窓と林檎と紅い石

プログラミング言語「Ruby」の入門前を「お話」で解説します。
読みやすようにテンプレを変更しました。

第10話 Rubyをちょっと触りたい。(2)「Rubyを選ぶ?」

2018年01月14日 19時03分17秒 | 第10話 Rubyをちょっと触りたい。
Rubyをインストールする前に知っておきたいことがあります。
MacはもともとRubyが入っているため、初めのうちは何もしなくても構いませんが、
Windowsはインターネット経由でサイトからインストール.exeをダウンロードする必要があります。
しかし、これがなかなかの難題なので、インストールする前にしっかりみておきましょう。

まずこちらを見てみましょう。
Rubyの公式ダウンロードページ「Rubyのインストール」
https://www.ruby-lang.org/ja/documentation/installation/

ダウンロードページには様々なダウンロードに関するインフォメーションがありますが、
このブログで必要なのは以下のシステムごとのインストール方法です。
そのほかは、実践的なものになりますので、今の段階では必要がありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
システムごとのインストール方法
利用可能なインストール方法を解説します。 お好みの使いやすい方法を選んでください。


・OS X

 ・rbenv ←必要:ターミナルから操作(コンソールに慣れてから)
 ・RVM ←MacにはXcode(エックスコード)があるのでこれは使いません。
 ・Homebrew ←必要:ターミナルから操作(コンソールに慣れてから)
 ・ソースからのビルド ←必要:ターミナルから操作(コンソールに慣れてから)

Linux/Unixはこのブログでは取り扱いません。
Linux/UNIX
 ・rbenv
 ・RVM
 ・パッケージ管理システム
 ・ソースからのビルド


・Windows

 ・ActiveScriptRuby ←不要
 ・RubyInstaller ←ここからダウンロード
 ・RailsInstaller ←不要
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上を簡単に説明すると、
Mac OS Xの場合
rbenvとHomebrewは今あなたのMacに入っているRuby、
Ver.2.0.0以外のRubyをダウンロードする時に使用するものと、
ダウンロードした複数のRubyのVer.(バージョン)を切り替える時に使用するものです。
改めて、ターミナルを利用するなどしてインストールをする必要がありますので、
まずはVer.2.0.0を使って、ターミナルに慣れてから改めてダウンロードの手順や注意点を解説します。
 
 ・ソースからのビルド
というのが、MacでのRubyのインストールの方法になります。
これもターミナルを使用して操作を行います。
Windowsのようなインストーラはありません。
そのため、インストールできるRubyのVer.が非常に多いので、
これもターミナルに慣れてから改めてダウンロードの手順や注意点を解説します。


Windowsの場合
・RubyInstaller
のみで、Rubyをインストールすることができます。
ただし、こちらもRubyにいくつかのVer.がありますので、
ここではVer.を2.3.3(x64)、64ビット版にします。

次の記事で、ダウンロードについては詳しく書いてゆきます。

2018年1月現在で、RubyはVer.2.5.0が公開されていますが、
楽しいRubyはVer.2.3.xが対象なのでこのブログでの解説はVer.を2.3.3(x64)とします。


さて、ここまで書いてきて、もうなんとなく気がついたかもしれませんが、
Rubyにはいくつかバージョンがあります。
私はMacから初めているので、インストールは「ソースからビルド」なのですが、
ソースからビルドすると、ダウンロードできるRubyの種類が多いのに驚きます。
インストーラがあるWindowsからは想像もできない多さです。

ただ、それはRubyに「細かな修正が加えられたごと」というくくりで、
個別のタイミングのものをダウンロードできるということかもしれません。

Rubyを使用した開発の際、またはメンテナンスで異なるバージョンのRubyを使用したいときなどは
過去のバージョンなどもインストールして、
手持ちのパソコンの中でRubyを切り替えて操作するということもあり、
そういった時に、Macではrbenv(アールビーエンブ)を使ってRubyのバージョンを切り替えます。
Windowsにもそういった切り替えのためのものがありますが、
これはMacでVer.2.3.3をインストールする手順を紹介する際にタイミングを合わせて解説します。


このブログは超初心者向けなので、実践に使用するものは順を追って追加し、解説します。
まずはMacのあなたは、何もしなくて構いません。
Windows7または10のあなたは次の記事を参考にしながらVer.を2.3.3(x64)をダウンロードしましょう。
他のアプリのように、OK、OKではインストールができないので、できる限り、
次の記事をきちんと読みながらダウンロードしてください。


なお、MacのVer.2.0.0とWindowsのVer.2.3.3での動作の違いは初歩の部分では
あまり違いはありませんので、ご心配なく。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第10話 Rubyをちょっと触... | トップ | 第10話 Rubyをちょっと触... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

第10話 Rubyをちょっと触りたい。」カテゴリの最新記事