染谷芽依の日々

アンハッピーグラウンド

DON DOKO DOOON

2017-06-15 23:17:49 | 日記


可愛い顔した女子高生、年上の金もってそうなサラリーマンから声かけられるの待ちです、みたいな顔して突っ立ってるのやめたほうがいいと思う。


こんばんは。


ライブ終わりの染谷がお送りします。



今夜はお馴染み新松戸FIREBIRDでお馴染み店長ダイゴさんの企画で、お馴染みでないDON DOKO DONというイベントにて歌わせていただきました。

音楽めっちゃ楽しいな。

と、改めて思わされた夜でした。ありがとうございました。


セットリスト
1. 河豚
2. おじさん
3. 灰になるまで
4. 蝉が鳴いている

共演:delicious mandrill/田中浩平/うさぎTRIBE/DANNY'S DEVIL'S BLUES/ダイヤ・ピアノ・サンタ/Napple Tapple

でした。



いやいや〜そりゃもう確かに空席以外は完全に満席の賑やかな夜でした。ライブ中にこのセリフ言えるの、めちゃ素晴らしかったな。


今日はねぇ一昨年の11月ぶりに共演できたダニーさん及びサポートドラムのダイゴさんの演奏を聴けたことが嬉しかったし、初めましてのdelicious mandrillさんの演奏がめちゃ面白くてかっこよくて最高だったし、今日が3度目のライブだったらしいうさぎTRIBEさんと初共演やったし、田中さんは歌詞間違えずに歌ってて調子良さそうやったし(心なしか3月より痩せたように見えて些か心配)、去年の大晦日ぶりにお会いした指がとても綺麗なダイヤさんはなんともプロフェッショナルなパフォーマンスだったし、トリのナップルタップルのおふたりは今日も演奏もMCもキレッキレでした。



今日はこのあいだできたおじさんという唄を歌いました。Napple Tappleのたけぞ〜さんが、「めいちゃぁん」とかけ声をくれたところにこのおじさんという唄を歌い出したもんだから、すごく面白いことになって、この唄も生み出した甲斐があったなぁなんてとても嬉しくなりました。

池袋で実際に声をかけてきたおじさんの顔はもう忘れられないし考えると本当に嫌な気持ちになっちゃうけど、感謝してます。



終演後、いろんな人とたくさんおしゃべりできた。共演のデリマンのヒカルさんとキアンさんがCDを買ってくれた。これはとても嬉しいことでした。わたしは、弾き語りとバンドってある意味別物だと思っているのだけど、重なる音の数が違くても、別格であるかどうかは別問題だと思っている。

自分が弾き語りアーティストだとか、共演にバントがいるとか、そんなの全然関係ない。わたしがちゃんとステージを全うしさえすればそれでいいのだ、と、今日は改めて強く思うことができました。ライブをめちゃ楽しんでいたお客様がなんやかもう完成されてる感じでとても素敵だったと褒めてくれた。でもまだまだだからもっと頑張ります。すごく励みになります。


レフティーに変更してから初めて観たダイゴさんのドラムかっこよかったです、相変わらずあ顎が上がり気味で素敵でした。ダイヤさんとはダイヤさんの演奏中に握手。手というか指がすべすべだった。口元は常に笑みをたたえていたけれど、瞳は全然笑っていない感じがたまりませんでした。おじさんを褒めてくれて嬉しかった。トリのナップルタップルさん、なぎささんとたけぞ〜さんのコンビが本当に大好き。なぎささん、歌っているときの表情がかっこよすぎるし、たけぞ〜さんはニヤニヤニマニマ、それでいてあのギター伴奏を表情も併せて魅せてくる感じが最高なのです。


楽しかったゾ!!

またよろしくお願いします。

ありがとうございました。
おやすみぃ




何処をつっつけば目の前の道が開かれるのかしら。はてはて

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 青春なんて知らん | トップ | 7月のライブ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL