染谷芽依の日々

アンハッピーグラウンド

今西太一祭2017

2017-07-14 11:20:15 | 日記


おはこんちは、みなさん。

昨夜は約一年ぶりの越谷EASYGOINGSにて
今西太一祭2017、第一日目でした。

めちゃめちゃ楽しかった〜。



体を動かしたくなる音楽も、心にグッと刺さってくる音楽も、思わず泣きたくなる音楽も、バンドも弾き語りも全部全部、そこに心と愛があれば正解で正義だなぁ、とか思った。


今西太一祭は5日間続くのに、1日目からあんなにすっ飛ばして、今西さんは大丈夫なのかな?と心配にもなったし、ああいうライブをするからこそこんなお祭りを開催できるんだなあと、なるほどなるほどと感動もした。


ありがとうございました。


セットリスト
1. 河豚
2. 朝日
3. 灰になるまで
4. あとのまつり
5. 蝉が鳴いている

共演:Rainbow Sliders/三好リョウ/我ヲ捨ツル/The Emmaniuelle Sunflower/ケシカケ/今西太一とミスターマックス

でした。


歌詞もメロも声も全部いいよ、とか、まじで引き込まれましたよ、とか、曲が明るくなったね、とか、見るたびによくなるね、とか、声に惚れました、とか、そのルックスからあの楽曲は驚いた、とか、なんかかっこよかった、とか、とにかく嬉しい言葉をたくさんたくさんもらった。


月曜日から風邪をひいて、身体のだるさは抜けたけど鼻と喉の症状がおさまらなくて、昨日の朝はちっとも歌えない状態だったから、もうなるようになれという気持ちで会場に向かったのですが、出番が来てステージに立ってみたら、自然と鼻の詰まりがスゥ〜と抜けて、いつものようにはいかずとも声もなんとか出た。

やりきった。

本当に安心した。


今西さんはずっと客席にいてみんなの演奏を聴いていたし、わたしの出番の前に演奏された、Rainbow Slidersの和田さんも安藤さんも、三好リョウさんも、バンドの我ヲ捨ツルさんも、すごくかっこよかったから、風邪だとかなんだとか言ってらんないって思った。

低い音と高い音を出すときはいつもよりぐらついてガサガサした声にはなったけど、声を張るときなんかはPAの方がリバーブをふぁ〜〜とかけてくれて、なんかもういい具合に誤魔化してもらってたな。ちょっと悔しいけどめちゃありがたかったです。


歌っているとき、イージーのオーナーの安藤さんがちょうど正面に見えて、ああやっぱり、愛らしいわんちゃんのようだな、とか思って、リラックスして歌えた。らぁめんさんはバーカウンターの中から見てくれていた。

わたしのあとに演奏してた大所帯のThe Emmaniuelle Sunflowerさんの演奏がアイリッシュな感じですごくすごく楽しくって、体が動いたしめちゃ笑った。愉快な音楽ってすてきだなぁ。


久しぶりだったケシカケは、よしいえくんところっけさんのタイプの合致が素晴らしいなと感じた。よしいえくんともころっけさんとも、また一緒にやれて嬉しかったな。


今西太一とミスターマックスで、田中雅紀さんがギターに徹している姿がめちゃかっこよかったな。Monoral Zombieのたなりゅうさん(たなゆうだと勘違いしていた)のベースもめちゃすごかった。安藤さんのドラム演奏を聴けるのはレアな感じがしていつも嬉しい。その真ん中で歌う太一さんのボーカル、躍動感、周波数がすごい、とか思った。バンドサウンドもすごくかっこよかったなぁ。あんな人とツーマンやるのかよ、自分。


ともあれ、昨日お聴きくださった皆様に心から感謝。素晴らしい演奏に感謝。イージーのスタッフさん方に感謝。どうもありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。




今朝起きたら、昨日より喉と鼻がひどくなってました。今日も明日もライブだから、また昨日みたいなミラクルが起きることを信じて頑張ります。


ライブやり過ぎです。幸せです、ありがとうございます。

いつもありがとうございます。






ありがとうございました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« あとのまつり | トップ | 気持ちを整理したいだけの »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL