メカロクの写真日記 3

花/虫/鳥 を 中心に据えた 写真日記で 「メカロクの写真日記 2」 の 後継ブログです

171128_修善寺町-6 <修善寺河周辺-2>

2017年12月26日 | その他
「171128_修善寺町」シリーズ、今日も「修善寺川周辺」の特集で、「紅葉 以外」の写真を集めます。

1.静岡県伊豆市・修善寺川周辺 171128
  竹林
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mmF2.8 PRO <12mm/F11>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 8 にて現像
燈籠の一部を太陽に重ねて眩しさを弱め、光条を大きくするために絞りは絞りたいけれど、絞り過ぎると小絞りボケ(回折ボケ)のために竹の葉っぱなど細かい部分が不鮮明になるため、日ごろの最小絞り(F8)より1段だけ絞って F11 としています。


2.静岡県伊豆市・修善寺川周辺 171128
  竹林
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mmF2.8 PRO <12mm/F11>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 8 にて現像
2枚目は、1枚目の後で絞りを戻し忘れて、F11 のままになっていました(汗)
昨日は書き漏らしましたが、昨日の3枚目も同じミスを犯していました。


3.静岡県伊豆市・修善寺川周辺 171128
  タケ(竹)の仲間 「モウソウチク(孟宗竹) ?」
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F5.6>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 8 にて現像


4.静岡県伊豆市・修善寺川周辺 171128
  熟柿
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F4.5>
  「深度合成」モード/フォーカスステップ2
  カメラ内で「深度合成」した JPEG 画像を SILKYPIX Developer Studio Pro 8 にて現像
4~6枚目は、ギャラリーしゅぜんじ回廊で折り返して直ぐの楓橋の袂で、水上側にある熟柿を見付け、4枚目は熟柿をそのまま「深度合成」撮影したものですが・・・


5.静岡県伊豆市・修善寺川周辺 171128
  ウラギンシジミ(裏銀小灰蝶/裏銀蜆)
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F4.5>
  「深度合成」モード/フォーカスステップ2
  カメラ内で「深度合成」した JPEG 画像を SILKYPIX Developer Studio Pro 8 にて現像
5枚目は、別の枝の熟柿に留まって居た(吸蜜中 ?)裏銀小灰蝶を、同じく「深度合成」撮影したものです。


6.静岡県伊豆市・修善寺川周辺 171128
  ウラギンシジミ(裏銀小灰蝶/裏銀蜆)
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F5.6>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 8 にて現像
6枚目は、その後で同じ裏銀小灰蝶を通常撮影したものですが、比較して見ると、5枚目の方が、絞りを少し開けているにも拘らず、明らかに精細で、かつ質感も良いと思いますが、如何でしょうか?


7.静岡県伊豆市・修善寺川周辺 171128
  水飛沫
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F4.5>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 8 にて現像
7枚目は、駐車場を出て直ぐ、川の急流部で飛び散っていた水飛沫です。
掲載は「修善寺川周辺」特集の最後ですが、実は最初に撮ったものということですね(笑)
コメント

170328/0403_篠原の里-10 <隠花植物/植物 以外>

2017年04月18日 | その他
「170328/0403_篠原の里」シリーズ、最終回の今日は「隠花植物」と「植物 以外」の特集で、60mm MACRO で「深度合成」撮影した写真/サンヨンで通常撮影した写真/サンヨンで「深度合成」した写真・・・と、被写体と同様に多彩です。

1.相模原市緑区・篠原の里 170328
  霜の花 <ツクシ(土筆/ツクシンボ/筆の花/ツクヅクシ)>
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO <F8.0>
  YN160s(LED ライト)
  「深度合成」モード/フォーカスステップ5
  カメラ内で「深度合成」した JPEG 画像を SILKYPIX Developer Studio Pro 7 にて現像


2.相模原市緑区・篠原の里 170328
  着露苔
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F4.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 7 にて現像


3.相模原市緑区・篠原の里 170328
  霜柱
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO <F5.6>
  YN160s(LED ライト)
  「深度合成」モード/フォーカスステップ5
  カメラ内で「深度合成」した JPEG 画像を SILKYPIX Developer Studio Pro 7 にて現像


4.相模原市緑区・篠原の里 170403
  テングチョウ(天狗蝶)
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F4.5>
  「深度合成」モード/フォーカスステップ2
  カメラ内で「深度合成」した JPEG 画像を SILKYPIX Developer Studio Pro 7 にて現像
ピントを合わせた位置が不適切だったようで、暈けて欲しい背景がハッキリ写り、ハッキリ写って欲しい翅の一部が暈けてしまいました(汗)


5.相模原市緑区・篠原の里 170328
  ホオジロ(頬白) ?
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F8.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 7 にて現像
構えた途端に飛び出したので、「プロキャプチャー」モードを使う暇もありませんでした。
コメント

151207/17_小出川-8 <その他>

2016年01月02日 | その他
「151207/17_小出川」シリーズ、今日は「その他」、つまり、今までに掲載した「深度合成」「ピラカンサ」「紅葉」「キク科の草本」以外の特集で、やはり、全て BORG 36ED で撮った作例です。

1.茅ヶ崎・小出川 151207
  枯花 <マリーゴールド>
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
上の説明で「キク科の草本」以外というのがありますが、いきなり、「キク科の草本」特集の際に分類を間違えて積み残してしまった、「キク科の草本」のマリーゴールドです(汗)


2.茅ヶ崎・小出川 151207
  コサギ(小鷺)
  OLYMPUS E-M1
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


3.茅ヶ崎・小出川 151207
  自衛隊機
  OLYMPUS E-M1
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
気付いてからモタモタしていたら、撮影できたのは2枚だけで、しかも、プロペラが止まってしまいました(汗)
でも、絞りのない BORG ですから、ISO 200/SS 1/2000 では、ND フィルターを使う以外に SS を遅くする方法は ISO を 100 にするしかなく、これで SS を 1/1000 に下げても、五十歩百歩でしょうね。
コメント

151116_小田急山のホテルと周辺-1 <非生物>

2015年12月12日 | その他
「速報」はサボってしまいましたが、11月16日(月)には、毎年恒例の「紅葉撮影行(箱根/南足柄)」を行いましたので、昨日完結の「151115_芹沢/茅ヶ崎里山公園」シリーズの後継は、この撮影行の最初の訪問地である「151116_小田急山のホテルと周辺」シリーズとし、初回の今日は、「紅葉」ではなく「非生物」の特集とします。

1.箱根・芦ノ湖 151116
  早朝風景
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mmF2.8 PRO <12mm/F3.2>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
このところ毎年撮っている、山のホテルの直ぐ傍の芦ノ湖の早朝風景ですが、今年は霧が殆ど発生していませんでした(涙)


2.箱根・芦ノ湖 151116
  早朝風景
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mmF2.8 PRO <24mm/F4.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


3.箱根・小田急山のホテル 151116
  街灯
  OLYMPUS E-P5
  BORG 50mmF2.8(引き伸ばしレンズ)+新ヘリコイド <F4>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
これまたお馴染みになった、山のホテルの庭園にある照明です。
庭園にあるので「庭園灯」というのが正しいのかも知れませんが、旧き良き時代の街灯をイメージして「街灯」としました。


4.箱根・小田急山のホテル 151116
  街灯
  OLYMPUS E-M1
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
コメント

150520_オリンパス ズイコークラブ 東京支部 <例会>

2015年06月23日 | その他
ここの「お知らせ」の通り、6月20日(土)に開かれた オリンパス ズイコークラブ 東京支部「例会」の「講師選」で「推選」を頂きましたので、受賞作をご紹介します。

OZC 東京の「例会」では、次のような手順で、コンテストが開催されます。
 1.必要事項を記入した「例会出品票」を貼付した写真を、「例会担当幹事」に提出。
   *提出写真は2点まで。
   *今年度から、単写真のみとし、組写真は受付けない。
 2.「例会担当幹事」は、必要な記録などを行った後、提出写真を机上に並べる。
   *「例会出品票」は、「作者」は見えず「画題」が見えるように貼付されている。
 3.<互選>:会員は、自分の提出分以外のお気に入りの写真3点を選び、投票する。
   *投票は、「投票用紙」に印刷された番号に丸印を付けて提出する。
 4.<講師選>:講師の先生が、次の「入選作品」を選ぶ。
   *推選(1点)
   *特選(2点)
   *準特選(3点)
   *入選(10点 ?)
   *佳作(10点 ?)
 5.「例会担当幹事」は、上記4.の間に、上記3.の<互選>の投票結果を集計し、
   次の「入選作品」を決める。
   *一席(1点)<同点の場合は、複数>
   *二席(1点)<同点の場合は、複数>
   *三席(1点)<同点の場合は、複数>
   *四席(若干)
   *五席(若干)<「該当者なし」の例あり>
 6.講師の先生が、<講師選>分について、上位から講評。
 7.講師の先生が、<互選>分の「一席」~「五席」について、上位から講評。
   (<講師選>の「入選作品」との重複分は、紹介のみで講評はなし)

