わ! かった陶芸 (明窓窯)

 作陶や技術的方法、疑問、質問など陶芸全般 
 特に電動轆轤技法、各種装飾方法、釉薬などについてお話します。

素朴な疑問 221 殺す、絞める、刺す、切る、叩く等の陶芸用語とは3?。

2016-01-30 15:10:48 | 素朴な疑問
4) 切った張った。

 やくざ映画の出入り(喧嘩)等で、良く使われる言葉で、刃傷沙汰になる事柄です。

 陶芸に於いても、切ったり張(貼)ったりする事は、日常的に行われています。但し、暴力的な

 意味ではありません。作品の一部を切り裂いたり、土を叩いたり、土で作った別の何かを貼り付

 ける事です。

 ① 陶芸で使う切る道具とは、大小のカッターナイフ、竹又は金ヘラ、剥がし(カッパギ)、

  包丁、皮剥き機(ピーラー)、ドリルの刃や鋸(のこぎり)等の刃物類、ピアノ線、水糸、

  釣り糸、弓などの糸類があります。その他カンナ類や、クキー等の抜き型等も使えます。

  刃物類は、100円ショップで手に入れば、それで十分です。必ずしも、切れ味が鋭くなくても

  十分役に立つからです。糸類は土の乾燥度合いや、使用する場面によって使い分ける必要があり

  ます。土の塊が大きい場合や、乾燥して若干固くなっている場合には、ピアノ線や太めの水糸や

  タコ糸を使い、繊細に切り取る場合には、細めの釣り糸を使うなど、場面に応じて使い分けます

  尚、糸類を使う場合、一般には、水を付けて使用しますが、水を付けると逆に切れが悪くなる

  場合もあります。即ち、切断した部分に水が入り込み、切断面を再び接着する場合があるから

  です。

 ② 作品を切る場面は至る所に現れます。

  ) 轆轤作業であれば、高さの狂い、縁周辺の肉厚の狂い等は、切り取る事で調整します。

   切る道具は、弓や剣先(針)などが多いです。弓は作品を円周状に切りますので、切り取る

   量は多くなります。但し、初心者でも取り扱う事ができます。一方針類は狂った部分のみを

   切り取りますので、作品が小さく(低く)なる事は少ないです。但し、針で切るのには、

   少々熟練を要します。又、作品を轆轤上より取り除く為、「シッピキ」や切り糸を使って底の

   部分を切り離します。

  ) 急須作りには、カッターの出番が多いです。

   丸味のある本体に、注ぎ口や取っ手を付ける際には、接着面の形状を合わせる必要があります

   その際、カッターで少しづつ切り取り、徐々に合わせる必要があります。即ち、慎重に作業を

   行いますので、小回りの利くカッターは使いやすい用具です。

  ) 手捻りの場合には、轆轤作業より出番が多いかも知れません。

   紐作りの場合、適度の土の量を取り、その土を転がして丸い紐にします。一塊の土を適量切り

   取る場合には、切り糸を巻き付けて、切るのが一般的な方法です。勿論手でねじ切る事も

   可能ですが、出来るだけ空気を閉じ込めずに切り取るには、糸で切り取る方が良い結果が出ます

  ) タタラ板を短冊状態に切り出す際や、寄木細工の様に色土を並べて模様を作る際にも、

   糸やカッターナイフを使う事が多いです。切り口も垂直に切る場合や、斜めに切って接着面積

   を大きくする事もあります。

 ③ 包丁など刃幅の広い刃物は、大胆な面取りの際に使用します。

  一度に切り取らないと、切断面は綺麗に成りません。切る位置が確定したら一思いに切りる事です

  但し、螺旋状の面取りの場合は、刃の向きが徐々に変化させますので、慎重さが必要です。

  剥がし(かっぱぎ)は、本来、卓上に残った土を剥ぎ取る役目ですが、上から押し切る様に使う

  場合があります。「ブツギリ」の様にランダムに切り刻む時には便利な道具です。

 ④ 張る(貼る)行為とは。

  ) 張るとは、殴る又は叩く事を言います。

    素地は叩く程、密度が大きくなり、強度が増しますので、多く場合有効な方法です。

    又、土同士を密着っせる為に叩く事もります。

  ) 貼り付ける行為は、主に装飾として使う事が多いです。但し作品の重量は確実に増えます

   浮き彫りの様に表面に凹凸を付ける際には、実際に掘り出すと手間隙が掛ますので、作品の

   上に板状(又は塊)の物を貼り付けてから、彫刻などの細工を施す方が容易です。

以下次回に続きます。
   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 素朴な疑問 220 殺す、絞める、... | トップ | 素朴な疑問 222 殺す、絞める、... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL