大いなるメコンのほとりで

メコン河のほとりにあるラオスの首都ビエンチャンに滞在する著者が、日々感じることをつれづれなるままに書き綴るブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メコンの火の玉

2006年10月09日 | Weblog

ラオスは10月7日がオークパンサーと呼ばれる仏教行事の日で、                               その翌日がボートレース大会でした。

オークパンサーの日にはメコン河から火の玉があがるとの話があります。                               (地球の歩き方にも書いてます) 

これはメコン河に住む水竜ナーガーが吐く火の玉という伝説だそうで、                         多くのラオス人が目撃しており、本当にそうだと信じている人もいれば、                           自然現象という説や、やらせではないかという、いろいろな説があります。

その事実を確かめるべく、オークパンサーの日に火の玉がでるという                           ビエンチャンから東に約60キロのパヤニャー村に徹底取材に行ってきました!

その村にはほうぼうから人が見学に集まるようで                                                入り口ではしっかり1万キップ(約100円)の入場料もとられました。

いざ村に入ってみるとみんな川岸にござを敷いて何やら食べたり飲んだりしてます。                         我々のグループも場所を確保して火の玉を待ちました。 

やがて暗くなるとなにやら歓声が!                                               火の玉かと思って見ると、対岸のタイ側からあがっている花火でした。

その後もちょくちょく歓声はあがるのですが、火の玉はやってきません。。。                         しかしラオスの人達もあまり火の玉を気にしているようではなく、                                       宴会で盛り上がっています。        

これは「花より団子」ならぬ、「火の玉よりビアラオ」でした。

結局3時間くらい村にいましたが急に雨が降ってきて我々も含めて一同退散。                     結局伝説の火の玉を見ることはできませんでした。。。

でも灯篭流しのようにろうそくをつけた草花の船をメコン河に流して幸せを祈ったりと              ラオスの仏教行事を体験することができ、また何でも祭りは楽しむラオス人を見る                         ことができてなかなかおもしろい経験となりました。            

火の玉の謎は今回はわからなかったですが、どなたかぜひ解明してみてください!

 

 

コメント (20)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ラオスのKFC!

2006年08月07日 | Weblog

KFCといえばケンタッキーフライドチキン

世界中に展開しているフライドチキンのチェーン店ですね。                               お隣りの国タイでもいっぱいお店があります。

 

さてここラオス・ビエンチャンにもKFCがあるんです!

、、、といっても、ケンタッキーではありません。                                                   ここラオスではケンタッキーもないし、マクドナルドもないし、もちろんスタバなんてありません。

 

ラオスのKFC、それはクービエンフライドチキンの略なのです。

 

ビエンチャンにはクービエン通りという名の通りがあり、その通りに面してこのKFCはあります。                          

味はケンタッキー以上というウワサを前から聞いていたのですが、ついに本日食べに行ってきました!

 

一口食べて、う、うまーい!    

ころもはさくっと揚がっているし、鳥自体がとてもやわらかくて、風味がある!      

そうここラオスの鳥はブロイラーではなく地鶏なので、とっても素材がおいしいんです。

 

上の写真がラオスのKFCのセットメニュー(といってもこの鳥とポテトのセットのみ)で                   お値段約100円とお買い得!     

ぜひオススメなので食べにきてください!!

   

コメント (1)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

本格的雨季到来!

2006年07月30日 | Weblog

サバイディー、ラオスにやってきまして早いもので1年が経ちました。

ここのところバタバタと忙しくて、久し振りの投稿となりましたが、                          ビアラオを飲みながら、元気にやっております。

 

さてラオスでは5月から10月頃までが雨季の季節ですが、                                ただいま雨季まっ最中で、毎日のように雨が降っております。

そして雨季といえば稲作の季節ということで、                                        ラオスではほとんど天からの恵みの雨で稲作を行なっており(天水農業)、                         5月から6月にかけていたるところで、田植えの光景が見られます。                        

ラオスの田植えの基本は昔ながらの手植えが中心で、                                 家族総出で田植えをしている姿を見ると、なんとなく懐かしい気持ちになります。

 

上の写真は6月にラオス北部の中国とミャンマーの国境の町、                            ルアンナムターに出張に行った際に撮影したものです。                                     まさにこれから田植えをしようという準備中の田んぼです。

 

収穫の季節は10・11月頃、このころは田んぼが黄金色に輝きとても美しいです。                またこの時期の新米のもち米(カオニャオ)はとても香りが良くておいしいのです。                     早くも収穫の季節が楽しみ!                                            

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ラオス人のエクササイズ(2)

2006年05月03日 | Weblog

サバイディーピーマイ!                                        (ラオスの新年明けましておめでとうございます)

ということでラオスでは4月中旬が新年でして、                             そのときは水かけ祭りがあったりと盛大にお祝いがあったのでした。

私も正月ボケ、、、というわけでもなく、バタバタと忙しく                       しばらくぶりの投稿となってしまいました。

ラオスの正月ネタについてはまたの機会に紹介するとしまして、                  今回は前回に引き続きラオス人のエクササイズ(2)を紹介します。

 

第二弾はメコン河沿いでのエアロビクスです。 

メコン河に沈む夕日が美しく見える時間帯に、メコン河沿いを散歩してますと、        どこからともなく大音量のノリノリの音楽が。。。

近づいてみると、メコン河沿いにある屋根つきの広場で、                 テンポの良い音楽に合わせて踊っているたくさんの人々が。

日本だとエアロビはレオタードをきてやったりするものなのですが、                こちらラオスでは皆思い思いの服装で、かつ踊りもマイペースで踊ってます。        ラオス人に混じって外国人の姿もけっこう見ます。                               それを珍しそうに写真をとる観光客の姿も見受けられます。

