雪わり草の咲くころ 

好きな空間 劇場のベルの鳴る時


     
  
   

【日いづる国より】山岡鉄秀、慰安婦像の成り立ちと外務省の事なかれ主義[桜H29/8/4]

2017-08-05 14:21:49 | 【日いづる国より】
【日いづる国より】山岡鉄秀、慰安婦像の成り立ちと外務省の事なかれ主義[桜H29/8/4]



2017/08/04 に公開

日本の伝統と文化を尊重し、真に国益を考える数多くの志士達が、自らが国政に臨むことで日本再生に懸けようと奮起している。その志と問題提起を、じっくりとお聞きしていく対談番組。偉大な作曲家にして真の愛国者・すぎやまこういちによるプロデュースでお送りします。

司会:中山恭子(参議院議員・日本のこころ代表)
ゲスト:山岡鉄秀(公益財団法人モラロジー研究所研究員)



慰安婦像について海外で色々な方が活躍されているのに、日本国内ではメディアは一切取り上げない。

日本発「朝日新聞」が慰安婦問題を世界に広めたはずなのに、

今ではまるで不思議の国の物語のようになっている。

百田尚樹著の「今こそ、韓国に謝ろう」と対比したような本の題名の
山岡鉄秀著 「日本よ、もう謝るな!」の話にはちょっと笑った。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【国連演説】特番!「我那覇... | トップ | 【討論】再び、大東亜戦争が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

【日いづる国より】」カテゴリの最新記事