼれ話である。
時は移り、
もっと高い壁の消える時代らしい。
米国の歌手ボブ・ディランさん(75)がノーベル文学賞に選ばれた。
清張論争など、
今は昔の物語だろう。

英語の不得手な小欄にはその歌詞が文学か否かは見当もつかないが、
地上の数限りない人々の人生を伴走した偉大な芸術に違いない。
壁を乗り越えたスウェーデン・アカデミーの勇気に敬意を抱く。

歌人の島田修三さんに一首がある。
〈さかしまに歳月ゆかなボブ・デイラン聴き呆(ほう)けてた俺とは何だ〉
(歌集『晴朗悲歌集』)。
歳月を逆さまにたどりたい、と。
下宿の三畳間。
夜更けの公園。
学生街の喫茶店…。
「あの頃の私とは何だったのか?」という問いを胸に抱いて、
きのうは遠い日の自分を訪ねる心の旅に出かけた人もあったろう。

♪ その答えは友よ、
  風に舞っている。


ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 「殺人狂」は加害者だ 肉親を... | トップ | “人工流れ星”開発中! »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。