名神ロード・レコード

名神ロードのバス図録のブログ。
雑記が多めながらここからもバス情報を発信。

エルガ・ハイブリッド、ついに生産終了か

2017年08月13日 | バス全般
 いすゞ自動車は、7月に大型路線バス「エルガ」と中型路線バス「エルガミオ」のマイナーチェンジをし、エルガにはかつてエルガミオで搭載していた4HK1-TCH型エンジン、エルガミオには、尿素SCRシステムが取り付けられた4HK1-TCS型エンジンが搭載されることになった。しかし、旧モデルで直列6気筒エンジンのままで、エルガがフルモデルチェンジした2015年以降も製造を続けていたエルガ・ハイブリッドが、ついにメーカーであるいすゞ自動車の公式ウェブサイトから消滅した。CNGに引き続き、ハイブリッド車もラインナップから消えたのは驚きである。これで、ハイブリッド・バスを販売する国産自動車メーカーは、再び日野自動車のみになった。一方、ハイブリッド・バスを引き続き製造する日野自動車は、8月8日に他のディーゼル・バスと同時にマイナーチェンジが発表され、A05C型エンジンを改良して低燃費化、ハイブリッドシステムとの同調も向上させて、エンジンの負担を軽減させているようだ。型式は、2SG-HL2ASBA(WB 6.0m車)。エルガ・ハイブリッドが消えたことでバスの車種が減ってしまった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いってわかった 松江⑤ | トップ | 名鉄バス 中型バスの大量導入 »

コメントを投稿

バス全般」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。