メカロクの写真日記 3

花/虫/鳥 を 中心に据えた 写真日記で 「メカロクの写真日記 2」 の 後継ブログです

130913_EM-1 体感-2 <説明員に質問したこと/結論>

2013年09月15日 | カメラ/レンズ/パソコン など
「130913_EM-1 体感」シリーズ、昨日は「自分で確認したこと」の特集でしたが、2回目で最終回の今日は、「説明員に質問したこと」と私の「結論」の特集です。

Q:「拡大表示」時の制限は減ったか?
  *従来は、F 値・SS 値などの各種パラメータの表示/電子水準器の表示/白飛び・黒潰れ警告
   の表示/「(リフレッシュレート)高速」などが不可能。
A:従来通り。

Q:IS(手ぶれ補正) ON でも(では?) SS 1/100~1/320sec 程度でブレ易い問題は、解決したか?
A:改善されている。
  *後でもう一度触った時に、1/80~1/400sec の各 SS で高速連写してデータを持ち帰りました
   が、「微ブレ」検証に適した被写体が見つからず、「お触り台」の上にあった、スケルトンの腕時
   計を接写したこと、空中戦のためカメラが安定せず、ピンぼけ(ピンずれ)のものがあること、
   などから、「微ブレ」の有無はハッキリしませんでした。

Q:雨天時に、EVF が曇る(内面結露)問題は、解決したか?
A:「耐低温性」確保目標(-10℃)もあり、改善されている。

Q:「カラークリエーター」による色補正は、RAW にも反映されるか?
A:反映される。 OLYMPUS Viewer 3 には、「カラークリエーター」も搭載された。

Q:EVF の表示タイムラグ 0.029 秒は、VF-4 より短くなったのか?
A:少しだけ短くなった(VF-4 は、0.032 秒)

Q:アイセンサーによる自動切替は、VF-4 より速くなったのか?
A:速くなった。

Q:「E-5 を超える防塵・防滴を確保」とのことだが、E-5 のような「雨中撮影保証」は行うのか?
A:判らない。

Q:「2×2 ダイヤルコントロール」は、E-P5 よりも進化したか?
  *例えば、
   ・レバー「1」への自動復帰(「2」にして戻し忘れると、意図しない操作をしてしまう)
   ・ダイヤル機能の自由な割り付け(誰にとっても望ましい機能が割付けられているとは
    いえないので、「1」「2」とも、各自が好きに割付けできるとありがたい。)
   ・ボタン類への適用(各ボタンの機能も2種類割付け可能とし、レバーで切替えできるように
    なるとありがたい。)
A:従来通り。

Q:「HDR 撮影」「手持ち夜景撮影」モードの「1度のレリーズで・・・*枚の撮影」というのは、
  「ISO ブラケット」のように露光は1回なのか、それとも、「HDR ブラケット」のように露光は*回
  なのか?
A:「HDR ブラケット」方式(複数回露光)。

Q:「手持ち夜景撮影」モードでは8回も露光することになるが、動いているものは
  ブレて写るのでは?
A:合成時の工夫で、うまくやっている。

Q:「HDR 撮影」「手持ち夜景撮影」モードの場合、RAW には、どのように記録されるのか?
A:RAW ファイルは作成されない。
  *実機で確認していたようですが、「RAW ファイルが作成されない」というのは、従来の例
   (アートフィルター/デジタルテレコン/アスペクト比変更など=RAW には、これらを適用
   しないものが記録される)から考えても、ちょっと信じがたいところです。


<結論>

未だ未だ改良して欲しい点は多々ありますが、大型グリップ採用による保持性(特に片手持ちでの移動時や、長いレンズ・重いレンズを付けての手持ち撮影時)の向上、ボタン類の大型化と配置見直しによる(特にファインダーを覗いたままでの)操作性の向上は、私にとってはかなり魅力があり、昨夜、「OLYMPUS OM-D E-M1・12-40mm F2.8 レンズキット」をポチってしまいました。
 *私は、フィルムカメラでは OLYMPUS M-1(OM-1 の初期型)を使っていたので、E-M5 が
  出るとき、「E-M1」 と予想し、それを期待していたのですが、残念ながら肩透かし(涙)、
  今回やっと、それが実現したことも、購入動機の一つになっていますね(笑)

という訳で、次の機材(色は全て黒。カッコ内は購入年月)は、近い内に、ヤフオクででも、売却しようと考えています。
 *E-3(2008.03)
 *E-5(2010.10)
 *E-P2(2009.12)
 *E-M5(2012.03)/E-P5(2013.06) のどちらか
 *ZUIKO DIGITAL ED 12-60mmF2.8-4.0 SWD(2008.03)
 *M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mmF3.5-6.3(2013.02)

この記事をご覧の方で、上記機材の中に「条件次第では欲しい。」という機材がありましたら、このブログの右側最下部にある「メッセージを送る」をクリックし、本文にご希望機材名を入力して、送信してください。
オークション出品前に、詳細をご連絡し、ご相談させて頂きます。
 *お近くの方は、ご住所と電話番号をご連絡頂ければ、現物を持参してご確認頂くことも
  可能です。
コメント (2)

