漢方薬販売

漢方薬販売ではあらゆるの漢方薬をどこより安い激安特価でご提供しています。

祖父の十三回忌法要&プチ京都旅

2017-06-13 15:32:23 | 日記
2005年に父方の祖父が鬼籍に入ってから間もなく12年が経過しますが、先日、その十三回忌法要が京都のお寺で営まれました。

12年前の5月。私はカエルの特別展見物のため、大阪の海遊館に来ておりましたが、祖父の容態の急変したという連絡を受け、慌てて京都へと向かいました。そして、母等と共に、最期の瞬間を見届けたのでした…。

明治晩年生まれの厳格な気性で、幼い頃は怖いイメージばかりが先行していましたが、その後は心境の変化があったのか、凄く温和になった印象の祖父でした。

子供の頃には毎年盆と正月には帰っていた京都。両親は京都の人間なのですが、生まれも地縁も京都ではない人生を歩んできた自分にとっては、正直、故郷のような、そうでないような、複雑な思いのある街です。2年前に両方の祖父母が全て亡くなってからは、何だかとても遠い存在になってしまったかのように感じる街でもあります。

私にとっての京都、一言で語るのは難しいですが、やはり多くの方がイメージするような”観光地”としての京都でなく、どちらかと言えば、ネガティブなことを色々と思い出してしまう町なのですが、存在が遠くなってしまった今となっては、もっとしっかりと見ておけば良かったな、という後悔もある訳です。

祖父が法要でせっかく呼び寄せてくれた京都。今回も少しですが、法要以外でも見ていくことにしました。
鹿茸腎宝

午夜戦神カプセル
2017年の春は全国的に桜が遅れているようですね。京都もその例外ではなく、まだ満開と言えるような場所は少なかったですが、局所的に満開になっている桜も散見されました。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 佐川のお兄さんの腕に思わず... | トップ | 癒される »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事