【提出写真】
今年度から、<単写真>のみの受付けに変更されたので、<単写真>2点を提出したところ、片方が「講師選」で「推選」を頂きました。

「紫陽花の涙」
  茅ヶ崎・芹沢 150612
  水滴 <アジサイ(紫陽花/アズサイ/ヨヒラ/四片)>
  OLYMPUS E-M5
  M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 改(前玉外し) <27mm/F11>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


この作例は、トーンカーブ(RGB)の左下端を左上端に、右下端を右上端にドラグすることで色相や明度を反転(ネガ化)してから、トーンカーブ(R/G/B それぞれ)や各種パラメータを調整したものです。

講師の先生の講評は、次のようなものでした。
 *何を手掛かりに選んだかというと、この作品が一番「額に入れて家に飾りたいなぁ~!」と
  思ったことですね。
 *綺麗ですよね。
 *で、丁度今ですよ! なんかその時の自分の感情ってありますよね。
  ・これをクリスマスの時に見ても、そうは感じないと思うんですよ。
  ・春頃の写真を出しておられる方が居ましたが、それは春に出さないと損をしますよね。
 *花って、割とメリハリがついている写真が多い中で、この低~いコントラスト、割とベタッとした
  中で、こんなに美しく仕上げる遣り方もあるんだな! という点を見て頂きたいと思います。
 *オリンパスのカメラでいうと、4:3 の比率で撮れていますが、そこを真四角に切り取る・・・・
  ・全てを 4:3 のまま使わなくてもイイっていえばイイんですよね。
  ・ご自分で考えられた枠取りというのが 1:1 で、収まりもイイですよね。
  ・画面の中で、こう(対角線状に)流れている、素晴らしい感覚だと思います。
コメント (2)

150517_昭和記念公園-5

2015年06月20日 | その他
「150517_昭和記念公園」シリーズ、今日は最終回です。

高宮葵さん、吉岡先生、幹事のみなさん、ありがとうございました。

1.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 <F4.5>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


2.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 <F4.5>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


3.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 <F4.5>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


4.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 <F4.5>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


5.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 <F4.5>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


6.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 <F4.5>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


7.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mmF2.8 PRO <31mm/F2.8>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


8.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mmF2.8 PRO <12mm/F2.8>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
コメント

150517_昭和記念公園-4

2015年06月19日 | その他
「150517_昭和記念公園」シリーズ、昨日までは昼食前に撮った作例でしたが、今日からは昼食後に場所を移して撮った作例です。

1.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 <F2.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


2.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 <F2.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
足の先が切れることは撮影時に気付いて、少しずつにじり下がったのですが、下がり切れませんでした(汗)
どうせ切るなら、背中を切った方が良かったかも・・・?


3.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 <F5.6>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
ここからは、折角の明るいレンズを F5.6 まで絞って撮っていますが、ここにないカットで絞ってそれを忘れたか、或いは操作ミスで絞ってしまったのにそれに気付かず、そのままの「絞り値」で撮り続けたもののようです。
何れにしても、ファインダー内に表示されている「絞り値」を確認していれば防げた訳で、注意不足の謗りは免れませんね(汗)


4.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 <F5.6>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
このため、4枚目以降は、「ISO-AUTO」の上限として設定した [ISO 1000] まで跳ね上がっていて、少しノイジーになってしまったものもあります(涙)


5.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 <F5.6>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
4枚目以降は、モデルさんに注文を出す権限がある「メイングループ」のときの作例であることは勿論ですが、この時は(周りを見る余裕はありませんでしたが)多分、同グループの他の二人は殆ど撮っておられず、私の「モデルさん一人占め状態」だったようです。


6.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 <F5.6>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
「モデルさんに指示を出す権限がある」とはいっても、経験のない者にはなかなか難しくて、右手人差指で視線を逸らすようにお願いした(多分、明日の1枚目)ことくらいしかなく、殆どモデルの高宮さん任せでした(汗)


7.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 <F5.6>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


8.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 <F4.5>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
コメント

150517_昭和記念公園-3

2015年06月18日 | その他
「150517_昭和記念公園」シリーズ、今日は、幹事さんが用意されていた小道具を使っている高宮さんです。

1.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mmF2.8 PRO <12mm/F2.8>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


2.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL 45mmF1.8 <F2.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


3.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL 45mmF1.8 <F2.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


4.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL 45mmF1.8 <F2.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


5.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL 45mmF1.8 <F2.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


6.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL 45mmF1.8 <F2.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


7.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL 45mmF1.8 <F2.8>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
コメント

150517_昭和記念公園-2

2015年06月17日 | その他
「150517_昭和記念公園」シリーズ、2日目の今日だけ、この日使った3本のレンズが全て登場します。

1.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL 45mmF1.8 <F2.2>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
1枚目は、MZD 60mm MACRO で撮ったドアップで、現像も他とは異なり、やや暗めでシャープと、善し悪しは別にして、ある意味「最もメカロクらしい1枚」といえそうです。


2.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-P5
  TAMRON SP 90mmF2.8 Di MACRO8 <F2.8>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
2枚目と3枚目は、TAMRON 90mm MACRO で撮ったもので、「ぴいかん」で、かつ、確かレフ板が当てられていなかった筈のため、現像時にかなり抑えた心算ですが、コントラストが高く、顔にできた影がやや目立ちます(汗)


3.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-P5
  TAMRON SP 90mmF2.8 Di MACRO8 <F2.8>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


4.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mmF2.8 PRO <32mm/F2.8>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
4~7枚目は、MZD 12-40mm ZOOM を使い、モデルさんのジャンプを高速連写した中の、連続した4枚です。
こちらは、2・3枚目以上に、顔にできた影が目立ちます(汗)


5.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mmF2.8 PRO <32mm/F2.8>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
ジャンプに合わせてレンズを上に振ったのですが、振り過ぎて足の先が切れてしまいました(汗)


6.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mmF2.8 PRO <32mm/F2.8>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


7.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mmF2.8 PRO <32mm/F2.8>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
コメント

150517_昭和記念公園-1

2015年06月16日 | その他
こちらの「お知らせ」の通り、5月17日(日)には、私がオリンパス ズイコークラブ 湘南支部に入会後初めてのモデル撮影会となった「2015 春の撮影会」参加のため、数年振りに昭和記念公園に行って来ましたので、一昨日完結の「150502/16_芹沢」シリーズの後継は「150517_昭和記念公園」シリーズとします。

この日は、折角昭和記念公園まで出掛けるのだから花も撮る心算で、レンズも色々持ち出しましたが、モデル撮影は、私のメイン被写体である植物や水滴の撮影とは全く勝手が違い、戸惑いもし疲れもしたので、結局モデルの高宮葵さん以外には、撮影会の状況写真を数枚撮っただけで、他のものは1枚も撮らず、使ったレンズも3本だけで、他のレンズはダンベルの代わりを務めただけでした(笑)

掲載は、原則として単純に撮影順に並べた5回の連載とし、いつものような「特集」は設けません。

実をいうと、私は、50年余り前に1~2度、屋外で行われたモデル撮影会に参加した記憶があるだけで、それ以来モデル撮影は皆無、家族や友人などのポートレート撮影も殆どなく、従って、ポートレートのイロハも殆ど知らないので、撮影/現像前に捨てるカットの選択/現像/投稿するカットの選択などの各段階で、四苦八苦しました(汗)

という訳で、各カットについてのコメントも殆ど書けませんので、ご自由にご覧のうえ、ご感想やご助言を頂けると幸いです。

なお、この撮影会が実施されるまでの経緯や撮影会の進め方については、モデルの高宮葵さんが、ご自身のブログ「高宮葵の夕霧亭」の「2015.06.01.Mon」(*1)で纏めてくださっていますので、ご覧ください。
 *1:現時点で 14 ページ目ですが、次々と後にずれて行き、14 ページ目にリンクしても他の記事に
   置き換わってしまうため、当該記事へのリンクは諦めました。
   ・現時点の URL は http://aoitakamiya.blog.fc2.com/page-14.html ですので、ここ数日の間
    なら、前記 URL をクリックして、別の記事が開いたら「次のページ」を何回かクリックして
    頂くと、当該ページに早く辿り着けそうです。
 *因みに私のグループは、3名でした。

1.立川・昭和記念公園 150517
  撮影会の実施状況
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mmF2.8 PRO <12mm/F2.8>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
撮影会の実施状況で、ご覧の通り、レフ板も用意されています。
この時の、モデルさんに注文を出すことができる「メイングループ」のメンバーは、右から3人目の左奥にしゃがんでいる人たちで、手前に緑の前ボケを入れて撮っていたと記憶しています。
つまり、手前に大きく写っている人たちは、モデルさんに注文する権限のない「脇撮り」3グループのメンバーです。


2.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL 45mmF1.8 <F2.2>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
殆どの画像は、現像の際に、肌の黄色味を抑えて赤味を増していますので、服の色も実際よりもかなり赤味がかっていると思います。


3.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL 45mmF1.8 <F2.2>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
また、殆どの画像は、いつもよりも、精細さやコントラストを抑えているのですが、未だ鮮明過ぎるかも?


4.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mmF2.8 PRO <12mm/F2.8>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


5.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL 45mmF1.8 <F2.2>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


6.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL 45mmF1.8 <F2.2>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


7.立川・昭和記念公園 150517
  高宮葵 さん
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL 45mmF1.8 <F2.2>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像

コメント

150418_オリンパス ズイコークラブ 東京支部 <例会>

2015年04月21日 | その他
ここの「お知らせ」の通り、4月18日(土)に開かれた オリンパス ズイコークラブ 東京支部「例会」の「講師選」で、<単写真>が「特選」を頂きましたので、受賞作をご紹介します。

OZC 東京の「例会」では、次のような手順で、コンテストが開催されます。
 1.必要事項を記入した「例会出品票」を貼付した写真を、「例会担当幹事」に提出。
   *提出写真は2点まで。
   *今年度から、単写真のみとし、組写真は受付けない。
 2.「例会担当幹事」は、必要な記録などを行った後、提出写真を机上に並べる。
   *「例会出品票」は、「作者」は見えず「画題」が見えるように貼付されている。
 3.<互選>:会員は、自分の提出分以外のお気に入りの写真3点を選び、投票する。
   *投票は、「投票用紙」に印刷された番号に丸印を付けて提出する。
 4.<講師選>:講師の先生が、次の「入選作品」を選ぶ。
   *推選(1点)
   *特選(2点)
   *準特選(3点)
   *入選(10点 ?)
   *佳作(10点 ?)
 5.「例会担当幹事」は、上記4.の間に、上記3.の<互選>の投票結果を集計し、
   次の「入選作品」を決める。
   *一席(1点)<同点の場合は、複数>
   *二席(1点)<同点の場合は、複数>
   *三席(1点)<同点の場合は、複数>
   *四席(若干)
   *五席(若干)<「該当者なし」の例あり>
 6.講師の先生が、<講師選>分について、上位から講評。
 7.講師の先生が、<互選>分の「一席」~「五席」について、上位から講評。
   (<講師選>の「入選作品」との重複分は、紹介のみで講評はなし)

【提出写真】
今回から、<単写真>のみ受付けに変更されたので、<単写真>2点を提出したところ、片方が「講師選」で「特選」を頂きましたので、受賞作をご紹介します。

「いざ 出陣」
  埼玉県川島町・越辺川 150202
  飛翔 <コハクチョウ(小白鳥)>
  OLYMPUS E-M1
  BORG 36ED 200mmF5.6 <F5.6>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


講師の先生の講評は、次のようなものでした。
 *素晴らしいです。
 *これねぇ~、黒バックの中にポーンと浮かび上がるじゃないですか!
  逆光なんですよね。
 *逆光って、みなさん苦手にされるかも知れませんが、逆光こそチャンスで、後ろから光が
  当たることによって、羽が透けたり、身体のラインが出るでしょ!?
  ハイライトがこういう入り方をするのは、逆光の時なんですね!
 *太陽を背にして撮るのが順光で、太陽に向かって撮るのが逆光ですね。
  天気のイイ日には、そういうところも意識してみてください。
 *これって、おそらく水面がレフ板代わりになって、下からも照らしているんですよね。
  その光の読みと、「ここら辺に来るだろう!」「ここら辺に来たらシャッターを切ろう!」と
  いう観察力も、(メカロクの)持ち味なんだと思います。

なお、「平成26年度年度賞」で「2位」を頂きましたが、これは、次の点数を1年分合計し、得点順に「10位」までが表彰される制度です。。
 講師点:推選6点/特選5点/準特選4点/入選3点/佳作2点/出品点1点(*1)
      *1:「佳作」以上の入賞がない出品者に1点与える。
 互選:一席5点/二席4点/三席3点/四席2点/五席1点
ただし、合計点数が同じ場合は、講師点累計が多い方が上位になります。
また、前年度「1位」は20点、「2位」は10点のハンデを背負います。
つまり、今年度は10点のハンデを背負うので、「平成27年度年度賞」で上位入賞するのは難しそうです。
コメント

150221_オリンパス ズイコークラブ 東京支部 <例会>

2015年02月24日 | その他
ここの「お知らせ」の通り、2月21日(土)に開かれた オリンパス ズイコークラブ(以下、OZC)東京支部「例会」で、<単写真>が「講師選」で「特選」を、<組写真>が「会員互選」で「二席」を頂きましたので、受賞作をご紹介します。

OZC 東京の「例会」では、次のような手順で、コンテストが開催されます。
 1.必要事項を記入した「例会出品票」を貼付した写真を、「例会担当幹事」に提出。
   *提出写真は2点まで。
   *組写真(3枚まで)は1点と見做す。
   *合計枚数は4枚まで。
 2.「例会担当幹事」は、必要な記録などを行った後、提出写真を机上に並べる。
   *「例会出品票」は、「作者」は見えず「画題」が見えるように貼付されている。
 3.<互選>:会員は、自分の提出分以外のお気に入りの写真3点を選び、投票する。
   *投票は、「投票用紙」に印刷された番号に丸印を付けて提出する。
 4.<講師選>:講師の先生が、次の「入選作品」を選ぶ。
   *推選(1点)
   *特選(2点)
   *準特選(3点)
   *入選(10点 ?)
   *佳作(10点 ?)
 5.「例会担当幹事」は、上記4.の間に、上記3.の<互選>の投票結果を集計し、
   次の「入選作品」を決める。
   *一席(1点)<同点の場合は、複数>
   *二席(1点)<同点の場合は、複数>
   *三席(1点)<同点の場合は、複数>
   *四席(若干)
   *五席(若干)<「該当者なし」の例あり>
 6.講師の先生が、<講師選>分について、上位から講評。
 7.講師の先生が、<互選>分の「一席」~「三席」について、上位から講評。
   (<講師選>の「入選作品」との重複分は、紹介のみで講評はなし)

【提出写真】
私は、今回も、<単写真>1点と<組写真>1点を提出しましたが、今回は、初めて双方が上位入賞しましたので、双方のご紹介になります。
なお次回(新年度)からは<単写真>のみとすることが、当日午前の幹事会で決まったそうです。

<単写真> 「やぁ こんにちは!」
  横浜市鶴見区・鶴見川 150126
  飛翔 <ユリカモメ(百合鴎)>
  OLYMPUS E-M1
  BORG 36ED 200mmF5.6 <F5.6>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


講師の先生の講評は、次のようなものでした。
 *お見事ですねぇ~! いつもながらの・・・(録音不良で聞き取れない)
 *瞬間ですとか、並びの奥行きというか全体の捉えようですね。
 *こんな状況でカメラを構えておいて、これが来たらパチッと中てられますかねぇ~!?
 *偶然とはいえ、そこでチャンと構図勘とか、自分の中の色んなものを、発揮できるということ
  ですね。
  (換言すると)こんなシーンにチャンと対応できるということですね。 素晴らしいですねぇ~!
 *沢山沢山狙っていく中で、偶然にも中るのかも知れないけれど、引寄せるのは実力ですね。

<組写真> 「天然の彫刻~水の固相三態」
1枚目(左)
  裏高尾・木下沢 150110
  霜柱
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO <F5.6>
  OLYMPUS Viewer 3 にて現像 <ポップアートⅡ/ピンホール>


2枚目(中)
  裏高尾・木下沢 141208
  霜の華
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO <F8.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


3枚目(右)
  茅ヶ崎里山公園
  薄氷
  OLYMPUS E-M1
  BORG 36ED 200mmF5.6 <F5.6>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


講師の先生の講評は・・・パスされてしまいました(涙)
コメント

140204_烏川-1 <撮影場所/白鳥 以外>

2015年02月22日 | その他
昨日で「140202_越辺(おっぺ)川とその周辺」シリーズ」が完結しましたので、今日からは、別の枠で掲載中の「140203_多々良沼とその周辺」シリーズの次の訪問地である、「140204_烏川」シリーズをお届けすることとし、初回の今日は、この初めての「撮影場所」のご紹介と、「白鳥 以外」の特集とします。

なお、「速報」では、「群馬県玉村町と高崎市の境界を流れる烏(からす)川に掛かる岩倉橋下流を初訪問しました。」とご説明、撮影地は「埼玉県玉村町・烏川」としましたが、改めて地図検索したところ、撮影地付近は、下図の通り、群馬県高崎市新町/群馬県玉村町/埼玉県上里町の境界線が入り組んでいて、最初と最後の撮影地(A)は高崎市、途中の撮影地は玉村町(B/C)であることが判りましたが、ややこしいので、撮影地は「群馬県高崎市・烏川」で代表させることとします。

 *水の流れは、この地図とは大きく変わっていて、主流は、岩倉橋の上流の「新町」と表示されて
  いる辺りから A > C > B > D のルートで流れているようでした。
 *新町は高崎市の飛地で、高崎市の大部分は、藤岡市の西側にあります。
  (左上のピンク色の部分が、高崎市本体(笑)になります。)

1.群馬県高崎市・烏川 150203
  コハクチョウ(小白鳥)/岩倉橋/浅間山
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mmF3.5-6.3 <31mm/F5.6>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
上の地図の A 地点から撮ったもので、白鳥が居る川が烏川、上に掛かっている橋が岩倉橋、向こうに見える冠雪した山が浅間山です。
なお、この写真は、引き上げる前に撮ったものです。


2.群馬県高崎市・烏川 150203
  コハクチョウ(小白鳥)/岩倉橋/浅間山
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mmF3.5-6.3 <40mm/F5.6>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
1枚目の少し前に、A 地点の少し下流側から撮ったものです。
この写真では橋の近くにも沢山の白鳥が居ますが、実際にはこの場所に居ることは珍しく、A 地点とC 地点との中間辺りから D 地点までの間に群がっていることが多かったようです。


3.群馬県高崎市・烏川 150203
  日の出
  OLYMPUS E-M1
  BORG 36ED 200mmF5.6 <F5.6>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
A 地点に居るときに、ブッシュの向こう側に日が出たので・・・


4.群馬県高崎市・烏川 150203
  飛翔 <カワウ(川鵜)>
  OLYMPUS E-M1
  BORG 36ED 200mmF5.6 <F5.6>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
コメント

141026_東京湾野鳥公園/城南島海浜公園-6 <旅客機 以外>

2014年11月21日 | その他
「141026_東京湾野鳥公園/城南島海浜公園」シリーズ、今日は、城南島海浜公園で撮った「旅客機 以外」の特集です。

1.大田区・城南島海浜公園 141026
  公園で過ごす人々
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO <F5.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


2.大田区・城南島海浜公園 141026
  海辺の散策
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mmF2.8 PRO <40mm/F4.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


3.大田区・城南島海浜公園 141026
  コンテナ船
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6 <F5.6>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
2枚目にも写っていますが、この沖は、コンテナ船が良く通ります。


4.大田区・城南島海浜公園 141026
  東京湾クルーズ船
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6 <F5.6>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
沖を通る船は、「ヴァンテアン」という船名で検索して見たら、竹芝ふ頭から東京湾を周遊する「東京湾クルーズ船」で、撮影時刻(16:38)から「トワイライトクルーズ」(16:30~18:30/料理代・サービス料・税込の大人料金:\5,300~\9,300)中のようです。
コメント