130913_EM-1 体感-1 <自分で確認したこと>

2013年09月14日 | カメラ/レンズ/パソコン など
9月13日(金)には、OLYMPUS の 「PhotoFesta2013 新製品体感フェア2013 東京会場」に行き、
μ4/3(マイクロフォーサーズ)の新製品 OM-D E-M1 に触るとともに、色々と質問して来ましたので、今日からは、特別枠を設けて、2回限りの「130913_EM-1 体感」シリーズをお届けします。

なお、「メカロクの写真日記 2」から引き継いだ、「BORG ハード/使いこなし」というカテゴリーには、未だ一つの記事もないので、「カメラ/レンズ/パソコン など」と改称して受け持ち範囲を広げ、今回のシリーズは、このカテゴリーに分類することとします。

この日は、E-M5 や E-P5 で不満に感じている点がどの程度解消しているか・・・と、公開されている資料では判りにくい点を中心に、チェックリストを作成・持参し、自分で直ぐに確認できることは確認し、やろうと思えばできそうだが時間が掛かる(=並んで待っている人の迷惑になる)ことや、自分では確認できそうにないことは、説明員の方に質問しました。
 *最初の方は、余り詳しくない方で、詳しい方を紹介してくださいましたので、最初の方に質問した
  ことも、念のために、2番目の方にも再質問しました。
 *名札には「説明員」とだけ表示されていたため、お名前は判りません。

という訳で、初回の今日は、「自分で確認したこと」特集です。

※グリップは握り易いか? レリーズし易いか?
 *私は、長いレンズ(BORG など)、重いレンズ(SIGMA 150mm MACRO など)を付けることも多い
  ので、E-M5 では UN のグリップを、E-P5 では同じグリップのベース部(一部加工)だけ使い
  グリップ部は自作して、どちらも常用しています。
 *横に構えて人差指でレリーズ/横に構えて親指でレリーズ/縦に構えて人差指でレリーズ/
  縦に構えて親指でレリーズ を試しました。
 *結果:かなり満足のいくものでしたが、レリーズボタンの位置が、E-M5 や E-P5 とは大きく
   異なるため、間違えて Fn2 ボタンを押すことが多く、慣れるまでは戸惑いそうです。
   なお、横に構えた場合は、中指でレリーズも試せば良かった・・・と、帰宅後に気づきましたが、
   後の祭りです(汗)

※各ボタンは、押し易いか?
 *横に構えて Fn1/Fn2/AEL/AFL/十字 の各ボタン、縦に構えて 同じボタン を試しました。
 *結果:ボタンが大型になり、配置も見直されており、かなり良くなったと感じました。

※「拡大枠」移動は、やり易くなったか?
 *私は、視力の低下で、拡大なしでは MF が困難になったため、「拡大枠」による「拡大表示」を
  常用していますが、ファインダーを覗いたまま十字ボタンで「拡大枠」を移動する際に、間違えて
  他のボタンを押すことがしばしばあり、ダイヤルでも移動できるよう、何回かお願いしていました。
 *結果:ダイヤルで移動できるようにはなっていませんでしたが、十字ボタンが大きくなり、
   他のボタンとの間隔も広がったため、他のボタンと間違うことは、かなり減りそうです。

※レリーズ後、「拡大表示」は自動解除できるか?
 *E-M5 も E-P5 も、「拡大表示」を継続し、私には使いにくかったので、せめて、「解除」が
  選択できるよう、何回かお願いしていました。
 *E-M5 では自動解除できないものの、「撮影確認」(ポストビュー)中でも「拡大」ボタンで
  解除できましたが、E-P5 ではそれもできなくなりました。
 *結果:E-M5 と同じで、私にとっては、「E-P5 より多少改善」でした。

「フォーカスピーキング」が実用になるか?
 *E-P5 は、ジャスピンでない部分もピーク表示するため、ピーク表示された部分全てが被写界
  深度に入っているとは考えられず、私にとっては、「使いものにならない!」でした。
 *結果:E-P5 からの進化は感じられず、私は使わないと思います。

※手動で EVF にしているとき、「撮影確認-AUTO」で EVF に継続表示されるか?
 *結果:E-P5 と同様、瞬間的に EVF に表示され、直ぐに 背面モニターに切替わりました。
   残念です。

※「再生」や「MENU」が、最初から EVF で見られるか?
 *結果:E-M5 や E-P5 と同様、先ず背面液晶に表示されるという、残念な結果でした。
 *本項と、前項については、「EVF を指定しているのに背面モニターを優先するのは、
  どのような利点があるのか(どのような意図なのか)?」訊いて見ましたが、
  明確な回答は頂けませんでした。
  ただ、これらを含め、要望事項は、一つ一つメモして頂けました。
コメント