隣の国タイでは国をあげてエアロビが流行っていると聞いたことがありますが、   こちらラオスでも負けておりません。

ぜひラオスに立ち寄りの際には、様子を見に、いやノリノリで踊りに来てください!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラオス人のエクササイズ(1)

2006年04月09日 | Weblog

運動不足の解消に、私は趣味のサイクリングやランニングを                   ラオスでも行なっています。

さてそれではラオスの人、特にビエンチャンの人達は                     どのような運動を行なっているか、それを紹介したいと思います。

 

第一弾は凱旋門(パトゥーサイ)の周りのウォーキングです。

凱旋門の周りは噴水や緑がきれいに整備されている公園のような感じなのですが   ビエンチャンの人達は夕方涼しくなってくると、上の写真のように                  凱旋門の周りの広場をぐるぐるとウォーキングします。

ポイントはウォーキングということで、ランニングする人がいてもいいと思うのですが   ほとんど走っている人はいなく、みな自分のペースで歩いているのです。        

一人もくもくというより友達や家族と一緒におしゃべりしながら歩いているのも      ラオスらしい特徴だなーと思います。

私は時々この周りを走るのですが、外国人が一生懸命走っているのをみると          ラオスの人達からの注目度は満点です。

 

今回は第一弾ということで、そのうちに第二弾を紹介したいと思うので          楽しみにしていてください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラオス紹介のTV番組始まります!

2006年04月06日 | Weblog

サバイディー、こちらラオスは一番暑い「暑季」の4月がやって来ました。            

こちらの気象庁にあたる気象水文局の発表によると                     ビエンチャンの最高気温はここのところ37度くらいです、あー夏バテの日々。。。

さて今日は私の仕事でもあるラオスにおける国際協力について                ODA広報番組「地球サポーター」にて放送されるのでご案内いたします。

この4月・5月の毎週金曜日夜21時54分から5分程度ですが、                 テレビ東京にてラオスのJICAプロジェクトや青年海外協力隊、              NGOの活動が紹介されます。

テレビ東京なので放映範囲は関東近辺になりますが、                    視聴できる方はぜひ見てみてください。

日本にはあまりなじみのない国ラオスの雰囲気がよくわかると思います。

(ちなみに上の絵は番組ナビゲーターの関口知宏さんの書いたものです。)

<番組のホームページはこちら⇒http://www.tv-tokyo.co.jp/chikyu-s/>

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

朝のランニング

2006年03月26日 | Weblog

日頃の運動不足解消にと、今朝ランニングをしました。

以前にも紹介したかもしれないラオスの象徴とも言われる                   「タートルアン」というお寺が、家から走って10分くらいのところにあります。                                          (上の写真は昼間のタートルアン)                                            今朝はこのタートルアンの周りを1週しての約30分のコースでした。

朝日を浴びる仏塔や、濃いオレンジの袈裟を着た僧を見ると                   なんだかちょっと神聖な気持ちになります。  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あ、暑い、、、

2006年03月18日 | Weblog

ラオスはこの数週間ですごい暑くなってきました。

日本の感覚だと一番暑い時期というのは7月・8月あたりですが、              ここラオスでは4月が一番暑い時期なのです。

ラオスの季節は基本的には雨の多い雨季と雨の降らない乾季ですが、          この一番暑い4月のことを「暑季」とも呼びます。聞いているだけで暑いですね。

その暑季に向けてただいま日に日に暑くなってます。                         昼間はうだるような暑さ(おそらく35度は越えている)で、                    また乾季で乾燥していてかんなりバテバテです。

でもこの季節はまたビアラオがおいしいんですなー                        上の写真のように、メコン河に沈む夕日を眺めながらのビールは最高です!

 

(すいません、久し振りの投稿となりました。忙しかったり夏バテ?だったり、             でもまたボチボチ投稿するので、たまにのぞきにきてください)

コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

乾季のメコン河

2006年01月23日 | Weblog

ただいま乾季まっさかりのメコン河の様子を中継いたします。

本日、自転車でメコン河沿いを走っていたところ撮った写真です。              

雨季にはあふれんばかりにたたえていたメコン河が、                    11月からの乾季でぐんぐんと水位が減りまして                         現在では写真のとおり、底が見えて大きな中州ができています。               雨季のはじまる4月までさらに水位は減ることでしょう。                     

普段はゆったりと流れているように見える大河メコン河ですが、                 雨季と乾季の流れの中で大きく変化しているのですね。

乾季が終わる頃にはどのようになっているでしょう?                      また中継をしたいと思います。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

新年明けましておめでとうございます!

2006年01月17日 | Weblog

新年になりしばらく経ちましたが、今年一発目の投稿ということで                   明けましたおめでとうございます!

新年らしく最初の写真紹介は当然「初日の出」と見せかけて                メコン河に沈む夕日でございます。                         

これは乾期(11月~4月頃)に入って撮った写真ですが、                  乾期は本当に雨が降らずに毎日晴れのいい天気が続いてまして           メコン河に沈む雄大な夕日を拝むにはもってこいです。

ところで前回の投稿に書きましたとおり、年末年始は日本で過ごしました。       ラオスにいると季節感を感じないのですが、やはり正月は日本がいいですね。                                  おせち料理におもちにおいしいお酒、とっても満喫しました。    

しかしほんとに今年の日本は寒くってびっくりしました。                             ラオス的には今は寒い季節なのですが、冬の日本から戻ってくると                        一気に夏キター!という感じです。

そんなこんなで今年もマイペースにラオスの紹介をしていきたいと思いますので   よろしくお願いいたします。          

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加