141018_オリンパス ズイコークラブ 東京支部 <例会>

2014年11月05日 | その他
昨年の3月9日掲載の「140222_オリンパス ズイコークラブ 東京支部-2 <例会>」で、
  OZC 東京に入会してから1年間、勉強会と例会に提出した写真と、頂いた講評などを掲載して
  来ましたが、取り敢えず今回限りとし、今後は、「講師選」「互選」の何れかで上位入選した場合
  のみ、ご報告することとします。
と述べています。

そして、ここの「お知らせ」の通り、昨年4月に入会しから丁度10回目に当たる、10月18日(土)に開かれた「例会」の「講師選」で「推選」を頂き、「会員互選」も「二席」になりましたので、大変遅くなりましたが、受賞作をご紹介します。

OZC 東京の「例会」では、次のような手順で、コンテストが開催されます。
 1.必要事項を記入した「例会出品票」を貼付した写真を、「例会担当幹事」に提出。
   *提出写真は2点まで。
   *組写真(3枚まで)は1点と見做す。
   *合計枚数は4枚まで。
 2.「例会担当幹事」は、必要な記録などを行った後、提出写真を机上に並べる。
   *「例会出品票」は、「作者」は見えず「画題」が見えるように貼付されている。
 3.<互選>:会員は、自分の提出分以外のお気に入りの写真3点を選び、投票する。
   *投票は、「投票用紙」に印刷された番号に丸印を付けて提出する。
 4.<講師選>:講師の先生が、次の「入選作品」を選ぶ。
   *推選(1点)
   *特選(2点)
   *準特選(3点)
   *入選(10点 ?)
   *佳作(10点 ?)
 5.「例会担当幹事」は、上記4.の間に、上記3.の<互選>の投票結果を集計し、
   次の「入選作品」を決める。
   *一席(1点)<同点の場合は、複数>
   *二席(1点)<同点の場合は、複数>
   *三席(1点)<同点の場合は、複数>
   *四席(若干)
   *五席(若干)<「該当者なし」の例あり>
 6.講師の先生が、<講師選>分について、上位から講評。
 7.講師の先生が、<互選>分の「一席」~「三席」について、上位から講評。
   (<講師選>の「入選作品」との重複分は、紹介のみで講評はなし)

【提出写真】
私は、今回も、<単写真>1点と<組写真>1点を提出しましたが、受賞したのは<組写真>の方ですので、<組写真>のみご紹介します。

<組写真> 「台風の忘れもの」

偶々ですが、例会当日の投稿になった、「141007_長坂オオムラサキ自然公園-1 <台風の忘れ物>」に掲載した5枚の作例の内、1枚目/5枚目/3枚目の3枚を、この順番で並べたものです。

作例の全体的な説明は、上記記事にも記載していますが、念のため下記します。
  被写体は、前日に通過した台風に伴う大雨(だったろうと思います)が集めた、サッカーボール/
  ペットボトル/スプレー缶/発泡スチロールなどの軽いゴミが、小さな取水堰の下の滝壺(?)
  に浮かんで踊り続けていたもので、いつまで経っても流れて行かないので、「台風の忘れ物」
  として見ました(笑)
  なお、今回は、「アートフィルター」の「トイフォト」を適用して見たかったので、久し振りに、
  OLYMPUS Viewer 3 で現像しています。

3枚共通
 山梨県北杜市・長坂オオムラサキ自然公園 141007
 浮遊ゴミ

1枚目(左)
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO <F5.6>


2枚目(中)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6 <F5.6>


3枚目(右)
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO <F6.3>


講師の先生の講評は、次のようなものでした。
 *家に飾って奥さんが喜ぶかというと、喜ばないでしょうが、私の写真の選び方というところでは、
  やはりテクニカルなところの支え、つまり技術的なこと、これが一番と考えています。
  というところでは、(写真を指して)こういうことであろうと思います。
 *じゃぁ、「美とは何か?」「美しいものとは何か?」人それぞれ違うと思いますが、こういう
  ところにセンスを持って行かれたところが、拍手喝采なんですね。
 *こういう「ゴミ」を撮って美しく見せて見よう! というところですね。
  センスがある人ならドブを撮っても綺麗に撮るんです。
  被写体は色々あります。
コメント